注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

フラフープの回し方のコツ!初心者でも回せるようになるポイント

フラフープは小さな頃にやった経験がある方も多いと思います。
しかし、大人になってから、いざやってみると数秒で落ちてしまう。
そのような人は意外に多いようです。
まずは、今使っているフラフープが自分に合っているサイズか確認することをおすすめします。
使っているのがお子様のフラフープという方も多いと思いますが、初心者には自分の体型に合ったものの方が、断然回しやすくなります。
初心者向け、フラフープの回し方のコツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

背泳ぎのキックが沈む原因とは?コツやポイントをご紹介

背泳ぎのキックをすると沈む原因にはどんなものがあるのでしょうか?背泳ぎの初心者はまずこの練習から始め...

寝る前ストレッチ!ベッドでできるオススメのストレッチ

寝る前に1分でもストレッチをすると、体がリラックスして睡眠の質が良くなる気がします。 ベッドに...

お風呂上がりにするストレッチ。やり方はこの3つからスタート!

お風呂上がりにストレッチをしないでいつやるの!? お風呂上がりにするストレッチ。 なぜ、...

平泳ぎが沈む原因は手や足や息継ぎなど色々な原因が。対処法は

平泳ぎが沈んでしまうというお子さんは多いものです。 まずは沈む原因をみていきましょう。 ...

野球の練習着の洗濯方法!頑固な汚れもキレイに落とすコツ

野球の練習着は洗濯してもなかなかキレイに汚れが落ちないときがあります。しかし、毎日の練習に使うので、...

スキーVSスノボー、初心者にとっての難易度や楽しさを徹底解説

これからウィンタースポーツを始めようとする人にとって、スキーとスノボーどっちがいいのか迷うところでし...

身体を柔らかくする方法とは?じっくりほぐすのがポイント

身体が柔らかくなりたいときにはどのような方法がいいのでしょうか?硬い体を無理に伸ばして、痛めてしまう...

スキー初心者の子供。スキーを通してウインタースポーツにふれる

スキー初心者! 子供の好奇心を満たすウインタースポーツ。 今は、スキー道具一式揃えなくても、...

バスケの試合時間について。中学バスケの場合の時間とルール

中学生のバスケの試合時間について紹介していきます。 まずはミニバスと中学バスケの違いからみてみまし...

チューブを使った腹筋運動は女性にもおすすめ!くびれを目指そう

芸能人も取り入れている人が多いチューブを使った腹筋運動ですが、女性でも手軽にできるのかどうか気になっ...

スクワットを毎日やって効果実感したい!正しいやり方と注意点

スクワットを毎日やる前に効果実感がやっぱり気になりますよね。スクワットの効果はやっぱり毎日続けること...

インラインスケートの子供への教え方のコツとポイントを解説

インラインスケートは親子で楽しめるスポーツとしても人気がありますよね。でも、自分が滑れたとしても、一...

野球のルールを初心者でもわかりやすく簡単に解説します

野球のルールは初心者にはわからないことが多いです。せっかく野球観戦に誘われたけど、全然ルールがわから...

横綱と大関の違いについて徹底解説!給料も退職金も違います

横綱になるためには厳しい条件をクリアする必要がありますが、具体的に大関とどのくらい違いがあるのか気に...

バレエの柔軟は体をグイグイ押されて涙が出るほど痛い!

バレエの柔軟は涙なくては身につけることができません…。 でも、あまりグイグイやり過ぎると、腱や...

スポンサーリンク

初心者向けフラフープの回し方、自分に合ったサイズ選び

子供の頃は簡単に回すことができたフラフープ。大人になるとなぜか回せなくなっていませんか?

フラフープには、自分に合ったサイズというものがあるんです。

もしかしたら、子供用のフラフープを使っているかもしれませんよ。

フラフープの選び方

まず、体の前にフープを立ててみてくださいね。フープの上端がおへその下収まるものを選びましょう。

そして、フラフープには重さもあるんです。

軽すぎるフラフープだと余計に回しずらくなってしまいますよ。

しかし、重すぎるフラフープだと皮膚に負担が大きくなってしまいます。

重くても1キロの範囲に収まるものを選びましょう。

フープの内側に磁石が付いていたりするものもありますが、腰の骨に当たって痛くなることもあるので、使うのはやめましょう。

フラフープは自分に合ったサイズを選ぶようにしましょうね。

初心者必見!フラフープの正しい回し方

フラフープは腰を回さない

しかし、フラフープを回すときは、腰をぐるぐると回しても回ってはくれません。

バランス良くフラフープを回すには、前後、左右に直線的に動かすことが必要なんです。

フラフープを回すときには、フラフープがお腹で押して落ちない様にイメージするといいでしょう。

練習をしているうちに、だんだん体がフラフープを回すことに慣れていきますよ。

正しいフラフープの回し方とは、まずは自分が左右どちらに回すかを確認するところからです。

そして、フラフープを回す方向の足を前に半歩ほど出して立ちます。

このとき、背筋を伸ばして、胸を張って正面を向いて回しましょう。

上半身と腰を動かさないように、リズムをつけて腹筋と背筋を使うイメージでフラフープを回してみましょう。

初心者でもフラフープが上手になる回し方

初心者がやりがちなフラフープの回し方

だんだん両足が開いてしまうことです。

そして、回しているうちに前かがみになってしまい、上半身が大きく動いてしまうことが多いでしょう。

しかし、両足が開いてしまうと、腹筋でフラフープを押し出すことができなくなるのです。

もちろん、腰を回したり振ったりもしすぎないようにしましょう。

基本の回し方をするように気をつけてくださいね。前後に足を踏み出し、力を前後に移しながら腹筋で押し出すようにしましょう。

きちんとした姿勢でフラフープをすることで、有酸素運動にもなり、ウエストも細くなりますよ。

上半身が動かないようにまた腰を振らないように心がけてください。

フラフープが上手に回せるようになると、効果的に痩せることもできますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

フラフープの回し方別上達方法

フラフープの回し方のコツ

そのコツを掴めば、フラフープを上手に回すことができるでしょう。

まず、フラフープを左に回すときは、姿勢をまっすぐに保ちながら回しましょう。

この姿勢をまっすぐに保つことは、フラフープを上手に回すコツになるので覚えていてくださいね。

そして、左足を一歩前に出した状態で回していきます。

少し勢いを付けて回すと左に回しましょう。

足を前後に置き、その交互に回すようにするとフラフープは回っていきます。

それから、右回りですが、前に出す足は右回りになります。

左周りのときと同じように、今度は右回りに勢いを付けて回していきましょう。

地面を踏ん張るような感じで立つようにしてくださいね。

ぜひ参考にしてみてください。

フラフープエクササイズとは?

フラフープを使ってエクササイズをすることもできますよ。

これが実はとても簡単なんです。

一日にたったの10分フラフープを回すだけ

それだけでエクササイズになるくらい、フラフープの運動量は多くなるんですね。

では、フラフープを回し続けることで、どんな効果が期待できるのでしょう。最も効果が得られるのが、インナーマッスルを刺激できることです。

インナーマッスルを鍛えることができれば、基礎代謝が高まります。

そうすることで、脂肪が燃えやすく、痩せやすい体になっていくのです。

それだけではなく、便秘の解消になるのも嬉しい効果ですね。

フラフープは、練習を続けることでだんだんできるようになります。

なので、10分もフラフープを回すことができないという人も諦めずに続けてみましょう。

また、フラフープは自宅で手軽にすることはできますが、回せる場所を確保する必要があります。

その工夫に気をつけて、毎日続けてみてくださいね。