注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

【生クリームの作り方】牛乳から簡単に作る方法とおすすめレシピ

料理レシピに「生クリーム少量」と書かれている場合、そのために生クリーム1パックを買っても余ってしまいますよね。

そんな時に便利なのが牛乳から生クリームを作る方法です。これなら使う分だけ作ることができるのです。

でも、気になるのは「味」ですよね。本来の生クリームとはかなり違う味になってしまうのでしょうか?

今回は牛乳から作る生クリームの作り方とそれを使った料理レシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホットケーキミックスを使ったワッフル!カリカリに作るコツ

カリカリでもちもちのワッフル美味しいですよね。お店で食べるワッフルをお家でつくるのは、発酵を必要とす...

簡単なおつまみをヘルシーに作りたい。そのレシピは

ちょっと小腹が空いた夜中に食べたくなるのがおつまみです。 時間があれば、ちょっとしたご馳走にしても...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

【韓国のソウルフード!キンパの作り方】本場のキンパをご紹介

韓国のキンパをご存知ですか?見た目は日本の海苔巻きにそっくり!しかし味付けや入っている具に違いがあり...

スーパーで買った刺身が生臭いと感じるときにやるべきこと

夕方スーパーに行くと、刺身が割引されてて思わず買ってしまうという人も多いのではないでしょうか。 ...

冷凍ポテトは揚げないでも食べられる!?ポテトの作り方

冷凍のポテトを揚げないでポテトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?油を買い忘れたとき、足りないとき...

なすとじゃがいもを使った簡単美味しいレシピ【今日の晩ごはん】

なすやじゃがいもがたくさんある時には、この2つをたっぷりと使ったおかずがおすすめです。 そこで、な...

豚ひき肉を使ったレシピにはキャベツが最強です

豚ひき肉を使った料理のレシピを考える時に、最も良い相棒となる野菜はキャベツです。 キャベツは程よい...

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

すき焼きに春菊は入れるか入れないか。代用出来る野菜も紹介

気温が低くなると鍋が食べたくなりますね。 すき焼きに春菊はいれますか? 春菊は絶対に入れると...

いろいろな味が楽しめるシュウマイのたれのアレンジ方法

シュウマイのたれはシンプルにしょうゆ?それとも酢しょうゆ?好みが分かれるところですよね。しかしアレン...

豚ひき肉のそぼろは作り置きが便利!アレンジでさらに美味しく

豚ひき肉のそぼろは、簡単に作れる上に、作り置きに向いているメニューです。 ただご飯に乗せるだけでも...

重曹で消臭剤を手作りしたい!その作り方は

重曹は、料理や掃除に使えることは広く知られていますが、消臭剤としても有効に力を発揮します。 ですの...

夕飯のおかずに作りたい子供がモリモリ食べる美味しいレシピ

今日の夕飯には子供の好きなおかずを作りたい、そう考えている方も多いと思います。いつもの好きな定番のお...

クッキーを少ない材料で簡単に!手軽に作れる美味しいレシピ

家にある材料で簡単に作れるクッキーは、食べたい時にもすぐに作れて便利ですよね。 さらに材料が少なく...

スポンサーリンク

牛乳から本当に生クリームを作ることはできるの?作り方は簡単?

生クリームは牛乳の乳脂肪分を遠心分離機にかけて分離させて作ります。市販の牛乳は水分と脂肪分が分離しないよう作られているので、残念ながら市販の牛乳から完璧な生クリームを作ることは出来ません。

しかし、料理に使う場合の生クリームの代用品としてなら家で作ることが可能です。つまりホイップしてクリームは出来ませんが、料理などで液体として使うなら近いものができて十分使えると思います。
レシピには大さじ1とか50CCとか少量だけが必要な場合が多いですよね。そのために生クリームのパックを1つ買っても残ってしまいますが、牛乳から少量だけ作ることができれば安くすみますし、必要な量だけを用意できてとても便利です。

作り方は牛乳とバターを混ぜるだけ。乳脂肪分の高い牛乳が生クリームの代用となります。牛乳とバターを9:11の割合で一緒に火にかけて、沸騰させないようにして溶かすだけです。簡単に作ることができます。

ただバターの香りが強く出てしまうため、お菓子を作る時は向かない場合がありますので気をつけてください。クリームパスタやシチューなどであれば、牛乳だけで作るよりも十分美味しくできると思います。

牛乳から作った生クリームを料理に使おう!作り方の注意点とは

完全な生クリームを家庭で作ろうと思ってもそれは無理ですが、料理に使う分には十分だと思います。余程舌のこえた人でなければ気づかないと思います。

この生クリームの代用品は牛乳とバターで作ることができます。比率は9:11。
100g作るのであれば牛乳が45g、バターが55gになります。

まず牛乳を鍋に入れ、沸騰させないように70℃以下で温めます。その中にバターを加えて溶かします。これだけで出来上がりです。
ちょっとバターの香りが強く感じられますが、料理には十分使えます。

小麦粉を小さじ半分程度加えてみても良いです。とろみも強くなり、味に深みも出ます。特に無脂肪の牛乳の場合は効果的です。小麦粉がダマになって残らないよう、事前に小麦粉をふるっておくと良いでしょう。

カルボナーラやビーフストロガノフ、クリームスープなど、バターを感じられる方が美味しい料理にはぜひ使ってみてください。

生クリームなしで牛乳からアイスを作ってみませんか?

生クリームが無くても牛乳だけでアイスクリームを作ることができます。少しさっぱり味になりますが、十分美味しく出来上がりますので、ぜひ作ってみてください。手作りアイスならアレンジも楽しめますよ。

材料

  • 卵 1個
  • はちみつ又は砂糖 大さじ2
  • バニラエッセンス 少々
  • 牛乳 50ml

作り方

  1. 卵を卵黄を卵白に分けます。卵白にはちみつ又は砂糖を数回に分けていれながら混ぜてメレンゲを作ります。メレンゲは少し角が立つくらいにしてください。
  2. メレンゲに卵黄を加え、粟をつぶさないようにして混ぜます。
  3. 容器に移して、冷凍庫で1時間位冷やします。
  4. 一度冷凍庫から出して、牛乳とバニラエッセンスを加えてよく混ぜます。
  5. 冷凍庫に戻し、40分程冷やしたら取り出して混ぜます。これを何回か繰り返します。
    液が分離した状態で固まることがないよう、時間ごとにきちんと混ぜるようにしてください。

生クリームの代用品としてコーヒーフレッシュも使えます

コーヒー用のミルクポーションも生クリームの代わりになるとご存知ですか?
実はコーヒー用ミルクポーションは植物性油脂から出来ているのですが、生クリームに似せて作られているので、十分代用することができます。ほんの少量だけ必要な時はとても便利です。ただし生クリームに比べると脂肪分が少ないので、風味を足したい時はバターを加えて調整してみてください。

クリーミングパウダーも生クリームの代わりに使うことができます。
こちらは植物性油脂ではなく乳製品から作られていますので、コーヒーフレッシュよりも生クリームに近い風味になると思います。
使う時は牛乳にクリーミングパウダーを1:2の割合で混ぜて使ってみてください。コクが足りないと思われる場合はこちらもバターを加えると良いです。

クリーミングパウダーは保存がしやすく、またパウダー状なので使いたい量をサッと使えるメリットもあります。原材料も乳製品と乳糖だけなので、コーヒー用ミルクポーションの添加物が心配な方にはオススメします。