注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ミニトマトを冷凍して弁当に入れるのはアリ。メリットとは

毎日のお弁当作り大変ですね。
彩りや栄養のバランスを気遣ったり、夏場はいたむのも心配ですね。

栄養も豊富でアクセントにもなるミニトマトを毎日入れている人も多いと思います。

そのミニトマトを冷凍してお弁当に入れるというのはアリなのでしょうか。
味はどうなのでしょう。

冷凍ミニトマトをお弁当に入れと保冷剤代わりにもなりますよ。
お弁当におすすめなアレンジレシピも紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

豆腐を使った手作りおやつ。離乳食期の赤ちゃんに簡単おやつ

離乳食が始まると、豆腐はおかゆに混ぜたり、野菜のペーストと混ぜ合わせたりとよく使う食材の一つですよね...

小麦粉で作る簡単クッキー!電子レンジを使ったレシピ

クッキーはお菓子作り初心者の方でも失敗の少ないお菓子ですよね。 クッキー作りはオーブンでなけれ...

チャーハンに入れるネギの種類は何が一番良いのか教えます

チャーハンに入れる具としてネギは欠かせませんが、いろいろある種類の中で何を使うとよりおいしくなるのか...

冷凍御飯を使ったリゾットレシピ。簡単和風リゾットの作り方

ご飯がたくさんある時や、休日のランチなど、リゾットを作ることもあると思います。リゾットは和風の味付け...

ケーキのクリームの絞り方のポイント。デコレーションのコツ

自宅でケーキを焼いて、生クリームでデコレーションをしても、なかなかお店のような仕上がりにはなりません...

豚バラはお弁当に入れると脂が固まる、対処方法とレシピを紹介

豚バラをお弁当に入れたいけれど脂が固まる、白くなるからなかなか入れることができない、そんなときに役立...

豚ひき肉とキャベツを使った晩ごはんに食べたいボリュームレシピ

豚ひき肉とキャベツは王道の組み合わせ。冷蔵庫に豚ひき肉とキャベツがある時には、これを使って晩ごはんの...

卵と牛乳で作る簡単アイスクリーム!手間なし美味しいレシピ

アイスクリームは買ってくるもの、そう思っている方も多いと思います。家でアイスクリームを作る場合には、...

夕飯の献立は子供が喜ぶものにしたいが、どんなものが良いか

夕飯の献立を考える時に、自分や夫の好物を優先したいところですが、それだと子供が食べないかも知れません...

豆腐アイスの簡単な作り方!ミキサーなしでもなめらかに作る方法

ヘルシーで美味しい豆腐アイスは、カロリーが気になる女子にも嬉しいスイーツです。 レシピを調べて...

豆腐・ベーコン・チーズを使った簡単おすすめ時短レシピ

冷蔵庫の中を見ると豆腐とベーコンとチーズしかない! 忙しい主婦は買い物に行く時間が取れずに、冷蔵庫...

ナスのさっぱりレシピ。レンジで作る簡単美味しいおかず

夏野菜の代表のひとつにナスがあります。ナスは夏の食卓にはよく登場する野菜です。 また、暑い日には食...

秋刀魚を美味しく食べるための冷蔵・冷凍保存の方法

秋刀魚は足が早い魚と言われます。そんな秋刀魚を保存するにはどのように保存すると良いのでしょうか? ...

【シリコン型でお菓子作り】基本的な使い方とコツを教えます

シリコン型を使えば、焼き菓子からシャーベットなどの冷凍のお菓子までいろいろ作れると言われていますよね...

じゃがいもは皮付きが美味しい。基本の洗い方や便利な方法とは

じゃがいもは皮付きが美味しいと思いませんか。 じゃがいもや野菜の皮には沢山の栄養分が含まれてい...

スポンサーリンク

冷凍したミニトマトはお弁当にありかなしか

毎日、旦那さんやお子さんにお弁当を作るもの大変ですよね。
今日はどんなおかずをお弁当入れようかと、頭を悩ませる事もあるでしょう。

そんなお弁当作りに助かる食材がミニトマトです!
彩りも良くなりますし、栄養も豊富なので、なくてはならない食材の一つでしょう。

しかしこのミニトマト、冷蔵保存した場合はすぐに使い切ってしまわないと傷んでしまう事が悩みのたねではないでしょうか?

それならミニトマトを冷凍してみようと思いませんか?

ミニトマトは冷凍できる食材

お弁当に凍ったままのミニトマトを入れても、食べる頃には自然解凍されています。
これで、たくさんミニトマトを安い時に購入しても傷ませてしまう心配もしなくて済みます。冷凍したミニトマトはお弁当にありなのです。

弁当の保冷剤代わりに冷凍ミニトマト

冷凍したミニトマトはお弁当を食べる頃には自然解凍されている

自然解凍されるので、冷凍されたままお弁当に入れる事ができます。
そして、冷凍のままミニトマトをお弁当に入れる事は、保冷剤代わりにもなっているのです。一石二鳥ですよね!

食中毒が気になる暑い季節に活用してみてはいかがでしょうか?
とても暑い日は、お弁当箱の上にも保冷剤を、そして、お弁当の中にも冷凍したミニトマトを入れて、暑さでお弁当が傷んでしまうのを防ぎましょう。

ミニトマトを冷凍する方法

ミニトマトのへたをとってキレイに洗います。そして、へたの部分をVの字に切り取ってください。
その後は、水気を切って保存袋に入れて冷凍庫へ入れるだけです。

ミニトマトの皮が口の中に残るのが気になるという人は、冷凍されたままのミニトマトを水につけてみてください!簡単にツルンと皮が剥けます。

毎日の弁当に冷凍ミニトマト。こんなにメリットがある

ミニトマトを冷凍保存できる事を知ったら、ますます欠かせない食材になったでしょう。
ミニトマトを冷凍する事のメリットは、冷蔵保存の場合の使いきってしまわないと傷んでしまうという心配がなくなるという事です。
そして、お弁当の保冷剤代わりになりますよね!
ちなみに、冷蔵庫でミニトマトを保存した場合は10日ぐらいは日持ちすると思いますが、冷凍保存した場合は約1ヶ月保存できますよ。

冷凍ミニトマトは皮が簡単にむける

水につけると簡単に皮が剥けるとお伝えしましたが、これでちょっと面倒な下ごしらえをする必要がなくなります。
すぐにスープやトマトソースを作る事ができます。皮を取り除いてトマトを使う料理の場合、冷凍したほうが調理が楽になるということです。

また、冷凍することによって甘みを感じやすくなる効果もあるって知っていましたか?
これは、冷凍や解凍によって細胞が壊れる事で甘みを感じやすくなるからです。
凍ったものを粗めにすりおろし、自然な甘みが効いたシャーベットにしてみても良いでしょう。

冷凍ミニトマトをマリネにしてお弁当に持っていこう

冷凍保存したミニトマトをそのままお弁当にいれるのではなく、明日はマリネにしてみませんか?

冷凍したままのミニトマトで作るので、保冷剤代わりにもなりますよ!

作り方は簡単です。
まず、冷凍されたミニトマトの皮を剥きましょう。水につけるだけで簡単に剥けますよね!
他の材料のセロリ、きゅうり、玉ねぎはカットしておき、後はマリネ液と混ぜるだけで完成です。
マリネ液は、オリーブオイル大さじ3にレモン汁大さじ3と、マヨネーズ大さじ1、ハーブ塩、こしょうを混ぜて作りましょう。

ゆでダコを入れると、食感も楽しめて美味しいですよ!

いつもは、ミニトマトをお弁当の隙間を埋める役割で入れているという人も、たまにはこんなふうにちょっと洒落たおかずにしてみましょう!

冷凍ミニトマトを使ったアレンジレシピ

冷凍されたミニトマトをお弁当に入れるだけではもったいないですよ!
冷凍ミニトマトを使ったアレンジ方法がまだあるので紹介します。

ミニトマトは皮を向くと調理の幅が広がる

まず、冷凍したミニトマトは簡単に皮を剥く事ができます。
皮を剥くと、味のしみ込みも良くなるので、シロップに漬けてコンポートにしてもいいでしょう。

また、面倒な下ごしらえをする必要がなくトマトソースを作る事ができるともお伝えしました。
そのトマトソースの作り方も簡単に説明しますね。
鍋にオリーブ油とにんにくを入れて弱火で熱します。にんにくが色づいてきたら、玉ねぎを入れて炒め、皮をむいた冷凍ミニトマトも入れて、塩、こしょうをして約10分煮てください。

パスタにこのトマトソースと塩、こしょうやオリーブ油を加えて味を整え、チーズとバジル、こしょうを乗せていただきましょう!

皮を剥いた冷凍ミニトマトに、はちみつをかけてデザートにしてもいいです。

ミニトマトは冷凍することでメリットがたくさんあります!

私は、ミニトマトは冷凍保存できるという事を知ったばかりの人です。
いつもお弁当のためにスーパーで購入し、冷蔵庫で保存しては気がつくと傷んでいるという事を繰り返してきました。
冷凍できる事をもっと早く知っていたら、今まであんなにたくさんのミニトマトを無駄にする事はなかったのだろうと思います。

ミニトマトを冷凍することで、こんなにたくさんのメリットがあるなら、あなたも早速実践してみようと思ったでしょう。

暑い時期には保冷剤代わりになって、彩りや栄養の豊富なミニトマト。冷凍すると皮も剥けやすくなるので、調理する時も手間も省けます。

冷凍したミニトマトをすりおろしてシャーベットにしたり、はちみつをかけるとデザートにもなるなんて、本当に大活躍ですね!

今日からミニトマトを保存する時は、冷蔵庫ではなく冷凍庫となります。