注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

バターを手作り!牛乳で出来る簡単な作り方!フリフリするだけ

パン派の人や、お料理やお菓子作りには欠かせないバター。

値段も上がって品薄になっている時期もありました。

そこでバターを手作りしてみましょう。
牛乳から簡単に出来る作り方があります。

混ぜ混ぜすると出来ますが、こんなアイテムを使うとより簡単に手作りバターが完成です。
簡単なので子供の自由研究にもオススメですよ。

また手作りバターをアレンジして色んな食べ方を楽しみましょう。アレンジレシピも紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

主婦の昼ごはんの節約術を紹介。実際に食べている物はコレ

主婦の皆さん昼ごはんは何を食べていますか。 他の主婦の方はどんなお昼ごはんを食べているのか気になり...

食パンがお菓子に変身。アレンジレシピや美味しいお菓子の登場

食パンが余ったらお菓子にアレンジしてみませんか?いつもの食パンが甘くて美味しいお菓子に早変わりします...

レンジでできる簡単お菓子!少ない材料で作るクッキー

クッキーを自宅で手作りする時には、オーブンで焼くというのが一般的ですよね。 しかし、中には電子...

シフォンケーキの失敗で多い「生焼け」の原因と対策

ふっくらとフワフワしたシフォンケーキを自宅でも焼いてみたいですよね。 しかし、シフォンケーキは焼き...

なすとじゃがいもを使った簡単美味しいレシピ【今日の晩ごはん】

なすやじゃがいもがたくさんある時には、この2つをたっぷりと使ったおかずがおすすめです。 そこで、な...

夕飯のレシピは悩まない!豚肉を使ったメインの一皿をご紹介

夕飯のお助けメニューのレシピ、持っていますか? 冷蔵庫に必ず常備しておく野菜と豚肉を組み合わせ...

お菓子作りの道具の収納方法。使いやすいキッチンの作り方

普段の料理には使わないけど、お菓子作りの時にだけ使う道具というのもいろいろとありますよね。 大きな...

【時短レシピ】夕飯に食べたい美味しいボリュームおかず

仕事で帰りが遅くなった時には、夕飯の準備にも時間がかけられません。時間がないときにも夕飯にはボリュー...

残った天ぷらをお弁当用にアレンジ!おすすめレシピをご紹介

夕食に天ぷらをたくさん作ってしまって、余ってしまう時もありますよね。 そんな場合は天ぷらをアレ...

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいい?梅干しの干し方とは

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいいのでしょうか?また、雨が降ってきたときにはどうしたらいいのでしょ...

ピザをお弁当としてランチに!崩れない持って行き方のコツ

お弁当や持ち寄りパーティーにピザを持っていく場合には、どのように持ち運べばよいのでしょうか? ...

献立は簡単で子供が喜ぶものがいい!おすすめ献立を紹介

子供の夕食の献立はどんなものにしたらいいのか毎日、悩んでしまいますよね。できるだけ簡単にそれでいて栄...

味噌漬けの漬物がしょっぱい!塩抜きする?塩辛さを活かす調理法

味噌漬けの漬物がしょっぱい時には? 味噌漬けを付ける前に約20%の塩できゅうりやナスなどを漬け...

シュウマイをお弁当に!シュウマイをアレンジして脱マンネリ弁当

シュウマイはお弁当の定番!チルドや冷凍のシュウマイもスーパーで、よく目にします。しかし定番なだけに、...

簡単朝ごはんを作るコツ!和食の朝ごはんの基本メニュー

朝は朝ごはんの支度や、お弁当作り、仕事へ行く用意とバタバタと忙しいですよね。時間がかかる朝ごはんの支...

スポンサーリンク

子供の自由研究に!牛乳からバターを手作り!

手作りバターはお子様の自由研究にもおすすめです

材料を混ぜてひたすら振るだけ!始めは液体だったのに、徐々に固まってきます。
生クリームやノンホモジナイズド牛乳と呼ばれる牛乳の中には、脂肪分がたくさん入っています。
ノンホモジナイズド牛乳とは、入っている乳脂肪の大きさがばらばらな牛乳で、ホモジナイズド牛乳はその乳脂肪を細かく同じ大きさにした牛乳です。

《準備するもの》

  • 生クリームやノンホモジナイズド牛乳
  • はさみ
  • コップ
  • はかり
  • ペットボトル

《作り方》

  1. ペットボトルの中をきれいに洗い、中の水をしっかりと切っておきます。
  2. ペットボトルによく冷やした生クリームを入れます。
  3. ペットボトルのキャップをしっかりと締めて、一生懸命に振ります。振る時には周りのものにぶつからないように気を付けましょう。
    中身が温かくなると固まりにくくなるので、途中で氷水で冷やしながら行うと固まりやすくなります。
  4. 20~30分くらい振っているとバターが固まってきます。
  5. バターが完成したら、ペットボトルを切って中身を取り出します。

牛乳・塩や酢を使って!手作りバター の作り方

お酢を使うと、手作りのバターミルクが作れます。
日本ではバターミルクはあまり馴染みのないものですが、海外ではよく使われる乳製品です。

○手作りバターミルク

【材料】

  • 牛乳…240ml
  • お酢…大さじ4半

【作り方】

  1. ボールに牛乳とお酢を入れ、泡立て器で混ぜます。
  2. 10~15分くらいでとろみが付いてきます。

日持ちはあまりしないので、必要な時に必要な分だけ作るのがおすすめです。

○手作りバター

生クリームに塩を入れて手作りバターを作ります。

【材料】

 

  • 動物性生クリーム…200cc
  • 塩…一つまみ

 

【作り方】

  1. 生クリームを泡立て器でよく混ぜます。
  2. ケーキなどに使う生クリームの状態になってもさらにまだ混ぜ続けます。
  3. 途中で混ぜる感覚が代わり、水分が出てきます。
  4. こしてバターと水分に分けます。
  5. 塩を加えてさらに混ぜるとまた水分が出てきます。これをこせばバターの完成です。

手作りバターで使う牛乳の注意点

手作りバターを作る時には、準備する牛乳の選び方もポイント

牛乳を使う場合には、必ずノンホモジナイズド牛乳を選ぶことです。
しかし、なかなかわからないという場合には生クリームを使うのがおすすめです。

使用する生クリームは、どれでもいいというわけではありません。必ず「種類別 クリーム」と表示されているものを使います。
「植物性脂肪」や「乳又は乳製品を主要原料とする食品」と表示されているものではバターになりません。
さらに、乳脂肪分は42%以上の高脂肪のものを選ぶようにします。

バターができるまでの工程は次の通りです。

クリームの中には脂肪がたくさん入っています。その脂肪は薄い膜で覆われているのですが、振ることによって膜が破れて中の脂肪同士がくっつきます。
さらに振り続けると、脂肪がつながって隙間に空気が入った状態がホイップクリームです。
ここからまだ振り続けると水分だけが分離して、さらに脂肪同士がつながります。これがバターになります。

手作りバターはどのくらい日持ちするの?

手作りしたバターはどのくらい日持ちするのでしょうか?

賞味期限は3日を目安に食べ切るようにしましょう。
市販のバターに比べ、酸化防止剤や添加物が含まれていませんし、水分も多めなのであまり長くは日持ちしないのです。
保存する時には、必ず冷蔵しましょう。ラップに包んでなるべく空気に触れない状態にして冷蔵庫で保管します。
日にちが経つと、衛生面はもちろん、風味も落ちてきてしまいます。

作る時にも、日持ちしないことを考えて、必要な分だけ作り、もし残りそうだったら、コーヒーに入れてコクを出したり、料理のコク出しに使ったりと工夫すると良いですね。
せっかく手間を掛けて手作りしたバターを、無駄にしないように使い切りましょう。

手作りバターにプラスで更に美味しく!

手作りしたバターにプラスαでさらに美味しくアレンジします。

  • レーズン
    手作りバターにレーズンをプラスすれば自家製レーズンバターです。前もってレーズンをラム酒につけておくとさらに風味がアップします。
    そのまま食べても美味しいですし、クラッカーなどにのせても美味しいですね。
  • ガーリック
    ガーリックを混ぜるとガーリックバターになります。フランスパンなどに塗ってガーリックトーストにするのも良いですし、パスタを炒める時に使うのもおすすめです。
  • とうもろこし
    とうもろこしと一緒に炒めればバターコーンですよね。居酒屋でも人気のメニューが簡単に作れます。
    塩分が足りない時には、塩やこしょうで味を整えましょう。