注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

バターを手作り!牛乳で出来る簡単な作り方!フリフリするだけ

パン派の人や、お料理やお菓子作りには欠かせないバター。

値段も上がって品薄になっている時期もありました。

そこでバターを手作りしてみましょう。
牛乳から簡単に出来る作り方があります。

混ぜ混ぜすると出来ますが、こんなアイテムを使うとより簡単に手作りバターが完成です。
簡単なので子供の自由研究にもオススメですよ。

また手作りバターをアレンジして色んな食べ方を楽しみましょう。アレンジレシピも紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

簡単美味しいクッキーレシピ!少ない材料でできる手作りクッキー

クッキーはお菓子作り初心者にもおすすめのお菓子です。 手作りのクッキーは市販のクッキーにはない美味...

ニジマスの刺身のさばき方とは?コツをつかんで美味しく食べよう

釣ってきたニジマスは塩焼きにして食べる人が多いと言われていますが、刺身として食べる場合はどのようにさ...

パンの作り方!炊飯器を使って手軽に美味しいパンを楽しむレシピ

朝はパン派という方は多いですよね。またはお子様のおやつにパンをあげることも多いと思います。 パンを...

【韓国のソウルフード!キンパの作り方】本場のキンパをご紹介

韓国のキンパをご存知ですか?見た目は日本の海苔巻きにそっくり!しかし味付けや入っている具に違いがあり...

豆腐アイスの簡単な作り方!ミキサーなしでもなめらかに作る方法

ヘルシーで美味しい豆腐アイスは、カロリーが気になる女子にも嬉しいスイーツです。 レシピを調べて...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

シフォンケーキの失敗で多い「生焼け」の原因と対策

ふっくらとフワフワしたシフォンケーキを自宅でも焼いてみたいですよね。 しかし、シフォンケーキは焼き...

休日の夜ご飯はホットプレートで決まり。人気メニューが集合

休日くらいはご飯支度は簡単に済ませたいものですね。 夜ご飯の献立に困ったら、ホットプレートを使って...

簡単なおつまみをヘルシーに作りたい。そのレシピは

ちょっと小腹が空いた夜中に食べたくなるのがおつまみです。 時間があれば、ちょっとしたご馳走にしても...

米の炊き方を教えて!炊飯器なしでも美味しいお米を炊く方法

お米を炊く時、皆さんは何を使ってお米を炊きますか?きっとほとんどの人が炊飯器を使ってお米を炊きますよ...

【生クリームの作り方】牛乳から簡単に作る方法とおすすめレシピ

料理レシピに「生クリーム少量」と書かれている場合、そのために生クリーム1パックを買っても余ってしまい...

残った天ぷらをお弁当用にアレンジ!おすすめレシピをご紹介

夕食に天ぷらをたくさん作ってしまって、余ってしまう時もありますよね。 そんな場合は天ぷらをアレ...

なすの簡単常備菜レシピ!電子レンジで作る美味しい常備菜

なすがたくさんある時には、なすをたっぷりと使った常備菜を作ってみませんか?常備菜は、働く主婦の強い味...

簡単オカズの作り方!毎日摂取したい野菜のレシピをご紹介

毎日の食事作り、夕方になると何を作ろうか毎日悩んでしまいますよね。メインが決まっても副菜の野菜の、あ...

ナスを炒める際にはアク抜きが不必要?アク抜きの必要性について

ナスはアクがある野菜、料理に使用する前には、アク抜きが必要だと思っている方が多いと思います。 ...

スポンサーリンク

子供の自由研究に!牛乳からバターを手作り!

手作りバターはお子様の自由研究にもおすすめです

材料を混ぜてひたすら振るだけ!始めは液体だったのに、徐々に固まってきます。
生クリームやノンホモジナイズド牛乳と呼ばれる牛乳の中には、脂肪分がたくさん入っています。
ノンホモジナイズド牛乳とは、入っている乳脂肪の大きさがばらばらな牛乳で、ホモジナイズド牛乳はその乳脂肪を細かく同じ大きさにした牛乳です。

《準備するもの》

  • 生クリームやノンホモジナイズド牛乳
  • はさみ
  • コップ
  • はかり
  • ペットボトル

《作り方》

  1. ペットボトルの中をきれいに洗い、中の水をしっかりと切っておきます。
  2. ペットボトルによく冷やした生クリームを入れます。
  3. ペットボトルのキャップをしっかりと締めて、一生懸命に振ります。振る時には周りのものにぶつからないように気を付けましょう。
    中身が温かくなると固まりにくくなるので、途中で氷水で冷やしながら行うと固まりやすくなります。
  4. 20~30分くらい振っているとバターが固まってきます。
  5. バターが完成したら、ペットボトルを切って中身を取り出します。

牛乳・塩や酢を使って!手作りバター の作り方

お酢を使うと、手作りのバターミルクが作れます。
日本ではバターミルクはあまり馴染みのないものですが、海外ではよく使われる乳製品です。

○手作りバターミルク

【材料】

  • 牛乳…240ml
  • お酢…大さじ4半

【作り方】

  1. ボールに牛乳とお酢を入れ、泡立て器で混ぜます。
  2. 10~15分くらいでとろみが付いてきます。

日持ちはあまりしないので、必要な時に必要な分だけ作るのがおすすめです。

○手作りバター

生クリームに塩を入れて手作りバターを作ります。

【材料】

 

  • 動物性生クリーム…200cc
  • 塩…一つまみ

 

【作り方】

  1. 生クリームを泡立て器でよく混ぜます。
  2. ケーキなどに使う生クリームの状態になってもさらにまだ混ぜ続けます。
  3. 途中で混ぜる感覚が代わり、水分が出てきます。
  4. こしてバターと水分に分けます。
  5. 塩を加えてさらに混ぜるとまた水分が出てきます。これをこせばバターの完成です。

手作りバターで使う牛乳の注意点

手作りバターを作る時には、準備する牛乳の選び方もポイント

牛乳を使う場合には、必ずノンホモジナイズド牛乳を選ぶことです。
しかし、なかなかわからないという場合には生クリームを使うのがおすすめです。

使用する生クリームは、どれでもいいというわけではありません。必ず「種類別 クリーム」と表示されているものを使います。
「植物性脂肪」や「乳又は乳製品を主要原料とする食品」と表示されているものではバターになりません。
さらに、乳脂肪分は42%以上の高脂肪のものを選ぶようにします。

バターができるまでの工程は次の通りです。

クリームの中には脂肪がたくさん入っています。その脂肪は薄い膜で覆われているのですが、振ることによって膜が破れて中の脂肪同士がくっつきます。
さらに振り続けると、脂肪がつながって隙間に空気が入った状態がホイップクリームです。
ここからまだ振り続けると水分だけが分離して、さらに脂肪同士がつながります。これがバターになります。

手作りバターはどのくらい日持ちするの?

手作りしたバターはどのくらい日持ちするのでしょうか?

賞味期限は3日を目安に食べ切るようにしましょう。
市販のバターに比べ、酸化防止剤や添加物が含まれていませんし、水分も多めなのであまり長くは日持ちしないのです。
保存する時には、必ず冷蔵しましょう。ラップに包んでなるべく空気に触れない状態にして冷蔵庫で保管します。
日にちが経つと、衛生面はもちろん、風味も落ちてきてしまいます。

作る時にも、日持ちしないことを考えて、必要な分だけ作り、もし残りそうだったら、コーヒーに入れてコクを出したり、料理のコク出しに使ったりと工夫すると良いですね。
せっかく手間を掛けて手作りしたバターを、無駄にしないように使い切りましょう。

手作りバターにプラスで更に美味しく!

手作りしたバターにプラスαでさらに美味しくアレンジします。

  • レーズン
    手作りバターにレーズンをプラスすれば自家製レーズンバターです。前もってレーズンをラム酒につけておくとさらに風味がアップします。
    そのまま食べても美味しいですし、クラッカーなどにのせても美味しいですね。
  • ガーリック
    ガーリックを混ぜるとガーリックバターになります。フランスパンなどに塗ってガーリックトーストにするのも良いですし、パスタを炒める時に使うのもおすすめです。
  • とうもろこし
    とうもろこしと一緒に炒めればバターコーンですよね。居酒屋でも人気のメニューが簡単に作れます。
    塩分が足りない時には、塩やこしょうで味を整えましょう。