注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

カステラを牛乳に浸す。牛乳をたっぷり含んだカステラ最強!

カステラと牛乳。相性抜群ですよね。
それには、きちんとした秘密があるんですよ。

カステラを牛乳に浸すなんてお行儀が悪いとは言わせません!

この、カステラと牛乳の組み合わせは最強なのに、さらに〇〇するともっと美味しくなるんですよ!

カステラに牛乳。

この最強コンビの為せる技をいくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

茄子とひき肉レシピ。茄子が苦手な子供でも食べやすい茄子レシピ

お子様の中には、茄子がちょっと苦手というお子様もいます。親としては、何でも好き嫌いなく食べて欲しいと...

簡単オカズの作り方!毎日摂取したい野菜のレシピをご紹介

毎日の食事作り、夕方になると何を作ろうか毎日悩んでしまいますよね。メインが決まっても副菜の野菜の、あ...

重曹がない時にベーキングパウダー代用は可能?黒豆の作り方

ご家庭で黒豆を煮る時は、重曹を使って作るのが一般的な方法です。自宅に食用の重曹がない場合、ベーキング...

豚バラはお弁当に入れると脂が固まる、対処方法とレシピを紹介

豚バラをお弁当に入れたいけれど脂が固まる、白くなるからなかなか入れることができない、そんなときに役立...

豚ひき肉を使った美味しい丼レシピ。ボリュームのある簡単丼

豚ひき肉はスーパーの安売りで多めに購入するということもよくありますよね。使い勝手の良いひき肉は、いろ...

冷凍御飯を使ったリゾットレシピ。簡単和風リゾットの作り方

ご飯がたくさんある時や、休日のランチなど、リゾットを作ることもあると思います。リゾットは和風の味付け...

バターを手作り!牛乳で出来る簡単な作り方!フリフリするだけ

パン派の人や、お料理やお菓子作りには欠かせないバター。 値段も上がって品薄になっている時期もあ...

豆腐を使った手作りおやつ。離乳食期の赤ちゃんに簡単おやつ

離乳食が始まると、豆腐はおかゆに混ぜたり、野菜のペーストと混ぜ合わせたりとよく使う食材の一つですよね...

牛肉の脂身の使い道とは?安いお肉が高級お肉風に大変身

牛肉の脂身にはどんな使い道があるのでしょうか?なんだか扱いが難しそうな牛脂ですが、実は料理に使うと簡...

お赤飯に甘納豆を入れる場合は炊飯器で簡単に作れます

お赤飯と言えば小豆を使うものだと思っていた人にとって、北海道のお赤飯には甘納豆が使われていると聞いて...

すき焼きに春菊は入れるか入れないか。代用出来る野菜も紹介

気温が低くなると鍋が食べたくなりますね。 すき焼きに春菊はいれますか? 春菊は絶対に入れると...

豚ひき肉のそぼろは作り置きが便利!アレンジでさらに美味しく

豚ひき肉のそぼろは、簡単に作れる上に、作り置きに向いているメニューです。 ただご飯に乗せるだけでも...

魚焼きグリルで作るおすすめレシピ!鶏肉をカリッとジューシーに

魚焼きグリルは魚を焼くだけのものと思っていませんか?魚焼きグリルはお肉を焼いてもパンをトーストしても...

パンの作り方!炊飯器を使って手軽に美味しいパンを楽しむレシピ

朝はパン派という方は多いですよね。またはお子様のおやつにパンをあげることも多いと思います。 パンを...

スポンサーリンク

カステラに牛乳を浸す食べ方って、最強!

数年前まではカステラには緑茶、甘みの強いカステラには渋いお茶が合うと思っていました。

しかし子供には渋すぎる組み合わせです。そこで子供のおやつにはカステラと牛乳がおすすめです。

子供がカステラと牛乳をあまりにも美味しそうに食べているのを見ると、子供の頃の記憶が蘇ってきたのか定かではありませんが。私も牛乳でカステラを食べたくなってしまいました。食べたいときには体が欲している証拠、本能に逆らわずに牛乳をカステラと一緒に食します。

カステラと牛乳を口に含むとびっくりするほど合います。お茶のときとは違った美味しさです。

カステラと牛乳の最強の組み合わせ、ぜひ大人の今だからこそお試しを。ハマること間違いなしですよ。

カステラを牛乳に浸して凍らす!牛乳に浸すと美味しくなる上に凍らせてさらに美味しく!

カステラと牛乳で作るアイス

やっぱりカステラと牛乳は合うのか、とためらいのある方ならこちらを!

カステラを牛乳に浸すまでは一緒ですが、こちらを冷凍庫で凍らせます。ひたひたになる程度がおすすめの浸し具合です。

牛乳に浸して凍らせただけで、カステラアイスの出来上がりです。カステラの甘さが牛乳と程よく馴染んで甘すぎずに美味しいですよ。

カチカチに凍らせて食べるのも良いですが、半解凍ほどが一番美味しく感じます。

カステラアイスを食べて牛乳とカステラのベストマッチを味わったら、次にカステラを食べるときには、もうお茶ではなく牛乳を手にしている確率大です。

お子さんだけでなく、ぜひ一緒に味わってみてくださいね。大人も絶賛の牛乳カステラアイスですよ。

カステラを牛乳に浸す。それからさらに焼く。そう!フレンチトーストで食べてみて

カステラのアレンジ、食べたことのない新食感

牛乳に浸して凍らせる絶品のカステラアイスをご紹介しましたが、牛乳に浸す、そして焼いてみるのも本当に美味しいのでお試しを。

このレシピを聞いて、フレンチトーストでは?と思った方もいらっしゃると思いますが、まさにカステラのフレンチトーストです。

通常のフレンチトーストとは違い、カステラには甘みが十分にありますのでお砂糖は入れなくて大丈夫。

卵に牛乳を加えてカステラを浸して、バターを溶かしたフライパンで焼いていきます。浸した卵液にも火が通るように弱火でじっくり、外側にカリッとした焦げ目が付くまで両面焼いてください。

これでいつもとは違ったカステラフレンチトーストの出来上がりです。甘みもちょうどよく、甘いお菓子が苦手な男性でもおかわりをしてしまうくらいの美味しさですよ。

カステラを牛乳に浸すとどうして美味しくなるのでしょうか?

カステラに牛乳を浸すと美味しくなる理由、それは味がピッタリとマッチする点も大きいですが、秘密は牛乳のとろみにあるのではないでしょうか。

水やお茶と違って、牛乳にはとろみがありますよね。

そのとろみが一緒に食べることによって舌触りや喉通りがよくすることも、理由の一つだと考えられます。

子供の時は唾液の分泌が十分だったせいか、パンやカステラなども水分を取らずに食べることが出来ました。しかし今では水分なしに食すると喉が詰まってしまい、むせてしまうこともあります。

喉の詰まりを取り除くなら水やお茶でも良いのではないかとも思いますが、浸透具合に違いがあるのです。

牛乳にはとろみがあるので、カステラを通り過ぎることがなく、カステラに絡み合って一つの味わいになっていることが美味しくなる理由なのではないでしょうか。

子供と一緒に作れちゃう!カステラを牛乳にひたして作るカステラプディング

カステラを牛乳に浸して美味しくいただくレシピをご紹介しましたが、プディングも間違いのない美味しさなのでぜひお試しを!

プディングは電子レンジで簡単に作れますので、子供と一緒に楽しむことが出来ますよ。

作り方は卵と牛乳を混ぜ合わせ、砂糖をお好みで入れてカステラを浸します。この時にドライフルーツを一緒に浸しても、アクセントになって美味しいですよ。

耐熱容器に浸したカステラを並べて、電子レンジで加熱をします。加熱しすぎるとカステラが硬くなりすぎるので注意をしましょう。

シナモンや生クリームなどお好きなトッピングをして、食べてくださいね。

電子レンジで作るプディングは、カステラをカットする、卵と牛乳を混ぜる、カステラを浸すなど、子供にも出来る簡単な過程でお菓子が出来上がります。

ぜひ一緒に作ってみてください。

カステラを牛乳に浸すとメリットは美味しいだけではありません

カステラと牛乳は最強コンビ!ぜひ大人の皆さんにも一度試してほしい組み合わせです。

浸して食べるのはちょっと、という方には浸した後に焼いたり、凍らせたりして食べる美味しいレシピもありました。どのレシピも牛乳とカステラがベストマッチして、最強コンビだということがわかる味になっているので、ぜひお子さんだけでなく大人の皆さんも試してみてください。

また、なぜカステラと牛乳の相性が良いのかという話では、牛乳のとろみがポイントになるという話をしました。
牛乳のとろみは、美味しさだけではなく喉の通りも良くしてくれるのです。
喉の通りが悪くなった高齢の方や赤ちゃんもとろみのある食事をしますよね。喉の通りを良くするために、水分を含んでいる食事で良いなら、サラサラとした汁に浸すだけでも良いのに、わざととろみを付けるのには、とろみをつけることで飲み込みやすくなることや誤嚥を防ぐ効果があるからです。

とろみについて考えてみると、他の飲み物よりも牛乳に浸すとカステラが食べやすくなる事も納得が出来ます。

このように、カステラを食べる時には牛乳との相性がとても良い事がわかりましたので、ぜひ一度その相性を実際に食べて味わって見て下さい。