注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

夕ご飯に作りたい子供が喜ぶレシピ。おいしい・簡単・面白レシピ

朝は忙しいので、夕ご飯はしっかりと子供に食べさせてあげたいと思うママさんも多いのではないでしょうか。

また野菜が好きではないというお子様や、家族の好き嫌いが違ったりで夕ご飯のメニューに困ることもあるでしょう。

そこで今回は悩めるママさんのために、子供が喜ぶ夕ご飯のレシピを紹介します。

子供が好きな味の代表といえばケチャップ。チキンライスのレシピですが、なんと材料を入れて炊くだけなのでとても簡単です。

また、からあげや揚げ物などが好きなお子様も多いですね。揚げ物は面倒なイメージがありますが、揚げずに出来るレシピも紹介します。

他にも、たこ焼き風、マンモスの肉風など子供が喜ぶレシピをお届けします。

お子様の笑顔とおいしい夕ご飯を楽しむことが出来そうですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹がない時にベーキングパウダー代用は可能?黒豆の作り方

ご家庭で黒豆を煮る時は、重曹を使って作るのが一般的な方法です。自宅に食用の重曹がない場合、ベーキング...

生クリームから手作りバターの作り方!簡単に美味しく作るコツ

バターは、市販の生クリームから作れるということをご存知ですか? 新鮮な生クリームと塩とペットボトル...

チャーハンに入れるネギの種類は何が一番良いのか教えます

チャーハンに入れる具としてネギは欠かせませんが、いろいろある種類の中で何を使うとよりおいしくなるのか...

オリーブオイルの作り方、自家製オリーブオイルは揉んで濾すだけ

自家製オリーブオイルを作るにはどのような作業が必要なのでしょうか?自家製オリーブオイルの作り方を紹介...

ホットケーキミックスで簡単におやつを作りたい

ホットケーキミックスは、卵と牛乳を混ぜて焼くだけで簡単にホットケーキが作れちゃいます。 しかし、毎...

お家で簡単アイスを作ろう!混ぜるだけで作れるアイスのレシピ

暑くなると冷たいものが恋しくなりますよね。お家の冷凍庫にアイスを常備している方も、多いのではないでし...

秋刀魚を美味しく食べるための冷蔵・冷凍保存の方法

秋刀魚は足が早い魚と言われます。そんな秋刀魚を保存するにはどのように保存すると良いのでしょうか? ...

主婦の昼ごはんの節約術を紹介。実際に食べている物はコレ

主婦の皆さん昼ごはんは何を食べていますか。 他の主婦の方はどんなお昼ごはんを食べているのか気になり...

ナス・パプリカ・ズッキーニを使った簡単、夏野菜レシピ

夏野菜の代表と言えば、ナス・パプリカ・ズッキーニなどがあります。これらを使って、夏野菜がたっぷりと食...

豆腐で作るチーズケーキ!ヨーグルトであっさりなめらか

チーズケーキを自宅で作る時には、たっぷりのクリームチーズにたっぷりの生クリームを使います。 コクが...

なす料理の中で人気のものについて知りたい

なすは夏から秋にかけて美味しく食べられる人気の食材です。 それを料理しようと思って迷った時に参考に...

パンの作り方!炊飯器を使って手軽に美味しいパンを楽しむレシピ

朝はパン派という方は多いですよね。またはお子様のおやつにパンをあげることも多いと思います。 パンを...

簡単朝ごはんを作るコツ!和食の朝ごはんの基本メニュー

朝は朝ごはんの支度や、お弁当作り、仕事へ行く用意とバタバタと忙しいですよね。時間がかかる朝ごはんの支...

バーベキューでご飯を炊くとき失敗しない美味しく炊けるコツ

バーベキューでご飯を炊くなら失敗せずに美味しく炊きたいものです。 アウトドアでご飯を飯ごうや鍋...

野菜を使ったおつまみ、ワインと相性の良いおすすめレシピ

ワインのおつまみと言えば、やっぱりチーズですよね。 チーズは美味しいのですが、食べ過ぎるとカロリー...

スポンサーリンク

野菜が苦手な子供も喜ぶ、混ぜて炊くだけの夕ご飯のレシピ

野菜が苦手な子供でも、喜んで食べられるご飯の定番といえば、チキンライスではないでしょうか。

子供が大好きなケチャップと鶏肉に合わせれば、苦手なピーマンや人参などの野菜も、美味しく食べられること間違いなしですね。

炊飯器を使えば、具材を炒めたり味付けをしたりするのが面倒なチキンライス作りも、材料を入れて宅だけであっという間に調理が完了するので、忙しいママさんにもおすすめですよ。
  1. 炊飯器の釜に研いだお米と調理酒少々、ケチャップ、顆粒コンソメ、ソース、醤油、みりん少量ずつを入れて、お米の分量分のラインまで水を足します。
  2. 一口大にカットした鶏もも肉、みじん切りにした野菜、コーン、などお好きな具材を入れたら、そのまま蓋を閉めて炊飯しましょう。
  3. 炊きあがったらよく混ぜて、仕上げにバターと塩コショウを混ぜて味を整えたら完成です。

水の分量さえ正しく入れれば、味が薄くても後から調整が聞くので、安心して炊飯して下さい。

チキンライスのままでも十分美味しい夕ご飯になりますが、時間がある日には卵を焼いて、オムライスにしてあげると、子供が喜びますね。

子供が大好きな夕ご飯のおかずの揚げ物が簡単に出来るレシピ

揚げ物はキッチンも汚れるし、小さい子供がいると足元にまとわりついて揚げ物調理は危なくて出来ないというママさんも多いのではないでしょうか。

油を使わなくても、子供が大好きな揚げ物ができれば、頭を悩ませる夕ごはんの献立作りも、簡単になります。

油を使わない揚げ物はトースターを使う

子供が大好きな「鶏の唐揚げ」を、トースターで揚げずに作るレシピを紹介しますね。

  1. 鶏もも肉は食べやすい大きさに切ります。
  2. ビニール袋に入れて、醤油、調理酒、ごま油、生姜、ニンニク、塩コショウで作ったタレでしばらく漬けておきましょう。
  3. ビニール袋に片栗粉を入れて全体に馴染ませます。
  4. 一度クシャクシャに丸めたアルミホイルを開いてトースターの天板に敷きます。
  5. ハケを使って油を薄く引いてから鶏肉を並べます。
  6. トースターで両面を5分ずつ、焦がさないように焼いて完成です。

夕ご飯はたこ焼き?子供も嬉しいたこ焼きおにぎりのレシピ

私の友達ママさんに多い悩みが「子供がご飯(白米)を食べない問題」です。
おかずは食べるのにご飯は食べない、味が付いているものでないと口にしてくれないといった悩みを持つママさんは、意外と多いように思います。

なかなか食べてくれない白米は、ふりかけご飯にしたり混ぜご飯にしたりして工夫をして食べさせるというママさんも多いでしょうが、どうせ工夫するなら、大人も子供も楽しく食べられる、「たこ焼きご飯」にしてみてはいかがでしょうか。

たこ焼きごはんの作り方

  1. 温かいご飯に鰹節、チーズ、紅生姜少量、乾燥小エビ、青のりをお好みの分量で混ぜます。
  2. 作った混ぜご飯を、たこ焼き器に入るくらいの大きさに丸めて熱します。
  3. コロコロと転がしながらチーズが溶けるまで焼き、完成です。
たこ焼き同様、トッピングは、たこ焼きソース、青のり、マヨネーズ、鰹節です。

見た目はもちろん、味もたこ焼きそっくりの、美味しくて楽しい夕ご飯が出来上がります。
平日の夕ご飯にするのは手間ですが、休日の夕ご飯には子供とワイワイ楽しみながら食卓を囲めると、本当に楽しいですね。

まんがみたいなお肉が夕ご飯に出てきたら、大喜びは間違いなし

野菜嫌いの子供が野菜を沢山食べれる料理といえば、ハンバーグもその中の一つですね。
いつもの定番ハンバーグももちろん子供ウケする夕ご飯になるのですが、先程紹介したたこ焼きご飯のように、ハンバーグも一手間加えるだけで、話題も笑顔もいっぱいの夕ご飯になるはずです。

紹介するのは、漫画で見かける「骨付き肉のハンバーグ」で、骨はゴボウを使うことによって、お肉との相性もピッタリ、骨まで食べられる骨付き肉になります。

  1. ゴボウは子供が食べられるくらいの太さ(細すぎると持てないので、ある程度の太さは必要です)にカットしたら、水とコンソメで柔らかくなるまで煮ます。
  2. 野菜をたっぷり入れたハンバーグのタネを、煮上がったゴボウにくっつけるようにして骨付き肉の形にします。
  3. フライパンで全体に焼き目がつくまで焼き、あとはお好みの煮汁で煮込んで中まで火を通しましょう。

漫画の主人公になった気分でお肉にガッつけるので、骨がゴボウだということにも気がつかないくらい夢中になって野菜を食べてくれるはず!
お肉も野菜もモリモリ食べられる夕ご飯のレシピになりそうですね。

野菜がたくさん摂れる、夕ご飯におすすめなスープのレシピ

野菜を沢山子供に食べさせたい時には、食べてくれるかは別として、スープを作るというママさんも多いでしょう。

野菜たっぷりの味噌汁、ミネストローネ、ポトフなどは、スープの中に野菜がゴロゴロ入っているので、どうしても見た目で食わず嫌いを起こしてしまうお子さんも多いですよね。

野菜スープを作る時に大切なのは、スープの味

トマトの酸味ばかりが気になってしまったり、味が薄すぎて野菜の味がしっかりわかってしまっては、子供ウケしないので、野菜をじっくり煮込んで旨味を出し、スープ自体の味付けも子供が食べやすいものに仕上げてあげましょう。

定番のミネストローネを作る際には、野菜をじっくり炒めて煮込んでから、トマト缶、砂糖、コンソメ、パルメザンチーズで味をつけると、子供も食べやすいまろやかなスープになります。

ミックスビーンズやコーン、ウインナーなども入れて、具材にも子供が手を付けやすいように工夫したいですね。