注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

フリマの準備のおつりはどのくらい必要?用意しておきたいもの

フリマの準備で必要なものといえばおつりです。おつりはどのくらい用意したらいいのでしょうか?

おつりをわざわざ用意するのが面倒な人はこのような方法で貯めておくといいですね。

フリマはおつりの他にも準備をしておきたいものがたくさんあります。フリマ出店で役立つアイテムとは?フリマの前に用意しておくと役立つものを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バッテリー電圧低下の原因と対策!正常な電圧を保って安全運転を

車のバッテリーの電圧低下を指摘されてしまったとき、車に関する知識が少ない人は、一体どんなことが原因で...

海外の海へ行く時の貴重品はどうする?安心出来る管理の方法

家族で初めての海外旅行。家族旅行といえばハワイやグアムなど人気ですが、海で遊ぶ時に心配なのが貴重品の...

スイカの受粉に失敗する原因と人工授粉の方法・つるボケについて

スイカを育てている人の中には、なかなかスイカの実が実らずに頭を悩ませている人もいますよね。スイカの実...

口角を上げる意識を!でも、意識だけじゃ上がらない口角について

口角を上げる意識はしていても、それをキープするのって難しいんですよね。 また、単純に口角を上げ...

男性で身長が150台でもコンプレックスにしない方法

身長が150台ということをコンプレックスに感じている男性はいませんか?もちろん背が高いことは有利にな...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

押し花のしおりの作り方!ラミネートや牛乳パックを使う方法

押し花を綺麗な状態で保存したいと思ったら、押し花でしおりを作って保存する方法がおすすめです。押し花で...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

冬が寒いのはどうして?理由とあったか術を紹介します

冬が寒いのはどんな理由からなのでしょうか?四季があるから…。と答えてしまいそうですが、なぜ冬は寒くな...

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。 そのままにしていると、見た目も良くない...

押し花の作り方とは?しおりにするときのコツとポイント

押し花でしおりをきれいにおさめたいときにはどのような作り方が適しているのでしょうか? 押し花の...

洗濯物を守るベランダ用雨よけカバーのメリットや選び方をご紹介

洗濯物を雨から守る、ベランダ用雨よけカバーをご存知ですか? 晴れた日に洗濯物をベランダに干すこ...

車のプラスチック、樹脂パーツが白くなる理由と対処方法

車のプラスチック部分だけが白くなる、色あせてしまったように見えることありますよね。 白くなるの...

スライムの作り方!シェービングフォームでふわふわスライム

スライムは昔からあるおもちゃで、ビローンと伸びる独特の感触がクセになりますよね。 最近ではスライム...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

スポンサーリンク

フリマの準備のおつりはこのくらいは用意しましょう

フリマに出品する場合、どのくらいおつりの準備が必要なのか悩む人は多くいるのではないでしょうか。

不安な場合は1000円札などを準備する人もいますが、あまり必要ないことが多いでしょう。
フリマは基本的に単価が安いので万札を出してくる人は稀なのでしょう。

売り物の値段を50円や100円単位でそろえれば100円玉と50円玉を10枚ずつぐらいでもよいのかもしれません。
後は不安な分、500円玉や10円玉を数枚準備しておけば大丈夫でしょう。

ですが、フリマ初心者の場合は不安でしょうから気持ち多めに持って行った方が安心です。

小銭の作り方としては、最近はATMも硬貨対応のものも増えているのでATMで準備するのもよいでしょう。

他にもフリマのある週にはなるべくお札で買い物をして小銭を増やしておくのも方法のひとつです。
帰宅したら小銭をきんちゃく袋などに貯めて当日おつりとして使いましょう。

フリマのおつりの準備をしたら他のものもしっかりチェック!

フリマに出品する際は、おつりの準備以外にも様々なものを準備しなくてはならないですよね。
当日慌てないようにするためには事前準備が大切です。

  • 値札作成
    あらかじめ商品の価格設定は決めておきましょう。値段シールを個別に付けたり、均一価格で販売するのであればまとめておく必要があります。当日安く売って損をしてしまわないように気を付けましょう。
  • POP作成
    フリマには様々なお客様が来ます。とくにファミリーや中高生が多いため、だれでも見やすいPOPを作成しておくべきでしょう。値段も見やすいものにしてお客さんが近づきやすい雰囲気を作ることが大切です。
  • 出品量を確認
    出店スペースと出品量を照らし合わせて工夫する必要があります。もしスペースよりも商品が多い場合は出品する優先順位を決めてお店に並べましょう。商品が少ない場合はPOPつけをしたりレイアウトを工夫してブースが寂しく見えないようにしましょう。

フリマの準備するのはおつりだけじゃない!あると便利なのは

フリマの準備をする場合はおつり以外も様々なものが必要です。あると便利なものを紹介していきます。

商品を渡す袋を準備しよう

商品を購入してくれた人には紙袋やビニール袋に入れて渡してあげましょう。
中にはいらないという人もいますが、準備しておくと便利でしょう。

フリマのブースにハンガーラックを準備すると見た目がよくなる

ブースに十分なスペースがある場合はハンガーラックを準備して商品をハンガー掛けで見せるとお客さんの目につきやすいです。一押しの商品やカバンなどの小物もただ置いてあるよりも目につきやすくて売れ行きが良くなるでしょう。

平面のブースに立体感ができブース全体の見た目もよくなります。
お客様の目の高さに合わせる事で通りすがりの人も目に入りやすくなるので、一押しで価格の安い服をかけるとより良いです。

掘り出し物があるかもしれないと思わせるブースを作りましょう。

フリマの準備で必要なのはおつり計算に役立つ電卓

他にもフリマの準備をする際にあるとよいものを紹介していきます。

おつりの計算をするために電卓を準備しよう

電卓は商品の値段を計算するときに使います。

まとめ買いをしてくれた場合は複雑な計算になるためあった方がミスがなくてよいでしょう。

スマホの計算機を使ってもよいですが、電池の消耗もありますし、電卓の方がぱっと出せてスムーズでしょう。

自分の座るスペースを快適に

フリマはずっとブースに座ったままなのでお尻が痛くなってしまうでしょう。

その為、椅子やクッションなどを持っていくことで快適な空間を作ることも大切です。

冬の場合は体温調節としてブランケットをもって行ったり、夏場だと外での出品もありますので日よけグッズは必須です。

服装に関しても温度調節のしやすい服装を心がけるようにしましょうね。
動きやすくて汚れてもよい服の方がよりよいでしょう。靴も脱ぎ履きしやすいものを用意しましょう。

フリマの準備はコレを用意しておくと心強い

他にもフリマの準備する際にはあった方が便利なものをお伝えします。

  • 敷物
    ブースでの販売の場合、自分のスペースには必ず敷物を敷くため必要です。一枚の大きい敷物よりも様々な大きさの敷物を合わせる事でレイアウト変更が楽なのでお勧めです。
  • 文房具
    メモ帳やボールペン、紙など値札やPOPを急遽作らなくてはならなくなる場合もありますので準備しておくとよいでしょう。
    電卓も計算する際には便利です。ガムテープやセロハンテープもあるとなにかと便利です。
  • 段ボール
    段ボールに商品を入れて持っていく場合はパンパンに詰めるよりもある程度ゆとりをもって様々な段ボールを持っていきましょう。段ボールの中に風呂敷を敷いてその上に商品を並べて均一価格で販売することができます。大きさも様々なものにしておくことでレイアウト変更する際に便利です。