注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

フリマの準備のおつりはどのくらい必要?用意しておきたいもの

フリマの準備で必要なものといえばおつりです。おつりはどのくらい用意したらいいのでしょうか?

おつりをわざわざ用意するのが面倒な人はこのような方法で貯めておくといいですね。

フリマはおつりの他にも準備をしておきたいものがたくさんあります。フリマ出店で役立つアイテムとは?フリマの前に用意しておくと役立つものを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

【那須旅行】子連れも楽しめるおすすめ観光スポットとグルメ情報

子連れで那須旅行を計画している人に、家族みんなで楽しめる那須のおすすめ観光スポットをご紹介します。 ...

歯ブラシの後に歯磨き粉が残る方へ。歯磨き粉の適量について

歯ブラシをし終わった後に、口の中に歯磨き粉が残ると感じる方はいませんか? もしかして、歯磨き粉の量...

本棚の収納ルールと収納アイデア!すっきりとおしゃれに整理

本や雑誌はどんどんと増えて、本棚に収納しきれないという方も多いと思います。本棚の容量を超えた本は、本...

御の書き方やコツ、筆で御を書くポイントについてご紹介

御という漢字、表書きなどでよく使われますよね。またハガキや手紙を書くときに御中を使うことも多く、筆を...

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

押し花の作り方【クローバー編】押し花を綺麗に作る作り方を解説

四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるという話を聞いたことがある人もいますよね。もしも四つ葉のク...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

布団を干すなら下にカバーを敷こう!布団を干すポイントです

布団をベランダに干す時は、下にカバーを敷いてから布団を干しましょう。 下にカバーを敷くだけで、布団...

指のサイズは毎日変わる。サイズ選びのタイミングと指輪選び

指輪をしていて緩いと感じたり逆にきつい感じたりすることはありませんか? 指のサイズが変わるのでしょ...

ジッパーの修理方法!スライダーの問題を解決

ジッパーが上手く噛み合わなくてイライラすることありませんか?もうジッパーが壊れてしまったのかも!と、...

【色に関する漢字を使った名前】男の子におすすめの名前をご紹介

生まれてくる赤ちゃんが男の子だとわかったら、色に関する漢字を使った名前を付けたいと考える人も多いでし...

花束のラッピングの基本と華やかでかわいいリボンの結び方

花束を自分でラッピングしたいという時には、花束の華やかさに負けないようなラッピングをしたいものです。...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

スポンサーリンク

フリマの準備のおつりはこのくらいは用意しましょう

フリマに出品する場合、どのくらいおつりの準備が必要なのか悩む人は多くいるのではないでしょうか。

不安な場合は1000円札などを準備する人もいますが、あまり必要ないことが多いでしょう。
フリマは基本的に単価が安いので万札を出してくる人は稀なのでしょう。

売り物の値段を50円や100円単位でそろえれば100円玉と50円玉を10枚ずつぐらいでもよいのかもしれません。
後は不安な分、500円玉や10円玉を数枚準備しておけば大丈夫でしょう。

ですが、フリマ初心者の場合は不安でしょうから気持ち多めに持って行った方が安心です。

小銭の作り方としては、最近はATMも硬貨対応のものも増えているのでATMで準備するのもよいでしょう。

他にもフリマのある週にはなるべくお札で買い物をして小銭を増やしておくのも方法のひとつです。
帰宅したら小銭をきんちゃく袋などに貯めて当日おつりとして使いましょう。

フリマのおつりの準備をしたら他のものもしっかりチェック!

フリマに出品する際は、おつりの準備以外にも様々なものを準備しなくてはならないですよね。
当日慌てないようにするためには事前準備が大切です。

  • 値札作成
    あらかじめ商品の価格設定は決めておきましょう。値段シールを個別に付けたり、均一価格で販売するのであればまとめておく必要があります。当日安く売って損をしてしまわないように気を付けましょう。
  • POP作成
    フリマには様々なお客様が来ます。とくにファミリーや中高生が多いため、だれでも見やすいPOPを作成しておくべきでしょう。値段も見やすいものにしてお客さんが近づきやすい雰囲気を作ることが大切です。
  • 出品量を確認
    出店スペースと出品量を照らし合わせて工夫する必要があります。もしスペースよりも商品が多い場合は出品する優先順位を決めてお店に並べましょう。商品が少ない場合はPOPつけをしたりレイアウトを工夫してブースが寂しく見えないようにしましょう。

フリマの準備するのはおつりだけじゃない!あると便利なのは

フリマの準備をする場合はおつり以外も様々なものが必要です。あると便利なものを紹介していきます。

商品を渡す袋を準備しよう

商品を購入してくれた人には紙袋やビニール袋に入れて渡してあげましょう。
中にはいらないという人もいますが、準備しておくと便利でしょう。

フリマのブースにハンガーラックを準備すると見た目がよくなる

ブースに十分なスペースがある場合はハンガーラックを準備して商品をハンガー掛けで見せるとお客さんの目につきやすいです。一押しの商品やカバンなどの小物もただ置いてあるよりも目につきやすくて売れ行きが良くなるでしょう。

平面のブースに立体感ができブース全体の見た目もよくなります。
お客様の目の高さに合わせる事で通りすがりの人も目に入りやすくなるので、一押しで価格の安い服をかけるとより良いです。

掘り出し物があるかもしれないと思わせるブースを作りましょう。

フリマの準備で必要なのはおつり計算に役立つ電卓

他にもフリマの準備をする際にあるとよいものを紹介していきます。

おつりの計算をするために電卓を準備しよう

電卓は商品の値段を計算するときに使います。

まとめ買いをしてくれた場合は複雑な計算になるためあった方がミスがなくてよいでしょう。

スマホの計算機を使ってもよいですが、電池の消耗もありますし、電卓の方がぱっと出せてスムーズでしょう。

自分の座るスペースを快適に

フリマはずっとブースに座ったままなのでお尻が痛くなってしまうでしょう。

その為、椅子やクッションなどを持っていくことで快適な空間を作ることも大切です。

冬の場合は体温調節としてブランケットをもって行ったり、夏場だと外での出品もありますので日よけグッズは必須です。

服装に関しても温度調節のしやすい服装を心がけるようにしましょうね。
動きやすくて汚れてもよい服の方がよりよいでしょう。靴も脱ぎ履きしやすいものを用意しましょう。

フリマの準備はコレを用意しておくと心強い

他にもフリマの準備する際にはあった方が便利なものをお伝えします。

  • 敷物
    ブースでの販売の場合、自分のスペースには必ず敷物を敷くため必要です。一枚の大きい敷物よりも様々な大きさの敷物を合わせる事でレイアウト変更が楽なのでお勧めです。
  • 文房具
    メモ帳やボールペン、紙など値札やPOPを急遽作らなくてはならなくなる場合もありますので準備しておくとよいでしょう。
    電卓も計算する際には便利です。ガムテープやセロハンテープもあるとなにかと便利です。
  • 段ボール
    段ボールに商品を入れて持っていく場合はパンパンに詰めるよりもある程度ゆとりをもって様々な段ボールを持っていきましょう。段ボールの中に風呂敷を敷いてその上に商品を並べて均一価格で販売することができます。大きさも様々なものにしておくことでレイアウト変更する際に便利です。