注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

スライムの作り方!シェービングフォームでふわふわスライム

スライムは昔からあるおもちゃで、ビローンと伸びる独特の感触がクセになりますよね。
最近ではスライムを自分で手作りする方法もいろいろとあります。

使う材料もそれぞれに違いますが、シェービングフォームを使うとふわふわのマシュマロのような感触になります。
最近では小学生の自由研究などでもスライムを作ったり、その作り方をまとめたりという自由研究もよく見かけます。

いろいろなスライムの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹で消臭剤を作ろう!トイレの消臭方法と重曹を使った掃除方法

なかなか消えないトイレの嫌な臭いは、重曹を使って作る消臭剤で臭いを解消することができます。 重...

オリーブの天敵【オリーブアナアキゾウムシ】の対策法を徹底解説

オリーブの木は病気や害虫にも強いとは言われていますが、天敵となる害虫もいます。それが【オリーブアナア...

沖縄でタクシーを貸切るメリットとタクシー会社を選ぶポイント

沖縄旅行をする際に重要になるのが、移動手段です。 そこでおすすめしたいのが、タクシーを貸切っての移...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

タイへの転勤が決定!生活はどう変わる?暮らしと必需品について

旦那さまが仕事の都合でタイへ転勤することになったら、日本の生活と比べてどのような生活になるのか不安な...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

重曹を使ったお風呂のカビ退治の方法。浴室の天井まで全体掃除

お風呂のカビは大きいカビから小さいカビまでいつの間にか発生しています。 お風呂のカビ落としの強...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

セラミックフライパンがくっつくのはなぜ?正しい使い方とコツ

セラミックフライパンを使用した人の中には、「すぐにくっつく」「焦げ付きやすい」と不満を抱いてしまう方...

ソ連の崩壊をわかりやすく説明。知っておくと安心のロシアについて

ソ連の崩壊をわかりやすく説明すると『いろいろうまくいかなくて、ダメになっちゃったね』という感じでしょ...

主婦のランチは贅沢なのか?たまのプチ贅沢は明日への活力

主婦が優雅にランチなんて贅沢な!なんて声を聞いたことあります。 本当にそうでしょうか? 週に何回...

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

スポンサーリンク

シェービングフォームを使ったふわふわスライムの作り方

スライムは小さい頃からあったおもちゃで、その感触がおもしろかった記憶もあるでしょう。
そして、その懐かしいスライムは、今もお子さんが喜んで遊んだりしていませんか?

このスライムを手作りする方法があります!
お子さんと一緒に作ってみませんか?

ここでは、シェービングフォームを使ったスライムの使い方を紹介します。
食感はまるでふわふわとしたマショマロのようですよ!

【材料】

  • ホウ砂約5g
  • PVA洗濯のり100cc
  • 水100cc
  • シェービングフォーム適量、
  • ボウル(紙コップでも)
  • 割り箸などのかき混ぜ棒

【作り方】

  1. 水と洗濯のりをボウルに入れて混ぜます。
  2. ボウルにシェービングフォームを適量入てください。そしてやさしく混ぜましょう。
  3. 分量外の水50ccにホウ砂を入れてホウ砂水溶液を作り、それをボウルに入れて混ぜましょう。

そして混ざり合ったら完成です!

ちょっと旦那さんのシェービングフォームを借りて、このたまらない感触のふわふわとしたマショマロのようなスライムを作ってみてください!

シェービングフォームスライムの作り方!ベタつき時には

たまらない感触のスライムの作り方を知って、実際にシェービングフォームを使ってスライムを作ってみても、そのシェービングフォームスライムがベタつく時はどうしたらいいのでしょうか?

スライムが手についたり、スライムがなかなか固まらないと、困っていますよね?スライムが手についてベタベタしているなんて、全く楽しめません。

そんな時は「コーンスターチ」を使ってみましょう。

ベタつくシェービングフォームスライムに、コーンスターチ大さじ1ぐらい入れてみてください。これでスライムが固まりやすくなります。

また、シェービングフォームスライムが固まらない時は、ホウ砂の代用品のコンタクト液を使用するとちゃんと固まるようです。
この作り方も下記で詳しく紹介しますね。

ホウ砂を使わないスライムの作り方!シェービングフォームでふわふわ

シェービングフォームにホウ砂の代用品のコンタクト液を使う事で、ちゃんと固まるとお伝えしました。
そのホウ砂を使わないでコンタクト液を使用し、シェービングフォームスライムを作る事ができる理由は、コンタクトの洗浄保存液にはホウ砂が入っているからです。
ホウ砂が入っていないコンタクト洗浄保存液もあるので、成分を確認してください。

作り方は、PVA洗濯のりを1、シェービングフォームを4の割合でかき混ぜてください。そして、コンタクトレンズ洗浄液を適量加えるだけで出来上がりです。

もう少し柔らかくしたいという場合は、柔らかさを調節することができますよ。
水を少しずつ入れながら、お好みの柔らかさにしてください。

また、もっともっとスライムをふわふわにしたいのなら、シェービングフォームを加えてみてくださいね!

もちもちスライムにビースやラメを入れてもOK

旦那さんのシェービングフォームを使ってたくさんスライムを作っていると、もうそろそろシェービングフォームがなくなって怒られても困るので、違うタイプのスライムを作ってみましょうね。
もちもちとしたスライムに、ビースやラメを入れて作ってみませんか?

【材料】

  • PVA洗濯のりか透明な水のり120ml
  • お湯120ml
  • 重曹大さじ1
  • コンタクトの洗浄液大さじ1ぐらい
    その他、お好みでビーズやラメを用意してください。
    また先程も言いましたが、コンタクトの洗浄液はホウ砂が入っているか確認してくださいね。

【作り方】

  1. ボウルに洗濯のりとお湯を入れて混ぜてから、 重曹を加え混ぜます。
  2. そこに、ビーズやラメを入れましょう。
  3. そして、ンタクトの洗浄液を少しずつ加え混ぜます。
  4. コンタクト洗浄液の量は大さじ1と言いましたが、お好みでOKです。

まだまだ柔らかいなと思っていても、良く混ぜるとだんだん固くなってくるので、手で触ってみたりして固さを調整しましょう。
これで完成です!

すごく伸びてもちもちのスライムが出来上がりますよ。

これもとても簡単に作る事ができるので、お子さんと一緒に作れますね。

手作りスライムは長期保存できるの?

せっかく作ったスライムは長期保存できた方がいいですよね!

しかし、スライムを作ってからその感触が楽しくてたくさん触っているうちに、スライムが臭くなる事があります。

その主な原因は、細菌やカビの繁殖によるものでしょう。

スライムの感触がクセになってたくさん触り手垢もつきます。
そして、周囲の環境からの微物がついたりもします。
スライムを長時間放置したらカビが生えてきたという声も聞きました。

スライムが臭くなったり、カビを生やさないように、雑菌の繁殖のスピードを抑えたいものですよね。

そのためには、手垢がつかないようにして手袋をつけて触るようにしたり、つばが飛ばないようにマスクを付けたり、スライムを作る時に使用する道具を殺菌したりすると良いのかもしれませんが、こんな事はハッキリ言って難しいでしょうね。