注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

リボンの簡単かわいい手作りヘアゴムの作り方!不器用さんもOK

手作りのヘアゴムでリボンをモチーフにしたものは女の子らしくて可愛いですよね。
リボン一つで顔の印象まで違って見えてきます。
リボンはお気に入りの余った布で作るのもいいですし、好きな洋服と雰囲気を合わせて作るのもおすすめです。
小さなものなので、ちょっとした隙間時間に作れるのも嬉しいですよね。

簡単で可愛いいろいろなリボンの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

押し花のしおりの作り方!ラミネートや牛乳パックを使う方法

押し花を綺麗な状態で保存したいと思ったら、押し花でしおりを作って保存する方法がおすすめです。押し花で...

湿気取りのための重曹の賢い使い方!効果的な置き場所

ジメジメとした季節には、部屋の中の湿度が気になります。お部屋の湿気取りには重曹が効果的、という話を聞...

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

洗濯物のハンガーが飛ばないようにする方法やアイテムを紹介

洗濯物のハンガーが飛ばないようにするにはどうしたらいいのでしょうか? そこまで風強くない日でも...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。 そのままにしていると、見た目も良くない...

ペーパードライバーの練習方法とは?一人でするときのポイント

ペーパードライバーが練習を一人でするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 何から...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

家の中の探し物が見つからない時の効果的な探し方のルール

あるはずの物が、家中どこを探しても見つからない、という経験をしたことがある方は多いと思います。 い...

車のプラスチック、樹脂パーツが白くなる理由と対処方法

車のプラスチック部分だけが白くなる、色あせてしまったように見えることありますよね。 白くなるの...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

黒ずみ【ひじ・ひざ】手軽に解消できる!簡単ケアと予防法を紹介

ひじやひざには古い角質が溜まりやすく、気がつくと年齢とともに黒ずみになってしまうことがあります。そん...

スポンサーリンク

余った布で作るリボンの手作りヘアゴム

リボンのヘアゴムは、余った小さなハギレでも作ることが出来るのでとてもおすすめです。
また、一部分を汚してしまったお気に入りのハンカチやお洋服をリメイクして作ることも出来ますよ。

リボンは本体の生地と、中央に回す2枚の生地で作ります。

作りたいリボンのサイズに合わせて用意しますが、作りたいリボンのサイズの2倍の大きさに縫い代分1cmを加えたサイズで用意します。

縦5cm×横11cmのリボンの場合には、縦(5cm×2+1cm)×横(11cm×2+1cm)となり、縦11cm×横23cmの生地を用意しましょう。

リボン中央に使う生地のサイズは、希望の幅の2倍に縫い代1cmで考えます。
また、長さはリボン本体の生地の縦幅と同じ長さに揃えます。
中央の生地はリボンの真ん中をクルリと1周させますから、同じ長さにしておけば間違いなく足りることになります。

幅2.5cmくらいで中央のラインを包みたい時には、2.5cm×2+1cmで6cmの幅が必要になりますね。

中央に使う生地のサイズは、幅6cm×長さ11cmで用意しましょう。
他にヘアゴムも用意します。

  1. リボン本体の布を長い辺を合わせるように中表に折ります。
  2. 端から5mmのラインを縫います。
  3. 縫い代をアイロンで割って、縫い目が外側の真ん中のラインにくるように表に返します。
  4. 半分に折って、端から5mmのラインを縫いましょう。
  5. ひっくり返して、短い辺の縫い目が中央に来るようにたたみ、真ん中部分をずれないように縫い止めます。
  6. リボンの形を作って、中央部分を糸で巻いて固定します。
  7. リボンの中央の生地もリボン本体と同様に筒状にしましょう。
  8. リボン中央の生地の短い辺を1cmほど縫い目側におり、アイロンをかけます。
  9. リボン本体の中央にヘアゴムを挟んで巻き付けて、折りたたんだ側が上になるようにします。
  10. お好みに合わせてキツさを調節して、余分な生地は切り取ります。
  11. まつり縫いして止めたら完成です。

リボンをフェルトにすると簡単にできる手作りヘアゴム

先ほどは布でリボンを作る方法をご紹介しましたが、布ではなくフェルトを使う方法もあります。

フェルトは布とは違って、切り口からほつれることが無いので切りっぱなしで使うことが出来ますから、とても扱いやすいのです。
お裁縫が苦手という方には特におすすめです。
とっても簡単なので、子供と一緒に作ることも出来ますよ。

先ほどの布のリボンと同じように、リボン本体に使うフェルトと中央に巻きつけるフェルトを用意します。

先ほどと同じサイズで作る場合、リボン本体は縦5cm×横11cm、リボン中央は幅2.5cm×長さ11cmで用意します。

  1. リボン本体のフェルトを長い辺をあわせるように半分に折ってから、両端を折り返してリボンの形を作ります。
  2. 中央部分に糸を巻いて固定しましょう。
  3. リボン中央のフェルトを、リボンの真ん中部分に巻いてヘアゴムも通し、裏側でまつり縫いします。

中央に巻くフェルトをリボンとは違う色にしたり、リボンテープなどを使っても可愛いですよ。

リボンの中に綿を入れてフワフワに!ぷっくり手作りヘアゴム

リボンのヘアゴムはいろいろなタイプのものがありますが、ぷっくりとしたリボンも可愛いですよね。
ボリュームのあるリボンは、カバンなどにつけても可愛いですよ。

今回も縦5cm×横11cmのリボンでご紹介します。

リボン本体の生地は横だけを2倍にして縫い代として2cm追加します。
縦は縫い代分1cmだけを足しましょう。
ですから、縦6m×横24cmの生地を用意します。

リボン中央の生地は、少し細めの方がかわいいと思ったので、はじめにご紹介したリボンよりも少し細めの、幅4cm×長さ11cmで用意しました。
お好みによって変えていただいてかまいません。

他にヘアゴムと綿を用意してください。

  1. リボン本体の生地の両端の短い辺を内側に5mm折ってアイロンをかけます。
  2. リボン本体の長い辺の真ん中に印をつけて、真ん中に両端が来るように中表にたたみます。
  3. 両端が1cm弱重なるようにしましょう。
  4. 上下の長い辺を端から5mmのラインで縫い合わせます。
  5. 表にひっくり返して、中央の部分から左右のリボン部分にお好みの量の綿を入れます。
  6. 真ん中を縫いとめてます。
  7. リボンの形を作って、真ん中を糸で固定しましょう。
  8. リボンの中央の生地を、筒状にします。
  9. リボン中央の生地の短い辺を1cmほど縫い目側におり、アイロンをかけます。
  10. リボン本体の中央にヘアゴムを挟んで巻き付けて、折りたたんだ側が上になるようにしてまつり縫いします。

レースを使うと上品なイメージに

リボンを作る材料は、布やフェルトだけではありません。
リボンテーブも使えますよ。
リボンの幅によって、作れるリボンの大きさが変わります。

特におすすめはレースのリボンテープです。
上品な雰囲気に仕上がるので、結婚式や発表会などにもぴったりですよ。

基本的な作り方は今までと同じです。
布のように筒状にする必要が無いので、作りたいリボンの幅に縫い代1cmを追加した長さのリボンテープを用意しましょう。

これまで同様に、縦5cm×横11cmのリボンを作る場合には、幅5cmのリボンテープを23cm用意します。
中央に巻きるけるリボンテープはお好みの幅で1周できる程度の長さを用意します。

作り方はこれまでとほぼ同じです。

  1. 本体のリボンの両端が1cm程度中央で重なるようにたたみます。
  2. リボンの形に整えて、糸を巻いて固定しまう。
  3. 中央用のリボンを巻いてへゴムを通して、端をまつり縫いしたら完成です。

フェイルと同じくらい簡単にできますし、使うリボンテープによってキュートなリボンも上品なリボンも作ることが出来ますよ。
いろいろな柄や幅のリボンテープがあるので、選ぶ作業も楽しめます。

手作りのヘアゴムやヘアアクセサリーで必要な道具

リボンなどのヘアゴムを作る時に、必ず必要になるのがヘアゴムです。
はじめから輪っかになっているゴムの方が手間なく仕上がりも綺麗なのでおすすめです。
しかし、たくさんのヘアゴムを作る場合にはもっとも安くすませたいと思いますよね。
そんな時には、紐状のヘアゴムでお好みのサイズの輪っかになるように結んで使いましょう。

ヘアゴムで使う時には、結び目が中央の生地の下になるようにして隠します。
使っているとズレてきてしまうので、気になる方は中央で結び目を固定しましょう。

ヘアゴムを作る時に、無くても大丈夫だけど、あると便利なものもあります。

  • グルーガン
    ホットボンドと呼ばれることもありますが、樹脂の棒を熱で溶かしてボンドとして使います。
    冷めると固まるので、接着するまでに時間がかかりませんし、透明なのでとても便利です。
    仮止めにも使えますし、リボンテープでリボンの中央を巻くなら、縫わずにグルーガンで止めることも出来ます。
  • 両面テープ
    布を仮止めしておく時に便利です。
    たとえば、中央の巻きつける布は片方の端を内側に折り返しておきますが、ここで両面テープを使えば、アイロンが必要ありません。
  • ウーリー糸
    リボンを作る時には、形を整え中央を糸で固定します。
    このときに面倒なのが、縛って固定したり、ボンドで固定しなくてはいけないことです。
    しかし、ウーリー糸なら5周くらいキツく巻くだけで、糸が絡み合って取れなくなるのです。
    リボンをたくさん作る時には、とても便利なアイテムです。

手作りのヘアゴムにはオリジナリティーを出そう

最近はヘアゴムも安価で可愛いものが手に入りますよね。
ありきたりなリボンのヘアゴムなら買ったほうが安い場合もあります。

せっかく作るなら、オリジナリティー溢れるヘアゴムを作りましょう。
手芸店などに行くと、たくさんのビーズやチャームが売られています。
100円均一ショップでもいろいろなアイテムが手に入りますよね。

シンプルなリボンでも、ビーズやチャームをつけるだけで一気にオリジナリティー溢れる可愛い作品に変わります。
ラインストーンなどもおすすめです。

また、リボンにつけるのではく、丸カンなどを使ってゴムに直接取り付けるのもおすすめですよ。
キラキラと揺れる飾りは、女心をくすぐりますよね。
一気に大人っぽい雰囲気になりますよ。