注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

車のプラスチック、樹脂パーツが白くなる理由と対処方法

車のプラスチック部分だけが白くなる、色あせてしまったように見えることありますよね。

白くなるのはプラスチックの白化が原因で、長く車を使用していると、どうしても発生してしまう仕方のないことです。

しかし白化してしまったからといって、対処方法がないわけではありません。定期的にお手入れをして白化が進まないようにすることは可能です。

プラスチック、樹脂パーツのお手入れ方法について紹介をいたしますので、是非参考になさってみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

一人暮らしが不安な30歳女子は今がはじめるタイミング

一人暮らしが不安で30歳になっても今だに実家暮らしの女性もいるでしょう。 では、実家から出て一...

フレーム修理して車に乗ってもいいが破損が激しい場合は考えよう

フレームのちょっとした歪みくらいなら、わざわざ車を修理しなくても問題ないのでは?と思っていませんか?...

足の裏がだるい時、ちょっとした不調を解消する方法

足の裏がだるい… この不快感を解消したい! だるいのはやっぱり血行不良ですよね。 マッ...

観葉植物のベンジャミンを剪定する理由とそのコツを教えます

観葉植物の中でも人気のベンジャミン。初心者の人でも育てやすいと言われていますが、剪定が必要となってい...

花束のラッピングは簡単です!おすすめのラッピング方法とコツ

花束のラッピングは一見難しそうに見えますが、コツさえわかれば実は簡単にできます。そこで、誰でも簡単に...

傘の生地の再利用方法!生地の外し方とおすすめリメイク

傘の骨が折れてしまった場合には、ゴミとして処分する方がほとんどだと思います。 特に小学生のお子様な...

ポリエステル100%コートの特徴や欠点、コートを選ぶポイント

コートを選ぶ時、素材もチェックしていますか? ポリエステル100%のコートもありますが、あなたが4...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

モルタルの玄関は後悔しやすい?モルタルのメリット・デメリット

モルタルの玄関にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか? 後悔しない玄関作りには、...

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのかの目安

花束を贈る場合には、どのくらいの予算で作りたいのかということによって、花束のボリュームが変わってきま...

入学式の服装とは?母親におすすめなスーツと着こなし

子供の入学式で母親はどんな服装で行けばいいのでしょうか?卒園式に着たワンピースでは地味すぎる? ...

スポンサーリンク

車のプラスチックが白くなる白化について

車を長年愛用していると、プラスチック部分が白く変色してしまうことがあります。真っ黒だった部分がグレーに見えるなんて事ありませんか?それがまさしく白化です。
なぜ白化が起こるのでしょうか?
それは車のパーツの樹脂部分、プラスチック部分には塗装が施されていないため、太陽の光(紫外線)を浴び続けることで、劣化が進んでしまうことにあります。

温度変化も白くなる原因の1つ

外に車をおいている時間が長い場合は、経年劣化での白化は仕方がないことと言えるでしょう。

白くなる車のプラスチック部分が磨くだけで良くなることも

車のプラスチック部分、未塗装の黒いパーツがグレーに白化してしまったら、使用に問題はありませんが、見た目が悪くなりますよね。白化が目につくだけで、急に車が古く感じてしまいます。

ではどうしたら良いのか?黒く戻す方法はあるのかが気になるところです。

メラミンスポンジである程度の黒さを取り戻すことが可能

メラミンスポンジは購入せずとも、お家に買い置きがある方も少なくないのではないでしょうか。

方法はメラミンスポンジで、白くなったプラスチック部分を磨くだけ!

しかしこの方法、注意点も存在します。メラミンスポンジが汚れを落とす原理は、研磨と同じ、薄く汚れを削り取っていると考えてください。

そのため、塗装面をこすってしまうと塗装やコーティングを剥がしてしまうことになります。

車のプラスチック部分にメラミンスポンジを使用する場合は、塗装面には触れないようにマスキングをして予防を行ってください。

またメラミンスポンジを使ってこする作業は、なかなか根気が必要です。それなのにせっかく黒さを取り戻したプラスチック部分は、また紫外線や温度変化によって白化を繰り返してしまいます。

白化を防ぎたい場合は、メラミンスポンジをつかった後、さらにコーティングを施すことを考えてみてください。

車の白くなる部分の対処方法!プラスチックの艶出しも効果あり

上記したように、プラスチックの表面をメラミンスポンジでこすった白化の対処方法は、また時間が絶つと白化を繰り返します。白化を防ぐためには、その上にコーティングをすることが必要となるのです。

ホームセンターやカー用品店では、車のビニール部分やプラスチック部分の表面を保護する、艶出し剤が販売されています。

艶出し剤をしっかりとプラスチック部分に塗り込み、白化防止のコーティングを施しましょう。

白化をしていないプラスチック部分にも、白化防止として有効

白化は外に駐車する時間が長い、紫外線や雨風にさらされると仕方のない現象ですが、それを防ぐことは可能です。

直接白化する条件にされされないように、黒さが保っているうちに予防を行うことをおすすめします。

プラスチック部分の白化を対処する際の注意点

ブラスチック部分の白化を防止するコーティング剤、艶出しについてご紹介をしましたが、こちらもメラミンスポンジ同様に使用する際には、注意点が存在します。

メラミンスポンジは塗装面をこすってしまうとコーティングが落ちてしまったり、塗装が薄くなってしまうので注意をするようにとお話をしました、艶出し剤も同じ様に他の部分に付くと、問題が生じる場合があります。

例えばフロントガラスなどのガラス面に付いた場合は、油膜となってしまい、雨の日などは前が見にくくなる可能性があります。

必ず使用するコーティング剤の注意点は確認をし、マスキングをするなど注意に沿った予防をなさってください。

プラスチック部分の白化予防法

プラスチック部分の白化は防ぐことができないかと言うと、そうではありません。

白化には原因が存在しているので、原因をなくすることによって白化も防ぐことができます。

紫外線や雨風、温度変化の少ない場所で車を保管すること

原因が紫外線など、自然の環境に置くことで生じるのなら、車の保管場所を変えると良いことがはっきりとわかります。

車庫に入れて紫外線や雨風、急な温度変化から車を守ることで、プラスチック部分の白化を遅らせる防止することが可能になります。

しかし車は車庫に入れっぱなしと言うわけにはいきません。出先で屋外におくことも日常的です。もし仕事先の駐車場が屋外の場合は、お家に車庫があっても一日の大半を紫外線を浴びたまま放置することになります。

未塗装部分のプラスチックを、コーティングして直接白化する条件にさらされないように予防をする

白化を防ぐことが可能です。しかしコーティングの持ちは、それぞれによって違いがあります。

購入したコーティング剤に合わせて、定期的な塗布が必要となりますのでご注意をしてください。

車の白化は仕方がないと諦めていた方は、上記の方法を試してみてください。車のプラスチック部分の黒さが蘇ると、なんだか車も新しくなったように感じて、さらに車のお手入れに身が入るかもしれません!

メンテナンス次第で、新車のような輝きを取り戻すことも無理ではありません。