注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ミントの葉っぱが乗ったケーキやスイーツのミントは食べるのOK

ケーキなどのスイーツの上にミントの葉っぱが乗っていることがありますが、このミントは皆さんどうしていますか?
「食べる?」、「食べない?」悩むことも多いと思いますが、多くの方は食べずによけているという方が多いのではないでしょうか?

しかし、ミントは食べられるものなので、臭いが苦手じゃない方は食べても大丈夫ですよ。
ミントの種類や食べ方などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボーイスカウトのキャンプ料理に悩む人必見!簡単料理を教えます

ボーイスカウトのキャンプの時は、保護者のお母さんたちが料理を作ることが多いでしょうが、その献立に悩み...

料理を盛り付けるコツとは?すぐにでも真似できる盛り付けのコツ

「料理の盛り付けのコツが知りたい!」その気持よくわかります。 味に自信があっても盛り付け方が下手だ...

豚バラはお弁当に入れると脂が固まる、対処方法とレシピを紹介

豚バラをお弁当に入れたいけれど脂が固まる、白くなるからなかなか入れることができない、そんなときに役立...

西京漬けの味噌は捨てない。使い回し出来る回数とアレンジレシピ

ご飯のおかずやお弁当に入れても美味しい西京漬け。 西京漬けの残った味噌はどうしていますか。味噌は捨...

フライドポテトの作り方!冷凍すると美味しさアップ

フライドポテトはお子様も大人も大好きな1品です。 ちょっとしたおやつにも良いですし、お料理の付け合...

ナスとズッキーニとトマト缶で作る夏野菜たっぷり簡単レシピ

夏野菜のナスやズッキーニはトマトとの相性が抜群。手軽に作りたいという時には、トマト缶を使うのが便利で...

ナスのさっぱりレシピ。レンジで作る簡単美味しいおかず

夏野菜の代表のひとつにナスがあります。ナスは夏の食卓にはよく登場する野菜です。 また、暑い日には食...

トマトソースの保存は瓶詰めが楽ちん保存方法や保存期間

トマトをたくさんいただいたときには、トマトソースを作っておくといいですよね。そんなときに家庭でもしや...

シフォンケーキ作りに失敗してもリメイクでおいしく食べれます

シフォンケーキを作ったものの、膨らみすぎたり型から出す時にうまくだせなかったりすることもありますよね...

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい口当たりのおかずにするコツ

冷めても美味しいがお弁当のテーマだと思います。 牛肉は、繊維がしっかりしているので調理法を間違...

冷凍ポテトは揚げないでも食べられる!?ポテトの作り方

冷凍のポテトを揚げないでポテトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?油を買い忘れたとき、足りないとき...

卵と牛乳で作る簡単アイスクリーム!手間なし美味しいレシピ

アイスクリームは買ってくるもの、そう思っている方も多いと思います。家でアイスクリームを作る場合には、...

オリーブオイルの作り方は簡単?さっそく作ってみませんか

自分の家の庭で育てたオリーブの木からオリーブオイルを作ったら、新鮮で美味しそうですよね。 でも...

夕飯のレシピにおすすめな子供が喜ぶメニューについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、大人中心で考えてしまうと、子供が食べない可能性があります。 ですので、見...

【シリコン型でお菓子作り】基本的な使い方とコツを教えます

シリコン型を使えば、焼き菓子からシャーベットなどの冷凍のお菓子までいろいろ作れると言われていますよね...

スポンサーリンク

ケーキなどの上にあるミントの葉っぱは食べるか悩む人が多い

ケーキにちょこんと乗っているミントの葉っぱ、みなさんこの葉っぱのことをどう思いますか。

鮮やかな緑色のミントの葉が白い生クリームに栄え可愛らしく、見栄えがとても良いですよね。

しかし、このミントの葉っぱは「食べるもの?」「ただの飾り?」と迷ってしまうことがありませんか。
気にせず無意識のうちに皿の端によけているか、食べてしまっているかどちらかな人が多いと思います。
ですがふとした時に、ケーキにミントの葉っぱが乗っている本来の意味を不思議に思ったりしますよね。

ミントは食べる?

飾りで色合いを鮮やかにする効果はもちろん、甘いケーキと一緒に食べることが胃もたれしにくかったり、リフレッシュする効果があるんですよ。

抵抗なく食べられる人は気にせずケーキと一緒に食べて構いません。
味が苦手な方は無理して食べる必要あありませんのでお皿の端によけると良いでしょう。

食べることができるミントの葉っぱの種類

ミントの葉にはいくつかの種類があり、特徴や適している食べ方が異なりますので、ミント好きな方は知っておくと役に立つことがあるかもしれませんね。

スペアミント

香りが柔らかく生の茎や葉を利用して爽やかな香りを楽しむハーブティーがオススメです。
ケーキの上に乗っているのもスペアミントです。栽培する場合は状態良く保つと翌年にも目が生え収穫可能です。

ペパーミント

ミントの中で最もミント特有のスースー感があります。
ガムやアイス、料理、ミント水などの香り付けに適しています。
私達が食べるミント味のものは、きっとこのペパーミントが多く使用されている可能性があります。

アップルミント

これらのミントと比べアップルミントの葉は毛で覆われてデコボコしている表面が特徴的です。
甘くまろやかな香りを楽しむことができます。
サラダ、焼き魚や肉の添え付けやソースなどに混ぜて使われる事が多いです。
あまり熱を加えると苦味や臭いが強くなってしまうので、熱を加えない使い方をします。

いずれもシソ科のハッカ属の多年草であり、プランターなどで簡単に育てることができ、いざという時に便利です。

ミントの葉っぱを牛肉と一緒にミントソテーとして食べると風味がアップ

ハーブが好きな方はプランターで育て料理に活用している人が多いと思いますが、スーパーで買ってきてまであまり料理にミントを使うことはありませんよね。

ですが、いつもの食卓にミントを少し加えることでとても香りがよく、家族の食欲も湧いてきますよ。

例えば牛肉のステーキや薄切りをオリーブオイルとミントの葉に漬けて時間を置き、にんにくやブランデー、塩コショウで炒めるといった料理でも、いつもの食卓に少し変化をつけることができます。

お好みでレモン絞ったり、ミントの葉を乗せれば見た目にもアクセントをつけることが出来ます。

ミントは好きだけど使い方がわからない人が多いと思いますが、特に難しい調理法ではありませんので試してみてくださいね。

肉や魚によく使用するのはペパーミントですので覚えておいてくださいね。

ミントソーダは暑い夏にもおすすめ

毎年夏は暑くて夏バテ寸前。
アイスやかき氷、ラムネなど冷たい物でなんとかしのいでいる人も多いでしょう。

そんな時にミントを使用したミントソーダがオススメです。
リンゴジュースとソーダ水(1:1)にすりこぎで叩いたミントの葉を入れるだけです。
氷をたっぷり入れて冷やして飲むと最高です。

爽やかなミントの香りが心を癒やす

胃のムカムカや気分をリフレッシュする効果がありますので、夏には必須なアイテムの1つですよ。

またストレスが溜まっている時、眠たい時なんかもミントの摂取は効果がありそうですね。
ミント味のガムや飴があるのもその効果を利用しているんですよ。

なかなかミントの葉っぱを食べる事がないと思いますが、プランターで栽培しておくといつでも食べられて便利ですよ。

初心者でも育てやすいミントはプランター栽培もOK

プランターでミントの葉っぱを栽培することは前述でもオススメしていますが、ミント栽培で手間がかかるのは、最初の準備だけですよ。

準備を整え、苗を植えてしまえばどんどん生えてきます。
初心者でも簡単に栽培することが可能です。

苗は長いものよりも元株が何本も分かれているものを選び、必ず裏に虫や斑点状の物がついていないか確認してください。
意外と斑点状に病気がちになっているミントの葉もありますので注意してくださいね。

また、ミントは繁殖力が強くどんどんと生えてきます。
他のハーブと混ぜて栽培することは避け、植える苗の数にも注意しましょう。

準備するものはネット検索すればすぐにでてきますのでチェックしてくださいね。

ミントが乗っているだけで華やかな見た目に変わる!一緒に食べてしまおう

ミントの葉っぱはお菓子や料理の飾り付け、付属品、脇役、そんなイメージが強い食材ですが、ミントも立派な食材です。

ケーキに添えてあるミントはあるのとないのでは見栄えもグンと変わり、甘いケーキにミントの香りのスースー感、とても重要な役割を果たしているのです。

ミントが苦手な方は無理に食べる必要はありませんが、なんとなくよけて食べている方はぜひケーキと一緒に食べてみてください。
甘いケーキと清涼感あるミントを一緒に食べるその一口が今までにない味わいで病みつきになりますよ。

できれば、最後の一口か中間でミントと一緒にケーキを食べると良いですね。

ミントの葉っぱは脇役ながらとても重要な役割を果たしてくれていることを実感できますよ。