注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

時短アイデアで忙しい朝のお弁当作りを乗り切る簡単常備菜レシピ

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変です。なるべく時短してお弁当ることができれば、バタバタした朝を過ごすことも少なくなります。

ここでは、忙しい朝のお弁当作りを時短するアイデアと、お弁当におすすめのレシピについてお伝えします。大切な家族のために、美味しいお弁当作ってあげましょう。

お弁当作りを時短して、なおかつ美味しいお弁当を作ることができれば、家族も自分も笑顔になることができます。

朝の時間を有効活用できるように、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピザをお弁当としてランチに!崩れない持って行き方のコツ

お弁当や持ち寄りパーティーにピザを持っていく場合には、どのように持ち運べばよいのでしょうか? ...

夕飯作りを簡単に!美味しいレシピと時短・節約術を解説

仕事をしているママたちは、毎日の夕飯作りをできるだけ簡単に、しかも美味しい料理を作りたいと考えるもの...

バーベキューでご飯を炊くとき失敗しない美味しく炊けるコツ

バーベキューでご飯を炊くなら失敗せずに美味しく炊きたいものです。 アウトドアでご飯を飯ごうや鍋...

冷凍エビフライをレンジで美味しく調理!揚げない簡単調理法

エビフライは、夕食のおかずにもお弁当のおかずにも人気の一品ですよね。 特に冷凍のエビフライは、後は...

余っているたこ焼き粉を使って子供が大好きなおやつにアレンジ

使いきれなかったたこ焼き粉が、余ってしまっていることありませんか?封を切ってしまうと粉ものでも、なる...

休日の夜ご飯はホットプレートで決まり。人気メニューが集合

休日くらいはご飯支度は簡単に済ませたいものですね。 夜ご飯の献立に困ったら、ホットプレートを使って...

じゃがいもは皮付きが美味しい。基本の洗い方や便利な方法とは

じゃがいもは皮付きが美味しいと思いませんか。 じゃがいもや野菜の皮には沢山の栄養分が含まれてい...

料理を盛り付けるコツとは?すぐにでも真似できる盛り付けのコツ

「料理の盛り付けのコツが知りたい!」その気持よくわかります。 味に自信があっても盛り付け方が下手だ...

ケーキのクリームの絞り方のポイント。デコレーションのコツ

自宅でケーキを焼いて、生クリームでデコレーションをしても、なかなかお店のような仕上がりにはなりません...

ニジマスの刺身のさばき方とは?コツをつかんで美味しく食べよう

釣ってきたニジマスは塩焼きにして食べる人が多いと言われていますが、刺身として食べる場合はどのようにさ...

食パン1斤を丸ごとグラタンに!器も食べられる絶品パングラタン

一般的なパングラタンは、切った食パンをグラタン皿に入れて具材の一つとしてパンを使いますよね。 最近...

納豆を常温で発酵させると更に美味しい?納豆の効果的な食べ方

納豆を食べる時は、常温に戻して発酵させてから食べた方が美味しさなどがUPするという話を聞いた事がある...

ナスを炒める際にはアク抜きが不必要?アク抜きの必要性について

ナスはアクがある野菜、料理に使用する前には、アク抜きが必要だと思っている方が多いと思います。 ...

冷凍ポテトは揚げないでも食べられる!?ポテトの作り方

冷凍のポテトを揚げないでポテトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?油を買い忘れたとき、足りないとき...

豚ひき肉とキャベツを使った晩ごはんに食べたいボリュームレシピ

豚ひき肉とキャベツは王道の組み合わせ。冷蔵庫に豚ひき肉とキャベツがある時には、これを使って晩ごはんの...

スポンサーリンク

忙しい朝お弁当レシピ・丼弁当で簡単美味しいお弁当作り

子供や夫のお弁当作りでまだ眠たい体にムチ打ちながら毎朝早く起きて頑張っている人は多いでしょう。

お弁当の時間を楽しみにしている家族の顔を思い浮かべながら、お弁当を作るのは「頑張ろう!」という意欲も湧きますが、毎日のことなのでちょっと大変でもありますよね

特に、朝は洗濯物や出かける準備、片付けなどでただでさえ短い時間でやることが詰まっているため、お弁当作りにそれほど時間を割けないという人もいるでしょう。

実際、私も朝は出かけるギリギリまで何かしら準備や掃除をしている状態です。
そのため、お弁当づくりをいかに簡単に、でも手抜きにならない栄養バランスの取れた内容にするのかはとても重要です。

丼タイプのお弁当箱がおすすめ

そのように考えると、「丼」スタイルのお弁当は簡単な上、上記のような栄養バランスもバッチリなお弁当です。

ご飯と丼の具材を分けて入れるタイプの弁当箱を使えば、昼食べる時にご飯の上に具材を乗せて食べられるので、汁気が染み付いたご飯にならずに済みます。

おかずとご飯を一緒に食べられるので、食べる人にとっても嬉しく、作る側のメリットがたくさんあります。

おかずが少なくてもOK!お弁当作りを時短するにはご飯に工夫をするのもおすすめ

お弁当には、ご飯を食べるためにおかずが欠かせません。

毎日お弁当を作る場合は、”前の日のおかずとなるべくかぶらないようにする”などの工夫をしているという人もいるのではないでしょうか。

お弁当箱に詰める時には、隙間が出ないように具材を詰め込まなくてはいけないので、おかずも何種類か作る必要があります。

特に、1人分のお弁当を作る場合には、少量のおかずを何種類か作らなければいけないので、手間も時間もかかりがちです。

作り置きおかずを使って時短でお弁当

その点、時間に余裕がある時におかずを作り置きすることで、作り置きしたおかずからお弁当に詰めるだけなので、時間が大幅に短縮出来るというメリットがあります。

野菜のきんぴらや漬物、肉巻きや煮物など、味付けの濃いものは作っておくと、何日かは冷蔵庫で保存すれば日持ちがするので、まとめて作っておいてお弁当に詰める時に使う分だけ温めて使うようにすると、朝におかずを作る時間が必要なくなるので、時短でお弁当を作ることが出来ますよ。

時間がある前日の夜や、休日にまとめて作っておくと、お弁当のおかずとしてだけではなく、夕食のおかずにも活用できて便利です。

お弁当作りを時短するコツ・常備菜や作りおきの冷凍レシピを活用しよう

お弁当に入っている卵焼きは、お弁当の彩りにもなり、栄養もあり、冷めても美味しく食べられるため、定番おかずのひとつです。

私もお弁当を作る時には、必ず入れるのが卵焼きです。
ただ、卵焼きは目玉焼きのようにただ焼くだけではなく、薄く焼いた卵液をくるくる巻きながら焼くため、時間がかかるのが難点です。

お弁当におすすめ「煮玉子」

ゆで卵を作り、醤油ベースのタレに1日程度漬け込んでおくだけで、中まで味が浸透し、美味しいおかずになります。

ゆで卵を半熟状で作ることで、さらに黄身がトロッと柔らかくなり、美味しさもアップしますよ。

シンプルな味が好みなら、ゆで卵を作ったら、殻付きのまま濃い目の塩水の中に浸し、1~2日置いておくと、塩味が効いた美味しいゆで卵になります。

ゆで卵にすることで、4~5日は冷蔵庫で日持ちするので、便利なおかずになります。

常備菜でお弁当作りを時短しよう!簡単常備菜のレシピ

鶏むね肉は、もも肉よりも脂肪分が少ないので、ヘルシーでかつ、良質なタンパク質が摂取できる万能な材料です。

値段も安めなので、まとめ買いして冷凍しておくことがおすすめです。

鶏むね肉を使った「鶏ハム」は簡単に出来る上に、同時にスープも出来るという便利なおかずで、我が家でも定期的に登場するおかずのひとつです。
  1. 鶏むね肉に付いている皮をあらかじめ取り除き、袋の中で砂糖と塩を鶏むね肉にしっかりとなじませたら、そのまま一晩程度冷蔵庫で寝かせます。
  2. 鍋にお湯を沸騰させたら、中に鶏むね肉を入れ、蓋をした状態でやや弱めの火力で30分茹でて、茹で終わったらその状態でしばらく置きます。
  3. この予熱で中までじっくり火が通り、ジューシーな鶏ハムになります。

そのまま切り分けて食べても良いですが、好みのソースを作ってかけて食べても美味しいです。

すぐに食べない時には、1回食べる分に切り分けて、冷凍庫で保存すれば日持ちのするおかずになります。

茹で終わったお湯は、塩コショウで味を整えてネギなどを散らしたら美味しい鶏出汁のスープになります。

電子レンジで簡単調理・みんなが喜ぶにんじんで作る常備菜

彩りにもなるにんじんの常備菜をお弁当に

にんじんの赤色は、茶色系のおかずが多くなりがちなお弁当の中では鮮やかな彩りおかずになります。

にんじんの甘辛煮や炒めものは、保存容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、数日は持つ常備菜になります。

朝のお弁当作りには時間をかけられないという場合は、時間に余裕がある夜や夕ご飯を作る時にまとめて作ると、便利です。

お弁当のおかずとしてだけではなく、食事の付け合わせとしても使えるので、活用の幅も広がります。