注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

納豆を常温で発酵させると更に美味しい?納豆の効果的な食べ方

納豆を食べる時は、常温に戻して発酵させてから食べた方が美味しさなどがUPするという話を聞いた事がある人もいますよね。

納豆を食べる時に常温の場所に置くとなぜ良いのでしょうか。美味しく納豆を食べる方法にはどんな物があるの?

そこで今回は、納豆を食べる時に常温で発行させると良いと言われる理由と納豆の栄養についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

牛肉の脂身の使い道とは?安いお肉が高級お肉風に大変身

牛肉の脂身にはどんな使い道があるのでしょうか?なんだか扱いが難しそうな牛脂ですが、実は料理に使うと簡...

ホットケーキミックスとヨーグルトでふわふわパウンドケーキ

そのまま焼いても美味しいホットケーキミックス。我が家の冷蔵庫にもストックされています。 そして...

豆乳は冷凍後に解凍して飲むことはNG?凍ったまま食べよう

豆乳を買ったものの、余ってしまうこともありますよね。 そこで冷凍保存を考えますが、豆乳は冷凍保...

アジの刺身の美味しい食べ方を一挙に公開!オススメレシピとは

みなさんはアジの刺身を生姜醤油で食べることが多いと思います。 たまには違った味付けで食べてみた...

夕飯のレシピは悩まない!豚肉を使ったメインの一皿をご紹介

夕飯のお助けメニューのレシピ、持っていますか? 冷蔵庫に必ず常備しておく野菜と豚肉を組み合わせ...

冷凍御飯を使ったリゾットレシピ。簡単和風リゾットの作り方

ご飯がたくさんある時や、休日のランチなど、リゾットを作ることもあると思います。リゾットは和風の味付け...

野菜スティックで大根が辛い時の対処法!お店の味に近づける方法

お店で食べる野菜スティックやコンビニで売っている野菜スティックは美味しいですよね。 しかし、家で作...

【生クリームの作り方】牛乳から簡単に作る方法とおすすめレシピ

料理レシピに「生クリーム少量」と書かれている場合、そのために生クリーム1パックを買っても余ってしまい...

シフォンケーキ作りに失敗してもリメイクでおいしく食べれます

シフォンケーキを作ったものの、膨らみすぎたり型から出す時にうまくだせなかったりすることもありますよね...

【本格的なラーメンの作り方】 鶏ガラからスープを作ってみよう

お店で食べるラーメンって本当においしいですよね。そのスープを自分で作ることができたら、家でも食べれる...

お家で簡単アイスを作ろう!混ぜるだけで作れるアイスのレシピ

暑くなると冷たいものが恋しくなりますよね。お家の冷凍庫にアイスを常備している方も、多いのではないでし...

時短アイデアで忙しい朝のお弁当作りを乗り切る簡単常備菜レシピ

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変です。なるべく時短してお弁当ることができれば、バタバタした朝を過ご...

カレーにチーズをトッピングするベストなタイミングを教えます

カレーのトッピングの中でもチーズは人気がありますが、専門店のような溶け具合にするためにはどうしたらい...

ナス嫌いにおすすめなレシピ。子供向けの味付けや見た目で一工夫

とろりと焼けたなすは、ジューシーで美味しいと思いませんか? ですが、子供たちには不人気なこともあり...

スポンサーリンク

納豆は食べる前に常温で発酵させると良い

納豆は常温で食べると良い

そう言われていますが、なぜ常温にこだわるのでしょうか?それには体に良いと言われる納豆に含まれる、ナットウキナーゼが関係しています。

ナットウキナーゼは人間の体にとって良い効果をもたらす事が知られています。

しかしこのナットウキナーゼは熱に弱いのです。ですから炒めたりして70度以上の熱を加えてしまうと、せっかくの体に良いと言われる効果が低下してしまうのです。

そのため、納豆は常温で発酵を進ませて食べると良いとされています。

納豆は熱々ご飯の上にはのせないで

納豆を調理しなくても炊きたての御飯にかけてしまうと、同じような作用がナットウキナーゼに起こるので、注意をしてくださいね。

納豆チャーハンや納豆パスタが大好物という方は、調理をしている最中に直接火にかけることはやめて、皿に盛った後粗熱をとってから仕上げとして混ぜ込むようにすると、熱が加わらずに栄養素のままに美味しい納豆料理を食べることが出来ます。

納豆は常温で20分発酵!夜食べるほうが更に良い

納豆の栄養成分ナットウキナーゼが熱に弱いというお話をしましたが、逆にどうしたらナットウキナーゼを効率よく摂取することが出来るのかもご紹介いたします。

納豆は寝かせて食べる

1つ目は買ってきたばかりの納豆よりも、冷蔵庫で2~3日寝かせた納豆を食べること!冷蔵庫で寝かせることによってナットウキナーゼの成分が増えるので、より多く摂取することが出来ます。

納豆は事前に冷蔵庫から出しておく

そして2つ目は冷蔵庫から出して、20分ほどしてから食べましょう。常温で納豆の発酵が進み、ビタミンKが増えてより栄養を体に取り入れることが出来ます。

最後は納豆を食べるなら朝よりも夜です。納豆は朝ごはんのお供というイメージがありますが、納豆には成長ホルモンの分泌を促すアルギニンが含まれています。

成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されていることはよく耳にしますよね。夜に納豆を食べることで成長ホルモン分泌の手助けにもなり、またナットウキナーゼの効果で寝ているときに固まりやすい血液をサラサラにしてくれ、まさに一石二鳥なのです。

常温発酵以外にもあった!納豆の効果を引き出す納豆の食べ方

常温で食べると納豆は発酵が進み、さらにナットウキナーゼなどの成分が増します。

その他にも納豆の良い効果を引き出すためにはいくつかのポイントがありました。

冷蔵庫で寝かせた納豆を食べること、納豆は朝よりも夜に摂取というのも納豆の効果をより引き出すことが出来ます。

そして、納豆の食べ方としてよく耳にするのが、混ぜ方ではないでしょうか。

よく混ぜて粘りを出せば出すほど旨味成分のグルタミン酸が全面にでてきて、美味しく食べることが出来るのです。

しっかりと納豆が糸を引くまで混ぜるのがポイントですよ。

ちなみに納豆をずーっと混ぜると、そのうち逆に糸をひかなくなる事を知っていましたか?何事もやりすぎは禁物!ちょうどよい美味しさがピークのところを見極めましょう。

納豆を常温の場所に長時間放置するのはNG

納豆菌は製品になっても生きている

納豆は発酵しているから常に常温保存でOKと思っている方もいますが、結論からいうとNGです。

納豆はお店で購入してからも発酵が進みます。そして暖かい時期に常温で保存してしまうと、さらに発酵が進みアンモニア臭がするようになり、納豆本来の味わいが損なわれてしまいます。

納豆のパッケージに表示されている通り、10度以下の場所で保存を行ってください。そして意外と賞味期限が短いことも頭に入れておいてくださいね。

ちなみに納豆は保存食ではありません。昔は持ち運びに便利な食品とされていて、携帯食という概念で食されていました。

勘違いをしてしまうと、納豆を美味しく食べることが出来ないばかりか、品質も損なわれしまいますので注意をしましょう。

自分で納豆を手作りする時の作り方

手作り納豆の材料や作り方のポイント

大豆を使った調味料の味噌を手作りすることが出来るように、納豆も自分で作ることが出来ます。

材料は大豆、そして市販の納豆、鍋や保存容器が必要です。市販の納豆を使うのは納豆菌を使用するためです。

納豆の作り方を簡単に説明すると、大豆は水に浸して十分にふやかし、その後鍋で煮ていきます。

煮上がった大豆に熱湯をかけた納豆をよく混ぜ込んで、バットなどの容器に広げて、その後一日放置をして冷蔵庫でさらに熟成をさせれば、納豆の出来上がりです。大豆を煮るときは圧力鍋を使用すると時間が短縮できます。

このようにして納豆を自分で手作りすることは可能ですが、納豆や大豆に関しての知識がないと美味しい納豆を作ることが出来ません。

また上手に発酵させることも、なかなか難しいものです。作り方を間違えてしまうと納豆にならずに無駄にしてしまうかもしれませんので、自分で手作りするときは知識のある方と一緒に行ってくださいね。

道具を使用する場合も、しっかりと保存に適すように殺菌や除菌をすることも忘れずに行いましょう。