注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

電子レンジでクッキーが焼ける?オーブンを使わない焼き方を紹介

クッキーを手作りするとなると、オーブンがなくてはダメ。そう思ってしまいませんか?実は意外とオーブンがなくても、クッキーを焼くことができるんですよ。

ここでは電子レンジを使って焼く、簡単手軽なクッキーのレシピや焼き方、またトースターやフライパンを使った焼き方についてもご紹介をいたします。

量りを使わずに計量スプーンを使って作る方法なら、小さなお子さんとでもお菓子作りを楽しむことができますね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

煮込みハンバーグの余ったソースのリメイクアイデアをご紹介

子供たちのリクエストで煮込みハンバーグを作っても、ソースだけ余ってしまうことがありますよね。 ...

オクラ・納豆・めかぶのネバネバ三兄弟の美味しい簡単レシピ

ネバネバ食材が体に良い事は皆さん知っていますよね。 ネバネバ食材といえば、オクラ・納豆・めかぶです...

ドーナツは簡単揚げない焼きドーナツがおすすめ!お家で手作り

ドーナツは子供も大人も大好きなおやつです。 ただ、一般的なドーナツは油で揚げて作るので、揚げる...

ニジマスの刺身のさばき方とは?コツをつかんで美味しく食べよう

釣ってきたニジマスは塩焼きにして食べる人が多いと言われていますが、刺身として食べる場合はどのようにさ...

ピーマンの天ぷらの衣が剥がれない裏ワザとカラッと揚げるコツ

せっかく天ぷらが上手に出来たと思っても、なぜかピーマンの衣が剥がれてピーマンと衣だけになってしまいま...

余っているたこ焼き粉を使って子供が大好きなおやつにアレンジ

使いきれなかったたこ焼き粉が、余ってしまっていることありませんか?封を切ってしまうと粉ものでも、なる...

【韓国のソウルフード!キンパの作り方】本場のキンパをご紹介

韓国のキンパをご存知ですか?見た目は日本の海苔巻きにそっくり!しかし味付けや入っている具に違いがあり...

ナスを炒める際にはアク抜きが不必要?アク抜きの必要性について

ナスはアクがある野菜、料理に使用する前には、アク抜きが必要だと思っている方が多いと思います。 ...

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいい?梅干しの干し方とは

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいいのでしょうか?また、雨が降ってきたときにはどうしたらいいのでしょ...

野菜スティックで大根が辛い時の対処法!お店の味に近づける方法

お店で食べる野菜スティックやコンビニで売っている野菜スティックは美味しいですよね。 しかし、家で作...

カレーが翌日に水っぽい原因とシャバシャバカレーの救済方法

前日に作ったカレーを次の日に食べようとすると、カレーが水っぽくなっているということはありませんか? ...

ミントの葉っぱが乗ったケーキやスイーツのミントは食べるのOK

ケーキなどのスイーツの上にミントの葉っぱが乗っていることがありますが、このミントは皆さんどうしていま...

【時短レシピ】忙しい主婦向け簡単なのに美味しいメインのおかず

仕事で帰りが遅くなる主婦は、夕食作りは時間との戦いです。急いで準備をしている横で、子供たちからは「お...

重曹で消臭剤を手作りしたい!その作り方は

重曹は、料理や掃除に使えることは広く知られていますが、消臭剤としても有効に力を発揮します。 ですの...

チーズソース好きにはたまらない絶品美味しいパスタレシピ

コクのあるチーズソースはチーズ好きにはたまらないソースです。チーズソースをたっぷり味わうならパスタが...

スポンサーリンク

材料が3つ揃えばOK!電子レンジで作るクッキーレシピと焼き方のコツ

たった少しの材料と電子レンジを使って簡単にクッキーが作れるのでここでご紹介します。
食べたいと思ったらすぐに作れるので便利です。

材料はたった3つだけの簡単電子レンジクッキー

  • 小麦粉(薄力粉)
  • 砂糖
  • サラダ油(これをマーガリンに変えてもOKです)
  1. 材料が揃ったら、ボウルでしっかりとまとまるまで混ぜましょう。
    生地は好きな形にしてください。
    あまり分厚いと熱の通りが弱いこともあるので注意しましょう。
  2. 後は電子レンジで2分程度加熱すると出来上がりです。

混ぜてまとめて焼くだけで完成するのでとても簡単です。

電子レンジで加熱するときのコツとして、ターンテーブルやお皿に並べるときには、横に並べておかずに、丸く縁取るようにならべ、真ん中には置かないようにします。
そうすることで、熱が真ん中のクッキーに集中しないので焦げる失敗が少なくなります。

材料は3つですが他に用意するものとして、ココアやドライフルーツを使ってみるのもいいでしょう。
そうすることで違う味や食感を楽しめるのでおすすめです。

子供と楽しめる量りがいらない電子レンジクッキー、焼き方と生地作りのポイント

もっと簡単!子供と作れる電子レンジクッキーの作り方

材料が3つだけでさらに計量も簡単なのでぜひ作ってみてください。

材料は先ほど紹介したように薄力粉、砂糖、サラダ油の3つだけです。
各材料は計量スプーンを使うので、数字が読めない子供でも上手に量ることができるのでチャレンジしてみてくださいね。
分量は薄力粉大さじ5に対して、砂糖が大さじ3です。
作る量を増やすときには薄力粉と砂糖を同じ率で増やしてください。

薄力粉や砂糖を量ったら、ボウルで混ぜます。
サラダ油はまずは大さじ2程度入れるようにします。
計量スプーンで量るため粉の量にばらつきがあるので様子を見ながらサラダ油の量を調節しましょう。
目安として、混ぜてまとめた時にきちんとまとまることに注意しましょう。
粉が多くパサつくときにはサラダ油を足し、その逆のときには薄力粉を足してください。味をつけるために、ココア等の粉類を入れるときにはサラダ油の追加が必要になるでしょう。

まとまった生地を好きな形にして電子レンジで加熱します。
できたてはとても熱いので、子供が触ってやけどをしないように注意しましょう。

ヘルシーなおからクッキーも電子レンジで! 焦げてしまう場合の焼き方

クッキーは美味しいけれどおやつに沢山食べるのには体型などの変化が気になりますよね。
そんなときはヘルシーなおからを使ったクッキーを作ってみましょう。

おからには食物繊維がたくさん含まれているのでクッキーに入れてしまうことで手軽に摂取することができますよ。
また、おからを使った料理は子どもには好まれませんよね。
ですが、クッキーに入れることで美味しく食べてくれるのでおすすめです。

出来上がりの食感はサクサクしていて軽いのでとても食べやすいです。
ですが、電子レンジで加熱をする時に焦げやすいので、普通のクッキーを焼くときよりも注意が必要です。

一度加熱して焦げてしまった場合に考えられる原因としていくつかあります。
様々な電子レンジがあるので、同じ時間加熱しても物によっては加熱時間が多い場合があります。
ですので、そういった場合には加熱時間を少なくして、足りない時に少しずつ追加していくようにします。

また、600Wで加熱していたところを500Wにして加熱することでクッキーが焦げてしまうことを防ぐこともできます。

何度か作ることで適度な加熱時間を見つけましょう。

オーブンも電子レンジも不要なトースターで作るクッキー

オーブンや電子レンジもあるけど、他の料理に使っていてクッキーを焼くのに使えないときにはトースターを使ってクッキーを焼いてみましょう。

トースターにも付属の天板があると思うので、それにクッキングシートを引いて形成した生地をのせて焼きます。

トースターはワット数や温度が設定できるものもあるので、高くしたときには焼き時間は短く、低く設定した時には長く焼くようにしましょう。
グラタンをトースターで焼いた時に加熱途中でチーズが焦げてしまいそうなときに、アルミホイルをかけて焼き上げますよね。

それと同様にクッキーをトースターで焼くと加熱途中で焦げる可能性があるので、焼き始めたら時々様子を見るようにします。
そして、焦げそうであればアルミホイルをのせて最後まで焼きましょう。

焼き方のコツがわかるとフライパンでもクッキーが焼けます

家では電子レンジやトースターを使って簡単にクッキーを作れますが、夏休みにキャンプに出かけたときなど電化製品が使えないときにはフライパンを使ってクッキーを焼いてしまいましょう。

電子レンジやトースターよりは焼く時間がかかってしまいますが、コツをつかめば香ばしくおいしいクッキーが作れてしまいます。

フライパンクッキーの焼き方のコツ

  • 焼き方は弱火
    フライパンでクッキーを焼くときには、必ず弱火で焼きましょう。
    それ以外の火力で焼くと生地に火が通る前に焦げてしまいます。
  • 両面焼くとおいしい
    フライパンは下からしか熱がこないので、焼き色をつけたい場合には裏返して両面焼きましょう。
    両面を焼くと、食感も片面よりはしっかりしたものになります。
    あまり焼き色をつけたくないときには、片面を焼く方法でも問題ありません。