注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

左利きの文字をきれいに書く方法やポイントをご紹介

左利きの人が苦労する文字の書き方、きれいに書くにはどのようなことを意識したらいいのでしょうか?また、どんな練習をしたらいいのでしょう。

左利きだから字が汚くても仕方ないと決めつけるのはもったいないです。きれいな字をかくコツやポイントを知ればきっと素敵な字が書けるようになるでしょう。

文字をきれいに書く方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

車を買うなら何月がおすすめ?もっとも狙い目なのは決算月

新車を買うならなるべく安く買いたい、じゃ何月がいいの?と思う方も多いのではないでしょうか。 車...

オリーブが枯れたけれど復活はできます。その期間と方法を紹介

オリーブは乾燥には強いですが、水は欲しがります。水が少ないと葉っぱが黄色くなったり落ちてしまいます。...

傘の生地の再利用方法!生地の外し方とおすすめリメイク

傘の骨が折れてしまった場合には、ゴミとして処分する方がほとんどだと思います。 特に小学生のお子様な...

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

着物のオークションで失敗しないためのポイントについて徹底解説

着物を楽しみたい女性にとって、一般の着物専門店よりも安く購入できるオークションはとても魅力的に映るで...

洗濯物を守るベランダ用雨よけカバーのメリットや選び方をご紹介

洗濯物を雨から守る、ベランダ用雨よけカバーをご存知ですか? 晴れた日に洗濯物をベランダに干すこ...

便箋を入れる封筒を手作り!周りと差がつく可愛い封筒の作り方

便箋を入れたり、ちょっとしたメモを渡す時に使用する封筒。可愛いものが沢山販売されていますが、簡単に手...

押し花の作り方とは?しおりにするときのコツとポイント

押し花でしおりをきれいにおさめたいときにはどのような作り方が適しているのでしょうか? 押し花の...

色を混ぜると黒になるのはナゼ?黒く見える理由について

色をどんどん混ぜると黒になるのはどうしてでしょうか?子どもに聞かれてたときには、このように説明してあ...

多肉の寄せ植えを仕立て直しするときの手順やポイントをご紹介

寄せ植えしている多肉植物の背丈がバラバラになってきたら、仕立て直しのタイミングと言えるでしょう。 ...

ポリエステルのアイロン失敗のテカリを目立たなくする方法

ご主人のスーツや子供たちの制服などにアイロンをかけた時に、テカってしまった事やテカリが気になったこと...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

【エプロンをハンドメイド】子供用・大人用の作り方を教えます

子供用エプロンを買いにいっても、なかなか気に入ったものが見つからないというママも多いでしょう。 ...

重曹で消臭剤を作ろう!トイレの消臭方法と重曹を使った掃除方法

なかなか消えないトイレの嫌な臭いは、重曹を使って作る消臭剤で臭いを解消することができます。 重...

スポンサーリンク

左利きの人が文字をきれいに書くにはコレを意識してみましょう

左利きの人は右利きの人に比べ文字が書きづらいですよね。

ハネや払い、曲線、書き順なんかは全て右利き専用に作られたのかというほど書きづらいような気がします。
そのため文字も丸文字になってしまったり、少し癖が付きがちになってしまいますが左利きの人でも努力と意識次第では文字をきれいに書くことは可能です。

習字で習う硬筆の練習と同じように、お手本になる文字をよく見て何度も練習します。
最初は上手く払いやハネが出来ないかも知れませんが、毎日続けていくと上達していきます。
自己流ではなく必ずお手本を見て意識してくださいね。

苦手な文字、好きな文字、単語、好きな文章、なんでもいいのでノートに綺麗に書く練習をしていきましょう。

左利きでも文字はきれいに書けるようになります

「文字が汚いけど左利きだから仕方ない」と諦めているあなた…。諦める前に努力はしましたか、努力せずに掴めるものなどありませんよ。
左利きでも努力次第で文字をきれいに書くことが可能なんですよ。左利きというハンデをぶち破ってみませんか。

最初からひらがなや漢字はレベルが高いという方は、まず○△□を綺麗に書けるように練習します。
そこから直線曲線、ひらがな、漢字という順にレベルアップさせていきましょう。

文字をきれいに書くためには書き順も大切です。
左利きの人は文字の先を右から左に書いたり、1画を2画などに切り分けて書いてしまう傾向があります。

また曲線が苦手なため文字が不格好になってしまったりバランスがとれず大きさもバラバラになってしまいがちですので、マスや行がついたノートを使うことをオススメします。

左利きの人は文字が書きにくい。きれいに書くには苦手意識をなくしましょう

左利きの人にとったら、なぜ世の中は右利きの人のために整った環境なのか不思議でしょう。

左利きの人に比べ右利きの人が圧倒的に多い世の中です。
ノートや黒板は左利きには書きづらい見づらい書き方をし、ハサミは右利き専用が一般的で、文字の書き順や作り、全て右利き基準で考えられたのでしょう。

しかし、このような世の中であっても諦めればそこまでです。
一昔前は左利きは何かと不便だからと幼い頃に右利きに変えられる子が多かっったですが、現代は「それも個性」と認識されそのまま左利きで大きくなる子が多いようです。
そんな時代だからこそ、「左利き=文字が汚い」というのはもはや時代遅れな考えのような気がします。
「文字がきれいになりたい」という願望があるなら、「左利きだから」という苦手意識をなくしましょう。

右利き、左利きにとらわれず、練習するのみです。

左利きの文字をきれいに書くためのポイント

右利きの人が文字を書く時は左に線を引っ張る、引くという感覚ですが、それは左利きの人にとったら鉛筆で押しながら線を書いていく感覚になります。

そのため筆圧が強くなったりするのが特徴ですので、筆圧が強くならない感覚を掴むことが大切です。

また左から文字を書き進めていくので左手が擦れて汚くなりますが、スペースを広めに確保しノートの角度をずらして汚くなるのを防ぐ効果、またノートをまっすぐした時に比べ文字が書きやすいことがわかると思います。

姿勢は左利きであっても変わりません。

書きやすいように姿勢を崩すのではなくノートやペンなどのアイテムを工夫する事がポイントですよ。

左利きの人でノートの角度をずらしている人が多いのは書きやすくするためにあえてそうしているんですよ。

左利きの人が文字を書くときに紙を汚してしまうのを防ぐ方法

前述で述べましたが、左利きの人は文字を書き進めていく時に必ず手が擦れて汚くなりますね。

書いた文字に触れないようにノートの角度をずらしたり、擦れる部分を浮かして書く、ペンを選んで購入したり、なにか工夫をする必要が必ずでてきます。

擦れる部分を浮かして書くにはとても大変ですが浮かして文字を書く左利きの人を多く見かけます。
またインクが出やすいペンなどは左利きには大敵ですよね。
擦れて書いた文字が伸びて汚れて、大事な書物をしているときなんかイライラしてしまいます。

世間は左利きは文字が書きづらいというイメージはイメージ通りですが、それも慣れですよね。
左利きでもいかに文字をきれいに書けるようになるか、それはあなた次第であって決して不可能ではないのです。

あなたの努力次第で左利きでもきれいな文字が書ける

文字が書きづらい、きれいな字が書けない、これが左利きの人のコンプレックスでもあります。
生きていく上で文字を書く機会は山程あります。それをコンプレックスであり続けるのは疲れませんか。

「左利きだから…。」というネガティブな固定概念を捨ててみましょう。

左利きにコンプレックスを持ちつつも大人になってから右利きに変えるという困難な選択はきっとないですよね。

だとしたら物事を工夫し左利きのポイントやコツなどの術を身に付るとそのコンクレップスはなくなるでしょう。

努力して夢のようなきれいな文字を手にいれましょう。文字を書く事が楽しい人生を自分の手で掴んでみましょう。