注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

左利きの文字をきれいに書く方法やポイントをご紹介

左利きの人が苦労する文字の書き方、きれいに書くにはどのようなことを意識したらいいのでしょうか?また、どんな練習をしたらいいのでしょう。

左利きだから字が汚くても仕方ないと決めつけるのはもったいないです。きれいな字をかくコツやポイントを知ればきっと素敵な字が書けるようになるでしょう。

文字をきれいに書く方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コガネムシの駆除には自作ペットボトルトラップが効果的です

お庭の花の天敵であるコガネムシ。その駆除方法には薬剤を使う人も多いようですが、お花のことを考えるとな...

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えてい...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

入学式の服装とは?母親におすすめなスーツと着こなし

子供の入学式で母親はどんな服装で行けばいいのでしょうか?卒園式に着たワンピースでは地味すぎる? ...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

油汚れには重曹?セスキ炭酸ソーダ?油汚れはこれで掃除

油汚れを落としたいときには重曹を使うべき?それともセスキ炭酸ソーダ? できるだけ簡単に落とした...

フェルトボールの作り方!石鹸水で作る基本の手順とアレンジ方法

かわいくコロコロとしたフェルトボールは石鹸水や洗剤を使って、自分で作ることができます。 ハンドメイ...

北側玄関だって花壇は楽しめる!北側玄関で花壇を作るポイント

花壇は光が降り注ぐ場所で楽しむイメージがあるので、家の玄関が北側だと、花壇は作れないのかと思ってしま...

海外の海へ行く時の貴重品はどうする?安心出来る管理の方法

家族で初めての海外旅行。家族旅行といえばハワイやグアムなど人気ですが、海で遊ぶ時に心配なのが貴重品の...

漏電ブレーカーが上がらない原因と対処法!漏電放置は危険です

漏電が原因でブレーカーが落ち、ブレーカーが上がらない状態にしていると生活が不便になってしまいます。 ...

スライム作りでシェービングフォームがない場合の代用になるもの

シェービングフォームを使ったスライム作りが人気ですが、シェービングフォームが家にない場合もあると思い...

バラの消毒をするときの方法とは?ポイントや注意点を紹介します

バラの消毒をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バラの消毒をするタイミング...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

【色に関する漢字を使った名前】男の子におすすめの名前をご紹介

生まれてくる赤ちゃんが男の子だとわかったら、色に関する漢字を使った名前を付けたいと考える人も多いでし...

スポンサーリンク

左利きの人が文字をきれいに書くにはコレを意識してみましょう

左利きの人は右利きの人に比べ文字が書きづらいですよね。

ハネや払い、曲線、書き順なんかは全て右利き専用に作られたのかというほど書きづらいような気がします。
そのため文字も丸文字になってしまったり、少し癖が付きがちになってしまいますが左利きの人でも努力と意識次第では文字をきれいに書くことは可能です。

習字で習う硬筆の練習と同じように、お手本になる文字をよく見て何度も練習します。
最初は上手く払いやハネが出来ないかも知れませんが、毎日続けていくと上達していきます。
自己流ではなく必ずお手本を見て意識してくださいね。

苦手な文字、好きな文字、単語、好きな文章、なんでもいいのでノートに綺麗に書く練習をしていきましょう。

左利きでも文字はきれいに書けるようになります

「文字が汚いけど左利きだから仕方ない」と諦めているあなた…。諦める前に努力はしましたか、努力せずに掴めるものなどありませんよ。
左利きでも努力次第で文字をきれいに書くことが可能なんですよ。左利きというハンデをぶち破ってみませんか。

最初からひらがなや漢字はレベルが高いという方は、まず○△□を綺麗に書けるように練習します。
そこから直線曲線、ひらがな、漢字という順にレベルアップさせていきましょう。

文字をきれいに書くためには書き順も大切です。
左利きの人は文字の先を右から左に書いたり、1画を2画などに切り分けて書いてしまう傾向があります。

また曲線が苦手なため文字が不格好になってしまったりバランスがとれず大きさもバラバラになってしまいがちですので、マスや行がついたノートを使うことをオススメします。

左利きの人は文字が書きにくい。きれいに書くには苦手意識をなくしましょう

左利きの人にとったら、なぜ世の中は右利きの人のために整った環境なのか不思議でしょう。

左利きの人に比べ右利きの人が圧倒的に多い世の中です。
ノートや黒板は左利きには書きづらい見づらい書き方をし、ハサミは右利き専用が一般的で、文字の書き順や作り、全て右利き基準で考えられたのでしょう。

しかし、このような世の中であっても諦めればそこまでです。
一昔前は左利きは何かと不便だからと幼い頃に右利きに変えられる子が多かっったですが、現代は「それも個性」と認識されそのまま左利きで大きくなる子が多いようです。
そんな時代だからこそ、「左利き=文字が汚い」というのはもはや時代遅れな考えのような気がします。
「文字がきれいになりたい」という願望があるなら、「左利きだから」という苦手意識をなくしましょう。

右利き、左利きにとらわれず、練習するのみです。

左利きの文字をきれいに書くためのポイント

右利きの人が文字を書く時は左に線を引っ張る、引くという感覚ですが、それは左利きの人にとったら鉛筆で押しながら線を書いていく感覚になります。

そのため筆圧が強くなったりするのが特徴ですので、筆圧が強くならない感覚を掴むことが大切です。

また左から文字を書き進めていくので左手が擦れて汚くなりますが、スペースを広めに確保しノートの角度をずらして汚くなるのを防ぐ効果、またノートをまっすぐした時に比べ文字が書きやすいことがわかると思います。

姿勢は左利きであっても変わりません。

書きやすいように姿勢を崩すのではなくノートやペンなどのアイテムを工夫する事がポイントですよ。

左利きの人でノートの角度をずらしている人が多いのは書きやすくするためにあえてそうしているんですよ。

左利きの人が文字を書くときに紙を汚してしまうのを防ぐ方法

前述で述べましたが、左利きの人は文字を書き進めていく時に必ず手が擦れて汚くなりますね。

書いた文字に触れないようにノートの角度をずらしたり、擦れる部分を浮かして書く、ペンを選んで購入したり、なにか工夫をする必要が必ずでてきます。

擦れる部分を浮かして書くにはとても大変ですが浮かして文字を書く左利きの人を多く見かけます。
またインクが出やすいペンなどは左利きには大敵ですよね。
擦れて書いた文字が伸びて汚れて、大事な書物をしているときなんかイライラしてしまいます。

世間は左利きは文字が書きづらいというイメージはイメージ通りですが、それも慣れですよね。
左利きでもいかに文字をきれいに書けるようになるか、それはあなた次第であって決して不可能ではないのです。

あなたの努力次第で左利きでもきれいな文字が書ける

文字が書きづらい、きれいな字が書けない、これが左利きの人のコンプレックスでもあります。
生きていく上で文字を書く機会は山程あります。それをコンプレックスであり続けるのは疲れませんか。

「左利きだから…。」というネガティブな固定概念を捨ててみましょう。

左利きにコンプレックスを持ちつつも大人になってから右利きに変えるという困難な選択はきっとないですよね。

だとしたら物事を工夫し左利きのポイントやコツなどの術を身に付るとそのコンクレップスはなくなるでしょう。

努力して夢のようなきれいな文字を手にいれましょう。文字を書く事が楽しい人生を自分の手で掴んでみましょう。