注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

簡単朝ごはんレシピ!子供が喜ぶ忙しい朝におすすめレシピ

毎日の朝ごはんはできるだけ簡単に済ませたいですよね。そこで、子供も食べやすい簡単朝ごはんのレシピをご紹介します。
朝は、時間を掛けずに、でも栄養も気になる、という方が多いと思います。簡単にできるのに、栄養も取りたい、そんなママにおすすめのレシピです。
また、お子様の中には、あまり朝食を食べてくれないというお子様もいます。食の細いお子様への対処法もご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

牛肉の脂身の使い道とは?安いお肉が高級お肉風に大変身

牛肉の脂身にはどんな使い道があるのでしょうか?なんだか扱いが難しそうな牛脂ですが、実は料理に使うと簡...

豚ひき肉を使った美味しい丼レシピ。ボリュームのある簡単丼

豚ひき肉はスーパーの安売りで多めに購入するということもよくありますよね。使い勝手の良いひき肉は、いろ...

ホットケーキミックスと水でマグカップケーキが簡単に作れる

忙しい朝やすぐにおやつを食べたいと言われたときにはホットケーキミックスさえあれば簡単に朝食やおやつを...

とろけるチーズソース!簡単に作れるレシピや人気のチーズソース

とろけるチーズソースが料理にたっぷり!見るだけで美味しさが伝わってきますよね。お店で食べるチーズソー...

ホットケーキミックスとヨーグルトでふわふわパウンドケーキ

そのまま焼いても美味しいホットケーキミックス。我が家の冷蔵庫にもストックされています。 そして...

オクラ・納豆・めかぶのネバネバ三兄弟の美味しい簡単レシピ

ネバネバ食材が体に良い事は皆さん知っていますよね。 ネバネバ食材といえば、オクラ・納豆・めかぶです...

アイシングクッキーの作り方!キャラも簡単に描く方法

アイシングクッキーはクッキー生地の上に、ぷっくりと可愛らしくアイシングが施されていて、プレゼントなど...

夕飯のレシピにおすすめな子供が喜ぶメニューについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、大人中心で考えてしまうと、子供が食べない可能性があります。 ですので、見...

【塩唐揚げの人気レシピ】むね肉を使ってもおいしく作れます

塩唐揚げを作る時はもも肉を使った方がおいしいことはわかっていても、値段を見るとむね肉でもおいしく作る...

バターをクリーム状にするコツとバターを早く常温に戻すコツ

バターをクリーム状にするにはコツがあります。 コツさえわかればすぐに滑らかなクリーム状になりますし...

煮込みハンバーグの余ったソースのリメイクアイデアをご紹介

子供たちのリクエストで煮込みハンバーグを作っても、ソースだけ余ってしまうことがありますよね。 ...

バターを手作り!牛乳で出来る簡単な作り方!フリフリするだけ

パン派の人や、お料理やお菓子作りには欠かせないバター。 値段も上がって品薄になっている時期もあ...

【韓国のソウルフード!キンパの作り方】本場のキンパをご紹介

韓国のキンパをご存知ですか?見た目は日本の海苔巻きにそっくり!しかし味付けや入っている具に違いがあり...

シフォンケーキ作りに失敗してもリメイクでおいしく食べれます

シフォンケーキを作ったものの、膨らみすぎたり型から出す時にうまくだせなかったりすることもありますよね...

冷凍ポテトは揚げないでも食べられる!?ポテトの作り方

冷凍のポテトを揚げないでポテトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?油を買い忘れたとき、足りないとき...

スポンサーリンク

子供向け簡単朝ごはんレシピ、温玉鶏そぼろ丼

朝ごはんのためだけに、忙しい時間帯におかずを用意するのは大変ですよね。さらに、ごはんとおかずに味噌汁もとなると、それだけ洗い物も増えてしまうことに。そんな、忙がしい朝には、ご飯もおかずもいっぺんに食べられる、こんな子供向け簡単どんぶりはいかがですか?

子供も朝からペロッと完食「鶏そぼろと温玉のっけ丼」

砂糖や醤油で鶏そぼろを作り、水溶き片栗粉で軽くとろみをつけたら、ご飯の上にのせます。これだけでも十分美味しいのですが、栄養や彩りを考えて、温泉卵をトッピングするのがおすすめです。手でちぎった焼海苔やいりゴマをのせても美味しくいただけます。

けっして食の細い子供ではないのに、どうしても朝ごはんはなかなか食が進まないというお子様も多いですよね。丼物なら簡単に作れるだけでなく、ご飯とおかずを一緒に食べてもらえるという効果も期待できます。

100均などで販売されているグッズを使えば、温玉作りも失敗いらずです。

朝ごはんに野菜も食べられる簡単ツナトースト

朝ごはんの定番中の定番メニューであるツナトーストも、子供が喜んで食べてくれるのはうれしい反面、それだけだと野菜不足が気になるところです。サラダをプラスするよりも、もっと簡単なこんなアレンジもあります。

朝ごはんにおすすめ。混ぜてのせて焼くだけ!「ツナと小松菜のチーズトースト」

あまり普段から小松菜が得意ではないお子さんには、まずは食べやすい葉っぱの部分を使ってみてください。刻んだ小松菜と軽く汁気を切ったツナ缶、マヨネーズを混ぜ、食パンの上にのせます。上からケチャップを格子状にかけたら、さらにピザ用チーズをたっぷりとのせて、トースターで焼くだけでOK。

前の晩に余ったゆで卵を、大きめに刻んでのせてもさらに美味しいです。

子供も喜ぶ簡単朝ごはん、スクランブルエッグ入りのホットドッグレシピ

パンとおかずを一緒に食べられる朝ごはんメニューと言えば、ホットドッグも忘れてはいけません。朝から具沢山の簡単ホットドッグを食べて、子供も大人も元気に一日をはじめましょう。

アレンジ自在な「お手軽ホットドッグ」が朝ごはんなら子供も喜ぶ

ウインナーを加熱(ボイルがおすすめ)している間に、スクランブルエッグを作っておきます。ホットドッグ用のパンにバターを塗り、レタスとスクランブルエッグをはさんだらウインナーをのせ、お好みでケチャップやマスタードをかけて召し上がります。

我が家の子供も、毎日の朝ごはんはとても時間がかかるのですが、このホットドッグを作った日は、気付けば完食していることが多いです。ホットドッグ用のパンは、先に軽くトースターで温めておくことで、さらに美味しくなります。チーズをはさめると、さらに栄養価も高くなるだけでなく、子供の食いつきも抜群に良くなりますよ。

時間のない朝に子供の朝ごはんを簡単に作るコツ

わざわざ朝ごはんをイチから用意するよりも、あらかじめ冷凍してあった食材や、作りおきおかずを活用することで、朝の支度が格段にラクになります。

野菜はスープで補う

生野菜はなかなか食べてくれない子供でも、スープや味噌汁に入れた野菜は食べてくれるという話もよく聞きますよね。コンソメを使って簡単野菜スープを作って冷凍しておくだけで、朝から野菜もたっぷり摂れます。

パンに飽きたら趣向を変えてみる

食パンにバターやジャムを塗って食べるのに飽きた時のために、手作りしておいた蒸しパンを冷凍しておくのもおすすめです。ホットケーキミックスを使えば、より簡単につくることができるのも嬉しいポイント。
蒸しパンの生地をいくつかに分けて、ペースト状にした野菜やきなこなどを混ぜることで、気になる栄養面も補うことができますよ。

和食党には作りおきが便利

前の晩ごはんの残り物に、作りおきおかずを足すだけで、朝ごはんの支度は完了です。味噌汁も多めに作っておけば、朝はあたためるだけで済むので、大幅な時短にもなります。

朝ごはんをあまり食べてくれない子供への対処法

よそのお子さんの話を聞くと、親は休みの日にゆっくりと寝ていたいのに、お腹が空いたと言っていつもの時間に起こしに来る子供もいれば、反対に目覚めが悪くてなかなか起きず、朝ごはんにもとても時間がかかるという子もいるようです。我が家の子供は完全に後者なわけですが、特に平日はあまりに朝ごはんの量が少ないため、お昼ごはんまでもつのかどうかと、心配していた時期もありました。朝が弱い子供や、朝からたくさんの量は食べられない子供にとっては、早く食べろ、たくさん食べろと急かされる朝ごはんの時間帯は、苦痛なものでしかないのかもしれません。

せっかく作った朝ごはんも、子供が食べてくれなければこちらもイライラしてしまいますよね。そうならないためには、時として諦めも肝心です。いくらたくさん食卓に並べてみたところで食べてくれないのであれば、ここは考え方を変えて、とりあえずお腹を満たせさえすればOKとしたほうが、親も子供もストレスがかからずに済むのです。

そんな時は、パパっと食べやすいおにぎりの中におかずを入れて、ごはんとおかずを一緒に食べさせるのがおすすめです。これなら時間をかけずにある程度お腹を満たすこともできます。おにぎりに果物を添えれば、朝ごはんとしては合格ではないでしょうか?

パンと牛乳だけでは物足らなくても、パンに具材をのせて焼いてしまえば、それも立派な朝ごはんです。明日からでもお試しいただけると嬉しいです。