注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

豚ひき肉とキャベツを使った晩ごはんに食べたいボリュームレシピ

豚ひき肉とキャベツは王道の組み合わせ。冷蔵庫に豚ひき肉とキャベツがある時には、これを使って晩ごはんのおかずを作りましょう。
そこで、豚ひき肉とキャベツを使った、晩ごはんに食べたい簡単ボリュームレシピをご紹介します。チャチャッと炒め物にするのも良いですし、キャベツをたっぷり使ったハンバーグもおすすめです。ご飯が進むこと間違いなしのレシピです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹がない時にベーキングパウダー代用は可能?黒豆の作り方

ご家庭で黒豆を煮る時は、重曹を使って作るのが一般的な方法です。自宅に食用の重曹がない場合、ベーキング...

ナスとトマトを使った野菜たっぷり美味しいカレーレシピ

冷蔵庫にナスとトマトがたくさんある時には、これを使って美味しいカレーを作りましょう。そこで、ナスとト...

豆乳は冷凍後に解凍して飲むことはNG?凍ったまま食べよう

豆乳を買ったものの、余ってしまうこともありますよね。 そこで冷凍保存を考えますが、豆乳は冷凍保...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

オクラ・納豆・めかぶのネバネバ三兄弟の美味しい簡単レシピ

ネバネバ食材が体に良い事は皆さん知っていますよね。 ネバネバ食材といえば、オクラ・納豆・めかぶです...

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい口当たりのおかずにするコツ

冷めても美味しいがお弁当のテーマだと思います。 牛肉は、繊維がしっかりしているので調理法を間違...

お赤飯に甘納豆を入れる場合は炊飯器で簡単に作れます

お赤飯と言えば小豆を使うものだと思っていた人にとって、北海道のお赤飯には甘納豆が使われていると聞いて...

豚ひき肉を使った丼ものを作るなら?子供も食べやすいレシピ

子供も食べやすい豚ひき肉の丼ものと言えば?子供が食べてくれるものを作るといつも同じような味付けになっ...

カレーにチーズをトッピングするベストなタイミングを教えます

カレーのトッピングの中でもチーズは人気がありますが、専門店のような溶け具合にするためにはどうしたらい...

簡単オカズの作り方!毎日摂取したい野菜のレシピをご紹介

毎日の食事作り、夕方になると何を作ろうか毎日悩んでしまいますよね。メインが決まっても副菜の野菜の、あ...

【本格的なラーメンの作り方】 鶏ガラからスープを作ってみよう

お店で食べるラーメンって本当においしいですよね。そのスープを自分で作ることができたら、家でも食べれる...

簡単朝ごはんレシピ!子供が喜ぶ忙しい朝におすすめレシピ

毎日の朝ごはんはできるだけ簡単に済ませたいですよね。そこで、子供も食べやすい簡単朝ごはんのレシピをご...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

冷凍ご飯を焼きおにぎりにアレンジ!フライパンで焼くコツ

冷凍ご飯が消費しきれずに、困ってしまう事ありませんか?冷凍してすぐに食べられれば、味も気になりません...

小麦粉で作る簡単クッキー!電子レンジを使ったレシピ

クッキーはお菓子作り初心者の方でも失敗の少ないお菓子ですよね。 クッキー作りはオーブンでなけれ...

スポンサーリンク

春雨でボリュームアップ、豚ひき肉とキャベツの炒めものレシピ

豚ひき肉とキャベツはどちらも使いやすい食材で、相性も良い食材です。
メイン料理の食材にももってこいの組み合わせですよ。

豚挽き肉とキャベツを炒めるだけで、美味しいおかずが完成します。

しかし、キャベツは炒めるとカサが減ってしまいますし、ひき肉もパラパラとしているのでどうしてもボリュームにかけてしまいますよね。

そんな時には春雨も加えてみてください。
食べやすいように片栗粉で少しとろみをつけるのもおすすめですよ。

味付けは中華味の素や鶏ガラスープの素を使って塩味か醤油味に仕上げるのがおすすめです。

炒め油にはごま油使ってくださいね。
中華風の味付けで、ご飯の進む一品になりますよ。

いつも炒めものだからたまには違う料理をと思った方は、この炒めものを具材に春巻きを作ってみてください。
いつもと同じ味付けでも、春巻きになるとまた違った美味しさに出会えます。
余った時のアレンジ料理としても役立ちますよ。

ピリ辛が美味しい豚ひき肉とキャベツの簡単レシピ

豚ひき肉とキャベツはベストコンビですよね。
炒めるだけでも美味しいメイン料理になります。

いつもの炒めものに飽きた時には、辛味を追加するのがおすすめです。
炒める前に豆板醤を小さじ1くらいいれるだけで、ぐっと味が引き締まって食欲そそるピリ辛の炒め物になりますよ。
暑い日にはあえて食べて欲しい一品です。

しかし、辛い食べ物は寒い日にも食べたくなりますよね。
そういう時におすすめなのが、トッピングする方法。

味噌味や豆乳味の鍋に、たっぷりの豆板醤とキャベツ、豚挽き肉を炒めてトッピングすると担々麺風の激辛鍋にすることができますよ。

また、お鍋ではなく麺類のトッピングとして使っても美味しいですよ。
温かい麺類はもちろん、冷たい麺の上にのせるのもおすすめです。

豚ひき肉とたっぷりキャベツを使ったハンバーグレシピ

ひき肉料理の代表格と言えば、ハンバーグですよね。
合挽肉を使って作るのが一般的ですが、豚ひき肉でも美味しくできますよ。

ハンバーグにみじん切りのキャベツをたっぷり加える

ヘルシーな仕上がりになります。

キャベツがたくさんあるなら、ハンバーグのタネをキャベツで包んで、ロールキャベツにするのもおすすめです。
しんなりと柔らかいキャベツとお肉の組み合わせは絶妙ですよね。
たくさんのキャベツを食べることができますよ。

味付けはシンプルにコンソメや本格的にトマトソースでも美味しいですよね。
また、ケチャップを使うとトマト風味にすることもできますよ。

ボリュームが欲しいという時にはキャベツ入りメンチカツ

小麦粉、卵、パン粉をつけて、カラリと揚げれば、メンチカツの完成です。
もちろん添えるのキャベツの千切りです。

ハンバーグのタネはアレンジが効くので、多めに作って翌日の調理を時短するのがおすすめです。

美味しいひき肉の選び方

豚挽き肉とキャベツを使ったレシピはアレンジ料理もできる優秀コンビですから、常備したくなった方もいらっしゃるかもしれませんね。

ところで、ひき肉をお店で買う時には、どのように選んでいますか?

ひき肉はお肉を挽いてあるので空気に触れる面が多く、どうしても他のお肉に比べて傷みやすくなります。
そのため鮮度の良いものを購入したいと思いますよね。

ひき肉の鮮度で選ぶ時のポイントはドリップ

パックに汁が溜まっているのは、挽いてから時間が立っている証拠ですから、避けたほうが良いでしょう。

もう一つ、お肉の色も気にかけてみましょう。

牛肉を含む合挽肉は鮮やかな赤色、豚肉は鮮やかなピンク色、鶏肉は綺麗なピンク色のものを選びましょう。
やや黒っぽく変色しているのは鮮度が落ちている証拠です。

ひき肉の脂の割合もチェック

お店によって異なりますが、赤み肉と脂肪の割合は7:3もしくは8:2くらいであることが多いです。
半分近く脂肪のものは、あまりおすすめできません。

脂肪は白いので見た目的に明らかに脂肪が多いものは、控えるのがおすすめです。

ひき肉は下味を付けて冷凍すると便利

ひき肉の冷凍方法と言えば、袋に薄く広げて入れて冷凍する方法ですよね。
いつでもどんな料理にも使えるのがメリットですが、調理の時短を目指すなら下味をつけて冷凍する方がおすすめです。

シンプルに塩コショウでもOKですが、オイスターソースなどを使えば炒めものに重宝する味付けになります。
また、ケチャップやウスターソースを使えばボロネーゼなどがすぐ作れますよ。
調味料を加えることで傷みにくくもなりますから、一石二鳥ですね。

ひき肉は火を通してから冷凍保存するのがおすすめ

パラパラに炒めてから冷凍保存すれば、炒めものに使いやすくなります。

ハンバーグなども焼いてから冷凍したほうが、傷みにくく解凍した時に美味しく食べることができます。

希望の保存期間と、使い方に合わせて冷凍方法を選ぶと良いでしょう。