注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

花束のラッピングの基本と華やかでかわいいリボンの結び方

花束を自分でラッピングしたいという時には、花束の華やかさに負けないようなラッピングをしたいものです。
お花がより美しく見えるように、ラッピングも心を込めて行いましょう。
そこで、花束をラッピングする時のリボンの結び方や、セロファンの使い方などをご紹介します。

リボンの結び方にも、いろいろな方法があります。花束のボリュームや雰囲気に合わせ、バランスを見ながら選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?言い伝えの由来を解説

「コウノトリが子供を運んでくる」という話を聞いた事がある人もいますよね。実際に「赤ちゃんはどこからく...

部屋干ししたら嫌な臭いが…。臭いを消す方法について知りたい

外が雨だったり、花粉が多く飛んでいる時などは、洗濯物を部屋干しする必要があります。 しかし、部屋干...

布を染色する方法!色々な物を使ってキレイに布を染色してみよう

染料を使えば、自分で布を簡単に染色することができます。身近にあるものを使って染色する方法や、天然素材...

男性シャツのボタンが女性と逆の位置なのはなぜ?の謎に迫る

男性用と女性用のシャツでは、ボタンの位置が違うのはご存知でしょうか。 男性のシャツは前ボタンが右、...

スエードのパンプスは夏でもOK!おすすめの色やコーデをご紹介

スエードのパンプスはなんとなく秋や冬に履くという印象が強いかもしれませんが、実は夏に履いておしゃれを...

海外の海へ行く時の貴重品はどうする?安心出来る管理の方法

家族で初めての海外旅行。家族旅行といえばハワイやグアムなど人気ですが、海で遊ぶ時に心配なのが貴重品の...

【上靴の洗い方】黒く汚れた上靴を簡単にきれいにする方法

真っ白な学校指定の上靴が、お家に持って変える頃にはしっかりと汚れが付着。黒く汚れが目立つようになりま...

カルキの落とし方とは?クエン酸を使った掃除方法を紹介

いつのまにかついてしまうカルキ汚れ、いったいどのようにして落としたらいいのでしょうか? ゴシゴ...

一人暮らしが不安な30歳女子は今がはじめるタイミング

一人暮らしが不安で30歳になっても今だに実家暮らしの女性もいるでしょう。 では、実家から出て一...

色鮮やかな押し花の作り方!桜の花で可愛い押し花を作ろう

押し花の作り方覚えていますか?小さな頃に押し花を作った記憶はあるものの、どうやって作ったのか?キレイ...

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

自転車の前ブレーキの調整方法とは?自分で行う場合は注意しよう

ママチャリなどの自転車の前ブレーキの効きが悪くなってくると、調整が必要になりますよね。 前ブレ...

レジンキーホルダーを手作り!レジンの使い方とおすすめのパーツ

レジンアクセサリーはぷっくりとしてツヤツヤな透明感があり、キーホルダーやピアス、ネックレスなどさまざ...

レザークラフト初心者必見!最初に作りたい小物と作り方のコツ

レザークラフト初心者で作り方がよくわからない! 皮を使ったおしゃれな小物を作りたいけど、どんな素材...

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか? 駐車場を作るとき...

スポンサーリンク

花束のラッピングにおすすめのリボンの素材

花束のラッピングはサテンやオーガンジーリボンを使って高級感を出す

色とりどりの花をブーケにしてプレゼントしたら、嬉しくない人はいないでしょう。

そのくらい、ブーケには、人を嬉しい気持ちにさせる華やかさがありますよね。

自宅のガーデニングで育てた花をプレゼントしたいということもあるでしょう。

花束は、ラッピングすることで、さらに華やかさがアップし、贈り物感が増します。

ラッピングする場合、包む素材も大切ですが、花束のイメージを決めると言っても過言ではない物が「リボン」です。

合わせるリボンの素材によっても、印象を左右するので、花束のイメージに合ったリボンを使うことが大切です。

リボンの素材で、ラッピングにおすすめなのは、サテン素材です。

サテン生地を使っているので、光沢があり、柔らかい素材ではあるものの、しっかりと形になり、存在感があります。

表も裏も同じ色のサテン素材のリボンを使えば、ラッピングに不慣れでも裏表関係ないので、リボンをキレイに形作ることが出来ます。

また、透けたオーガンジー素材のリボンも、存在感があります。

別に色のリボンと組み合わせて使うことで、ゴージャスなラッピングにすることが出来ます。

花束のラッピングにディオールボウのリボン

高級感あふれるディオールボウの作り方

自分で花束をラッピングする時、ラッピングに慣れていないと、リボンの結び方が基本的な蝶結びくらいしかしらないという人もいるでしょう。

私もラッピングは得意な方ではないのですが、友人からもらったプレゼントが手作りのラッピングでとても可愛くて感動し、それから自分でもこんな素敵なラッピングが出来るんだ!と不慣れながらも色々なラッピング方法を探る日々です。そんな中、一見すごく素敵で難しそうなのに、実はとても簡単というラッピング初心者さん向けのリボンの結び方を見つけたのでご紹介します。

「ディオールボウ」という結び方で、よく花屋さんなどお店で見かけるようなラッピングです。

正面から見ると、リボンの輪っかが7つ横に並んでいて、上品で高級感のある結び方です。

この作り方は、実は、長さの違うリボンを4つ使ってまとめているだけです。

リボンをそれぞれ輪っか状にして端をホッチキスで止めて、4つの大きさの違う輪っかを作ります。

大きい順に、下から重ねていき、一番上に来る輪っかに同じリボンと通して止めるだけです。

最後のリボンを通すことで、ホッチキスの跡も見えなくなり、キレイなディオールボウが出来ます。

花束のラッピングにふっくらリボンがかわいいフラワーボウ

可愛い花束のラッピングにもぴったりなフラワーボウ

フラワーボウとは、文字通り、花の形のリボンのことです。

リボンの長さを変えることで、花の大きさを変えることが出来るので、大きなフラワーボウも小さなフラワーボウも自在に出来ます。

リボンの素材によっても、雰囲気が違うフラワーボウが出来るという点も魅力のひとつです。

花びらにあたる部分は、リボンの輪っかで作ります。

同じ長さに揃えるため、厚紙などで何重にもリボンを巻き、真ん中に切り込みを入れたら、細めのリボンでバラけないように縛ります。

内側の輪っかから、花びらの形になるように取り出し、すべての輪っかをバランスよく配置すればフラワーボウの完成です。

リボンの素材によっても雰囲気が違うフラワーボウになるので、好みのリボンを見つけてフラワーボウを作ってみましょう。

シャギーで個性的なリボン、シャギーボウの作り方

シャギーボウで個性を出した花束のラッピング

フラワーボウに対して、作り方は似ているものの、より個性的なリボンが「シャギーボウ」です。

リボンの端を斜めに切ることで、遊び心のある個性的なラッピングになります。

長さを揃えて巻いたリボンの中心に切り込みを入れたら、中心をリボンで縛るというところまではフラワーボウの作り方と同じです。

シャギーボウにするためには、手前のリボンだけを使い、リボンの中心から外側にかけて斜めに切り込みを入れます。

こうすることで、一部のリボンがシャギーにカットされて花の形の中で動きが出てちょうど良いアクセントになります。

花束のラッピングの基本と上手に仕上げるコツ

セロファンや不織布を使って花を引き立たせるラッピングを

お店に花束をお願いする場合、セロファンとリボンの組み合わせが一般的ですよね。

花束の花を美しく見せるために、透明なセロファンは花束のラッピングには効果的です。
また、セロファンは水に強いため、花自体を保護するという役割も持っています。

でも、ただ花束をセロファンだけでラッピングするには少し物足りなさを感じてしまうことも。

そんな時は、セロファンの内側に花の色に合う不織布やラッピングペーパーと呼ばれる薄い紙を入れることで、華やかさがアップします。

違うカラーの不織布を重ねてラッピングするのも、見栄えが良く、人気が高いラッピング方法です。

花束のラッピングで大切なことは、主役である花を引き立てることです。ラッピングする時は、花がよく見えるように、美しく形を整えながらラッピングしましょう。