注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

マリーゴールドが枯れる前にナメクジを駆除する方法を教えます

せっかく育てたマリーゴールドが、害虫のせいで枯れてしまうと悲しくなりすよね。

中でも夜に現れるナメクジは厄介だと言いますが、一番効果がある駆除方法は何なのでしょうか?ナメクジが原因で枯れるマリーゴールドを復活させる方法はあるのでしょうか?
枯れる前にマリーゴールドをナメクジから守る方法や効果的な駆除方法について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

油汚れには重曹?セスキ炭酸ソーダ?油汚れはこれで掃除

油汚れを落としたいときには重曹を使うべき?それともセスキ炭酸ソーダ? できるだけ簡単に落とした...

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

油性ボールペンの落とし方。用意する物と手順と出先での対処法

ワイシャツの胸ポケットにボールペン入れていたらインクがついてしまった事や、書類を書いていたらうっかり...

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えてい...

100均ボンドの正しい使い方!布用ボンドで簡単ハンドメイド

100均には色々なタイプのボンドがありますよね。 その中の一つに布用のボンドがありますが、100均...

洗濯物を守るベランダ用雨よけカバーのメリットや選び方をご紹介

洗濯物を雨から守る、ベランダ用雨よけカバーをご存知ですか? 晴れた日に洗濯物をベランダに干すこ...

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

バッテリーの充電方法を解説!車同士の場合のポイントについて

車のトラブルの中で一番多いバッテリー上がり。車同士で充電できることはわかってはいても、いざ自分の車の...

ホウセンカの観察日記の書き方とは?こうしてまとめればOK

ホウセンカの観察日記はどのように書けばいいのでしょうか?観察日記の書き方のコツやポイントとは? ...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

石をペイントするストーンペインティングに必要な材料

石にペイントをするのは子供だけ?夏休みの工作にペイント?いえいえ石にペイントをするストーンペインティ...

歯ブラシの後に歯磨き粉が残る方へ。歯磨き粉の適量について

歯ブラシをし終わった後に、口の中に歯磨き粉が残ると感じる方はいませんか? もしかして、歯磨き粉の量...

正月に神社にお供えする酒や、振る舞い酒について詳しく調査

お正月に神社へ初詣でに行ったら、振る舞い酒を頂ける所もありますね。 お神酒ともいいますが、お神...

スポンサーリンク

マリーゴールドが枯れる原因となるナメクジの特徴と対策方法とは?

マリーゴールドは育てやすい花として知られている

マリーゴールドは見た目も可愛く華やかに咲くことからガーデニングには人気の花です。比較的長い期間花を楽しむ事ができるので、ガーデニングには定番の花とも言えるでしょう。
しかしそんな育てやすいマリーゴールドは害虫が付くと、すぐに枯れてしまうので注意が必要となります。
せっかく花が咲くのを楽しみにしていたマリーゴールドが枯れてしまうのは、悲しいですよね。
枯れてしまう原因についてしっかり知っておきましょう。

枯れる原因となる害虫の種類

その害虫はナメクジとハダニ!特にナメクジはマリーゴールドが大好きなので、被害にあいやすくなります。

ちなみにナメクジは陸生で貝の仲間、元気に活動をする時期は春と秋です。そして昼間はじっと落ち葉などの物陰に隠れ、夜になると活発に活動を始めます。

そのため朝起きて水やりをするときに、ナメクジの被害に気がつくことがほとんどです。
またナメクジは水分を好むので、雨の日にもよく見かけますね。

マリーゴールドの葉には虫が嫌がる成分が含まれていて、蚊取り線香などにも含まれる成分と同じです。

そのため、ナメクジも葉の部分は食べずに花の部分だけを好んで食します。

  • 夜のうちに被害にあう
  • 花だけが食べられている
  • ナメクジが通ったベタベタした後がある

こんな形跡があった場合はナメクジを疑いましょう。ナメクジ対策については、詳しく次からご紹介していきますね。

ナメクジが原因で枯れるマリーゴールドを復活させる方法とは?

マリーゴールドを助けるためにできること

「ナメクジにマリーゴールドの花を食べられてしまったけれど、株自体はまだ元気がある」そのような症状の場合は、まずは株の回復に力を入れましょう。

残っている蕾も、ナメクジにやられてしまうので、先につんでおき株に栄養が行くようにします。

このように株を回復させることで、またマリーゴールドは蕾を付けます。しかし、ナメクジ対策を行わなければ、また同じことの繰り返しです。

一番効き目がある方法としては、ナメクジの専用駆除剤。

園芸専門店で手に入れることが出来ますので、店員さんに状況を話しておすすめの駆除剤を使ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに株を回復させるときに、ついつい肥料に頼りたくなってしまいますが、肥料の与え過ぎは花をつきにくくしてしまいますので、注意をしてください。

ナメクジ駆除が追いつかないと、マリーゴールドはどんどん枯れる?

本来マリーゴールドの葉には害虫が嫌がる成分が含まれている

普段葉っぱは食べずに花だけを食べるナメクジですが、中には嫌な成分が含まれているはずの葉まで食べてしまうナメクジもいるようです。

これだとマリーゴールドが丸坊主にされてしまいますね!
マリーゴールドの自己防衛が効果がないとすれば、人間の手で守るしか方法はありません。せっかく植えた、マリーゴールドを守る方法をご紹介します。

ナメクジを駆除する方法

農薬を使わないのであれば、直接ナメクジが活発に行動し始める夜に退治をするか、また他の代用品でナメクジを誘い出し駆除するなど、何か処置をしなければいけません。

ナメクジを誘い出す代用品として使えるものにビールがあります。
マリーゴールドの近くに飲み残しのビールを容器に入れておいておきます。

そうするとナメクジはマリーゴールドよりもビールに引き寄せられるのです。後はビールの中で溺れるのを待つのですが、しっかりと逃げ出してしまうナメクジもいるようなので、夜のうちにビールに引き寄せられたナメクジを退治する必要があるようです。

またナメクジは夜に活発になる習性を持っているので、鉢植えの場合は外から玄関に入れてナメクジからマリゴールドを守るという事もできます。

この時、もともとマリーゴールドの葉の裏などにナメクジが潜んでいないか、確認をしてからお家の中に入れてくださいね。

マリーゴールドをナメクジから守るためには農薬を使うしかない?

ビールを使う方法の他にも、ナメクジが嫌う銅板や銅線などを使う方法も、よく聞くナメクジの退治方法ですが、確実にナメクジからマリーゴールドを守るのなら、やはり農薬が一番です。

薬によっては、ナメクジがマリーゴールドから退散させることが出来るものの販売されていますが、逃げるだけなので他の場所に潜んで、薬の効果が薄くなるとまたマリーゴールドを狙ってやってくるようです。

これでは本格的な対策にはなりませんよね。

そこでやはりナメクジ専用駆除剤の出番です。確実にマリーゴールドをナメクジから守ってくれます。

こちらを使う際の注意点は、家庭菜園をしている場合、食用野菜がある場所では使えないこと、またペットが出入りする場合も使用することが出来ません。

このような事に心配がないのなら、駆除剤を使って退治を考えても良いのではないでしょうか。

ナメクジに塩をかければ効果はあるの?

ナメクジと塩の関係

これは有名な話でよく耳にしますよね。本当に効果があるのか実際に試した経験があります。

野菜についているナメクジを見つけたので塩をかけてみたところ、見事にナメクジが縮んで行きました。

しかし絶命しているかは不明、そこでナメクジの塩を水をかけて取り除いてみると、なんと見る見るうちに復活したのです。

ナメクジに塩は一時的に効果があっても、雨が降ったり何らかの理由で水で洗い流されてしまった場合は、効果はなしということになります。

また花壇では塩をまくことは出来ませんよね。

マリーゴールドをナメクジから守る方法としては、塩は役に立たないというわけです。

そして厄介なのは直接マリーゴールドについたナメクジを駆除しても、また翌日には新しいナメクジの被害に合う可能性があるという事です。

自宅の庭に対策を行っても空き地や隣のお家に潜んでいれば、ナメクジがすぐにマリーゴールドに引寄さられるようにして、やってくるのは明らかですよね。

やはり一番効果的なのは、駆除剤を使う方法と言えるでしょう。