注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

一人暮らしが不安な30歳女子は今がはじめるタイミング

一人暮らしが不安で30歳になっても今だに実家暮らしの女性もいるでしょう。

では、実家から出て一人暮らしをするのに、どんなことが不安なのでしょうか。

しかし、不安はあるけど一人暮らしについて考えている今こそ、はじめるタイミングかもしれません。

そこで、30歳から一人暮らしをはじめるときに不安なお金の貯め方や一人暮らしのススメについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのかの目安

花束を贈る場合には、どのくらいの予算で作りたいのかということによって、花束のボリュームが変わってきま...

建前のお祝いは何が良い?近所の上棟祝いに贈る品物と金額の相場

ご近所の建前のお祝いには、一体どんなものを贈るのが良いのか頭を悩ませている人もいますよね。そもそもお...

【服のハンドメイド】初心者向け生地の選び方のポイント

ハンドメイドブームで小物や服を手作りする方が増えていますよね。 服を作ろうと思った時には手芸屋さん...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

No Image

クリスマスをハンドメイドで可愛く!簡単手作りオーナメント

クリスマスが近くなるとクリスマスツリーを飾るご家庭も多いと思います。特にお子様が小さいうちなどは、ツ...

札幌にある釣り堀、「紅桜公園」でニジマスを釣ったり食べたり

札幌には観光地や名所がたくさんありますが、地元の人にもあまろ知られていない穴場スポットがあります。 ...

【色に関する漢字を使った名前】男の子におすすめの名前をご紹介

生まれてくる赤ちゃんが男の子だとわかったら、色に関する漢字を使った名前を付けたいと考える人も多いでし...

お盆にお坊さんへ出すお菓子は何が良い?出し方のマナーと種類

お盆になるとお坊さんが参られて法要をしてもらうことがありますよね。この時、お坊さんにはどんなお菓子を...

朝顔の支柱が足りないほどつるが伸びた場合の対処法を紹介

元気な朝顔。朝顔のつるがどんどん伸びていき、最初に立てた支柱が足りなくなる位大きくなることもあります...

正月に神社にお供えする酒や、振る舞い酒について詳しく調査

お正月に神社へ初詣でに行ったら、振る舞い酒を頂ける所もありますね。 お神酒ともいいますが、お神...

色を混ぜると黒になるのはナゼ?黒く見える理由について

色をどんどん混ぜると黒になるのはどうしてでしょうか?子どもに聞かれてたときには、このように説明してあ...

東京で行きたいところ。女子旅に外せないパワースポットや観光

東京には楽しいところが一杯。今回は女子だけで行く遊びのスポットを紹介します。 女子の行きたいと...

自転車の前ブレーキの調整方法とは?自分で行う場合は注意しよう

ママチャリなどの自転車の前ブレーキの効きが悪くなってくると、調整が必要になりますよね。 前ブレ...

男性で身長が150台でもコンプレックスにしない方法

身長が150台ということをコンプレックスに感じている男性はいませんか?もちろん背が高いことは有利にな...

マイホームが完成してからの後悔。日当たりが悪い家について

マイホームが完成して、いざ住み始めて気づくことっていろいろとあります。 マイホームを建てた人が...

スポンサーリンク

30歳から一人暮らしをはじめるときに不安なこと

30歳から一人暮らしをはじめるときに不安なことには、どういったものがあるのでしょうか?

家事の不安

普段から家の家事を任されていたという人でしたら問題ありませんが、30歳になっても、お母さんに食事も掃除も洗濯もお願いしていたと言う人は、一人暮らしの時に不安になりますよね。
この機会に家事スキルをアップさせて、一人暮らしのついでに花嫁修業にも励んでみましょう。

不審者への不安

「30歳を過ぎた女にそんな人来ないって」なんて言っている人にだって、怖い目に合わないなどという保証はありません。
一人暮らしの女性は常に「乱暴目的や強盗目的の人が来るかも知れない」という防犯意識を持って生活するようにしなくてはいけなくなります。

30歳からの一人暮らしで不安なのはお金の貯め方

30歳からの一人暮らしで不安なのはお金の貯め方ですよね。

今までは家賃も水道や光熱費も親が払ってくれていました。
一応自分のお給料からはいくらか払っていたとはいえ、よほど水や電気を使いすぎない限りは文句を言われることもありませんでした。
しかし、今度からは自分が水や電気を使えば使うほど費用としてかさんでしまいます。
そのような不安が初めての一人暮らしの際にのしかかってきます。

実家で暮らしていた時は、ちょっと頑張るだけですぐに貯金が出来ていたものも、一人暮らしになると、途端に大変なものになります。
貯金のコツとしては、「○○円は、貯金としてこっちの口座に入れて、残りの○○円で生活していこう」というように分けることです。
一見当たり前のようですが、「お給料の中からやりくりをして、余ったら貯金をしよう」というやり方と違って、確実に貯まりますので、例え僅かでも貯金の分は分けておきましょう。

また、極端な節約や、ご褒美をすることは望ましくありません。
いつも極端に節約していると、お金は貯まっても、自分へのストレスが大きくなり、返って反動で散財してしまうことがあります。
そうではなくても「たまのご褒美」というのも、ちょっとしたストレスを感じただけでついつい何度もしてしまいがちになり、結果出費が多くなることもあります。
「たまに」という不定期なものではなく、「毎月○日に、○円だけ多く使っても良い」など、自分でルールを決めておきましょう。

30歳過ぎて不安でも今が一人暮らしするタイミングかも

不安でも思い立った時に行動する

これまで実家で親と暮らしていて、今後結婚することがあれば、次はその相手と暮らす事になります。
という事は、これからの人生の中で一人暮らしするタイミングがない可能性が大と言えます。

「私はそれでも良い」という人もいるかも知れませんが、人生何事も経験です。
一人暮らしをしておくことで、自分の子供が大きくなった時に、一人暮らしの時のアドバイスが出来ます。
一人暮らしの料理のコツや家計のやりくりの仕方なども経験しておくと役に立ちます。
また、一人で過ごす時間の大切さなどもわかることが出来ますので、少しでも自分だけの時間や空間を経験してみると良いでしょう。
本や、ネットで見る情報だけではなく、自分自身が経験することが何よりも大切です。

一人暮らしをすることで女性は磨かれる

一人暮らしをすることで女性は磨かれる

実家にいると、ついつい料理や掃除などはお母さんに頼りがちですよね。
同じような見た目で、同じような性格の女性が二人いたとして、一人は「一切家事が出来ない」、もうひとりは「家事が一通り出来る」としたら、どちらと結婚したいと思いますか?
当然、家事が出来る方ですよね。
ものすごく美人だったら、「家事をしなくても良いから結婚して」と言われそうな気がしますが、決してそんな事はありません。
ほとんどの男性は、顔がどんなに綺麗でも家事が一切出来ない女性は敬遠します。
ごく一部のお金持ちの男性や、家事スキルが高く尽くすのが好きという男性でしたら、家事が出来なくても問題ないとしますが、そのような人は、本当にごく僅かです。
そのような希少な人を待つよりは、自分の家事スキルを磨いて、男性から選ばれる確率をあげましょう。
女性に必要なのは、見た目だけではありません。
中身が一番大切ですよ。

30歳からでも遅くない!一人暮らしをはじめてみよう

「30歳からでも遅くない!」一人暮らしをはじめてみましょう。

「この年になって今さら」なんて、尻込みしていませんか、30歳になった今だからこそ始めるのです。
女性は男性と違って実家暮らしが長くてもあまり引かれることはありません。
しかし、これが40歳になっても実家暮らしをしていると思ったらどうでしょう?
「本人とか親に何か問題があるのかな?」などと失礼な勘ぐりをされてしまうことだってあるのです。
それに40歳になって慌てて一人暮らしをして、何も出来ないと「その年で?」と白い目で見られてしまいます。
ですが、30歳のうちに一人暮らしをして色々経験をしておいて家事スキルを上げておけば、もし今後男性とお付き合いをして自分の部屋に招いた時に、「いつもこんなに綺麗に掃除が出来ていて、美味しいご飯が作れるなんて、結婚相手はこの人しかいない」と思って貰えるかも知れません。
そんな出会いのチャンスを逃さないように、経験値を高めておきましょう。