注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

一人暮らしが不安な30歳女子は今がはじめるタイミング

一人暮らしが不安で30歳になっても今だに実家暮らしの女性もいるでしょう。

では、実家から出て一人暮らしをするのに、どんなことが不安なのでしょうか。

しかし、不安はあるけど一人暮らしについて考えている今こそ、はじめるタイミングかもしれません。

そこで、30歳から一人暮らしをはじめるときに不安なお金の貯め方や一人暮らしのススメについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【チェーンの直し方】自転車のチェーンは自分で直してみよう

自転車を乗ろうとした時にチェーンが外れていることに気づいてしまうと「自転車屋さんに行って直してもらわ...

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えてい...

リボンの簡単かわいい手作りヘアゴムの作り方!不器用さんもOK

手作りのヘアゴムでリボンをモチーフにしたものは女の子らしくて可愛いですよね。 リボン一つで顔の印象...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

重曹で消臭剤を作ろう!トイレの消臭方法と重曹を使った掃除方法

なかなか消えないトイレの嫌な臭いは、重曹を使って作る消臭剤で臭いを解消することができます。 重...

クエン酸【食用】の使い方色々。飲物や料理や掃除に活用しよう

「クエン酸がいい」というフレーズはテレビ番組で聞いたり見かけたりすることがあります。 クエン酸には...

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか? 駐車場を作るとき...

洗濯物を守るベランダ用雨よけカバーのメリットや選び方をご紹介

洗濯物を雨から守る、ベランダ用雨よけカバーをご存知ですか? 晴れた日に洗濯物をベランダに干すこ...

布に付いたボンドの落とし方!身近なものを使って剥がす方法

布にボンドがついてしまうと、普通の洗濯では落とせなく、もうこれは落ちないものとして諦めてしまう方も多...

本の修理を糸綴じで!色々な本を糸綴じで修理してみよう

長年愛用していた本がボロボロのなってしまった経験ありますよね。子供の頃から大好きだった絵本。背表紙の...

レザークラフト初心者必見!最初に作りたい小物と作り方のコツ

レザークラフト初心者で作り方がよくわからない! 皮を使ったおしゃれな小物を作りたいけど、どんな素材...

日本の治安の良さに対して海外の人はかなり驚いています

海外から日本にやってくる観光客のほとんどが治安の良さに驚いているとテレビでもよく放送されていますよね...

冬が寒いのはどうして?理由とあったか術を紹介します

冬が寒いのはどんな理由からなのでしょうか?四季があるから…。と答えてしまいそうですが、なぜ冬は寒くな...

本棚の収納ルールと収納アイデア!すっきりとおしゃれに整理

本や雑誌はどんどんと増えて、本棚に収納しきれないという方も多いと思います。本棚の容量を超えた本は、本...

洗濯物を雨から守ってくれるカバーとは?カバーの種類と注意点

朝は良い天気だったのに、急に雨が降ってくると、外干ししていた洗濯物が濡れてしまい洗濯物をやり直すこと...

スポンサーリンク

30歳から一人暮らしをはじめるときに不安なこと

30歳から一人暮らしをはじめるときに不安なことには、どういったものがあるのでしょうか?

家事の不安

普段から家の家事を任されていたという人でしたら問題ありませんが、30歳になっても、お母さんに食事も掃除も洗濯もお願いしていたと言う人は、一人暮らしの時に不安になりますよね。
この機会に家事スキルをアップさせて、一人暮らしのついでに花嫁修業にも励んでみましょう。

不審者への不安

「30歳を過ぎた女にそんな人来ないって」なんて言っている人にだって、怖い目に合わないなどという保証はありません。
一人暮らしの女性は常に「乱暴目的や強盗目的の人が来るかも知れない」という防犯意識を持って生活するようにしなくてはいけなくなります。

30歳からの一人暮らしで不安なのはお金の貯め方

30歳からの一人暮らしで不安なのはお金の貯め方ですよね。

今までは家賃も水道や光熱費も親が払ってくれていました。
一応自分のお給料からはいくらか払っていたとはいえ、よほど水や電気を使いすぎない限りは文句を言われることもありませんでした。
しかし、今度からは自分が水や電気を使えば使うほど費用としてかさんでしまいます。
そのような不安が初めての一人暮らしの際にのしかかってきます。

実家で暮らしていた時は、ちょっと頑張るだけですぐに貯金が出来ていたものも、一人暮らしになると、途端に大変なものになります。
貯金のコツとしては、「○○円は、貯金としてこっちの口座に入れて、残りの○○円で生活していこう」というように分けることです。
一見当たり前のようですが、「お給料の中からやりくりをして、余ったら貯金をしよう」というやり方と違って、確実に貯まりますので、例え僅かでも貯金の分は分けておきましょう。

また、極端な節約や、ご褒美をすることは望ましくありません。
いつも極端に節約していると、お金は貯まっても、自分へのストレスが大きくなり、返って反動で散財してしまうことがあります。
そうではなくても「たまのご褒美」というのも、ちょっとしたストレスを感じただけでついつい何度もしてしまいがちになり、結果出費が多くなることもあります。
「たまに」という不定期なものではなく、「毎月○日に、○円だけ多く使っても良い」など、自分でルールを決めておきましょう。

30歳過ぎて不安でも今が一人暮らしするタイミングかも

不安でも思い立った時に行動する

これまで実家で親と暮らしていて、今後結婚することがあれば、次はその相手と暮らす事になります。
という事は、これからの人生の中で一人暮らしするタイミングがない可能性が大と言えます。

「私はそれでも良い」という人もいるかも知れませんが、人生何事も経験です。
一人暮らしをしておくことで、自分の子供が大きくなった時に、一人暮らしの時のアドバイスが出来ます。
一人暮らしの料理のコツや家計のやりくりの仕方なども経験しておくと役に立ちます。
また、一人で過ごす時間の大切さなどもわかることが出来ますので、少しでも自分だけの時間や空間を経験してみると良いでしょう。
本や、ネットで見る情報だけではなく、自分自身が経験することが何よりも大切です。

一人暮らしをすることで女性は磨かれる

一人暮らしをすることで女性は磨かれる

実家にいると、ついつい料理や掃除などはお母さんに頼りがちですよね。
同じような見た目で、同じような性格の女性が二人いたとして、一人は「一切家事が出来ない」、もうひとりは「家事が一通り出来る」としたら、どちらと結婚したいと思いますか?
当然、家事が出来る方ですよね。
ものすごく美人だったら、「家事をしなくても良いから結婚して」と言われそうな気がしますが、決してそんな事はありません。
ほとんどの男性は、顔がどんなに綺麗でも家事が一切出来ない女性は敬遠します。
ごく一部のお金持ちの男性や、家事スキルが高く尽くすのが好きという男性でしたら、家事が出来なくても問題ないとしますが、そのような人は、本当にごく僅かです。
そのような希少な人を待つよりは、自分の家事スキルを磨いて、男性から選ばれる確率をあげましょう。
女性に必要なのは、見た目だけではありません。
中身が一番大切ですよ。

30歳からでも遅くない!一人暮らしをはじめてみよう

「30歳からでも遅くない!」一人暮らしをはじめてみましょう。

「この年になって今さら」なんて、尻込みしていませんか、30歳になった今だからこそ始めるのです。
女性は男性と違って実家暮らしが長くてもあまり引かれることはありません。
しかし、これが40歳になっても実家暮らしをしていると思ったらどうでしょう?
「本人とか親に何か問題があるのかな?」などと失礼な勘ぐりをされてしまうことだってあるのです。
それに40歳になって慌てて一人暮らしをして、何も出来ないと「その年で?」と白い目で見られてしまいます。
ですが、30歳のうちに一人暮らしをして色々経験をしておいて家事スキルを上げておけば、もし今後男性とお付き合いをして自分の部屋に招いた時に、「いつもこんなに綺麗に掃除が出来ていて、美味しいご飯が作れるなんて、結婚相手はこの人しかいない」と思って貰えるかも知れません。
そんな出会いのチャンスを逃さないように、経験値を高めておきましょう。