注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

フレーム修理して車に乗ってもいいが破損が激しい場合は考えよう

フレームのちょっとした歪みくらいなら、わざわざ車を修理しなくても問題ないのでは?と思っていませんか?
車の骨格とも言えるフレームは、部品の中でもかなり重要なパーツとなっています。
破損状態にもよりますが、フレームが歪んだまま走行するのは大変危険だということをまずは知っておきましょう。
修理か売却かで迷ってしまうこともありますが、安全面から言えば買い替えも検討した方がいいようです。
車のフレーム修理について詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

本の修理を糸綴じで!色々な本を糸綴じで修理してみよう

長年愛用していた本がボロボロのなってしまった経験ありますよね。子供の頃から大好きだった絵本。背表紙の...

押し花のしおりの作り方!ラミネートや牛乳パックを使う方法

押し花を綺麗な状態で保存したいと思ったら、押し花でしおりを作って保存する方法がおすすめです。押し花で...

指のサイズは毎日変わる。サイズ選びのタイミングと指輪選び

指輪をしていて緩いと感じたり逆にきつい感じたりすることはありませんか? 指のサイズが変わるのでしょ...

朝顔の育て方、プランター1つにつき摘心は3回行うのが基本

朝顔をプランターで育てる場合、朝顔の育て方のポイントとなるのが「摘心(てきしん)」です。 新し...

押し花の作り方【クローバー編】押し花を綺麗に作る作り方を解説

四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるという話を聞いたことがある人もいますよね。もしも四つ葉のク...

駐車場のコンクリートの隙間に適しているのは?隙間の埋め方

コンクリートの駐車場で隙間があるときには、どんなもので埋めたらいいのでしょうか? 駐車場を作るとき...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

漏電ブレーカーが上がらない原因と対処法!漏電放置は危険です

漏電が原因でブレーカーが落ち、ブレーカーが上がらない状態にしていると生活が不便になってしまいます。 ...

ブレーキのイヤなキーキー音の原因と対処法!自転車メンテナンス

自転車は学生さんにとっても、主婦にとっても大切な足です。毎日のように自転車を使うという方も多いですよ...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

【色に関する漢字を使った名前】男の子におすすめの名前をご紹介

生まれてくる赤ちゃんが男の子だとわかったら、色に関する漢字を使った名前を付けたいと考える人も多いでし...

多肉の寄せ植えを仕立て直しするときの手順やポイントをご紹介

寄せ植えしている多肉植物の背丈がバラバラになってきたら、仕立て直しのタイミングと言えるでしょう。 ...

危険運転で通報した時のドラレコの効果とは?もし被害にあったら

最近よく目にする危険運転によるニュース。 被害者が警察に通報する際、ドラレコの映像が決めてとなるケ...

口角を上げる意識を!でも、意識だけじゃ上がらない口角について

口角を上げる意識はしていても、それをキープするのって難しいんですよね。 また、単純に口角を上げ...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

スポンサーリンク

フレームが歪んでいても走行に問題ないなら、修理をせずに車に乗っても問題ないのか

車は電柱や縁石等にぶつかってしまうと一般的には傷がついたり歪みが生じたりします。

ただ、軽くぶつけてフレームが少し歪んだりへこんだりした程度であれば、わざわざ修理に出さなくても良っかと思いがちですよね。

修理に出せばそれなりの修理費用が必要になってしまいますし、へこんだ程度の外傷であれば乗っていても支障はないだろうと考えることも多いでしょう。

ですがフレームは車の中でも意外と重要な箇所なのをご存知ですか?
「たかがフレーム」なんて考えていたら、思わぬ二次被害を招くことになるのです。

車のフレームは重要

その理由は「車を動かすための部品類がフレームにつけられているから」

車はエンジンを含め様々な部品が正常に作動することで動く仕組みになっています。
そうした様々な部品はフレームに沿ってつけられています。

フレームは車の「基礎」となっている部分

ですからフレームがへこんだり歪んだりするようなことがあれば、それは、その下にとりつけられている部品にも影響が及んでいる可能性があるのです。
万が一、フレームをぶつけたことで歪みが生じ部品が落下するようなことがあれば、更に大きなトラブルとなってしまうことが考えられるでしょう。

基本的にフレームをぶつけた場合には「修理」が必要

ただ、前述しましたように修理をすると言っても当然ながら修理は無料では行えませんので、費用面等々をよく検討した上で決断する必要があります。

車のフレーム修理は費用が高いので覚悟が必要

車の修理費用は高額になるケースが多いです。

特に今回ご紹介している「フレーム」もその内のひとつで、基本的には安価な金額で修理をして貰えることは無いと考えた方が良いです。

ただ実際にどの程度の修理費用が掛かるかは「状態」や「業者」によっても異なりますので一概には言えません。

修理費用の目安

状態によっては中古車が1台買えてしまう程度の修理費用となる場合もあります。
またパッと見そんなにひどくない傷であっても、約10万円程度は予算が必要になるケースも少なくありません。

修理にかかる期間

一方で修理期間も短くはありません。
こちらも車のフレームの状態や修理工場の混雑状況等にもよりますが、長ければ4週間以上の修理期間を要する場合もあります。

修理に出そうと思っている場合には、併せて、修理に出している間の交通手段はどうするのかも考えておく必要があるでしょう。

安全面から考えて、フレームの破損がひどい場合は修理ではなく車の買い替えも検討した方がいい

購入したばかりの車や愛着の沸いている車であれば決断が難しいというような場合もあるかと思いますが、車のフレームの修理費用によっては「買い替え」を検討するのもひとつの選択肢です。

修理はあくまでも状態を「整える」こと

完全に原型へ「戻す」ということではないのです。

もしかすると修理後も何かしらの不具合が生じる可能性がゼロではありません。

また、ぶつけた箇所によってはフレームだけでなくその他の箇所に影響が出ていて、そこも併せて修理が必要になるために修理費用がかさむというようなケースも考えられます。

もちろん買い替えを選ぶかどうかは家庭の状況や修理費用等にもよると思います。
ただぶつけた場合にはこうした選択肢もあるということは覚えておいて下さいね。

車のフレーム修理は信頼できる業者を

車のフレーム修理をどこに依頼するかはあなたの自由です。
安心できるディーラーをはじめとして色々な選択肢があります。

業者選びは車の運命を左右することにもなる重要なポイント

ここでは業者選びで後悔しないためのポイントをお伝えします。

修理業者を選ぶ上ではとにかく「信頼」できるかどうかが大切

実績、評判、修理内容の説明、見積り金額等々…、ひとつでも不安に感じることがあれば業者に確認するようにしましょう。

もしも、確認後に説明されてもイマイチ納得できないという場合には、基本的には他の業者に依頼することをオススメします。

「複数」の業者に見積もり等を確認した後、選ぶことも大切

そうすれば修理金額等で損をするようなこともありませんし、満足のいく修理が行えるはずです。
時間や手間はかかるかもしれませんが、これからも乗り続ける車のためですので、決して疎かにはしないようにして下さいね。

フレーム修理した事故車でも買取可能

車のフレーム修理をした後にやっぱり車を売りたい!
そんなふうに思ったら気になるのは「事故車でも売ることはできるのか」ですよね。

基本的に車の買い取りは修理車などのことは関係ないことが殆ど

つまりフレームの修理を行った車であっても買い取りをしてもらうことは可能です。
ですから、もしもフレームの修理後に車を売りたいと思ったのであれば、車の買い取りを行っているお店へ聞いてみると良いでしょう。

ただ車は長く乗り続けていれば愛着が沸いてくるものでもあると思います。

そのため、少しでも「どうしようかな…」と悩むことがあるようであれば、少し思い留まって考え直してみて下さい。

売ってしまうと同じ車はもう二度と戻ってきませんので、後悔しないためにもよく考えた上で決断することが大切です。