注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

チャーハンに入れるネギの種類は何が一番良いのか教えます

チャーハンに入れる具としてネギは欠かせませんが、いろいろある種類の中で何を使うとよりおいしくなるのか気になりますよね。

長ネギでも白い部分と青い部分、どっちを使った方がおいしくなるのでしょうか?やはり玉ねぎを使うよりも長ネギの方がいいのでしょうか?

ネギの種類の中でチャーハンに合うNO.1のネギとは?それぞれの特徴やおすすめレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいい?梅干しの干し方とは

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいいのでしょうか?また、雨が降ってきたときにはどうしたらいいのでしょ...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい口当たりのおかずにするコツ

冷めても美味しいがお弁当のテーマだと思います。 牛肉は、繊維がしっかりしているので調理法を間違...

ごぼうと大根、豚肉を使って今夜は絶品おかずを作ってみませんか

ごぼうと大根と豚肉の組み合わせは、和食のいろいろなおかずを作ることが最強の組み合わせとも言えるのでは...

白菜とツナ缶で旨味たっぷり!カレー風味の美味しいレシピ

カレーはいろいろな料理にアレンジができて、大人も子供も大好きな味ですよね。 使い切れなかった白菜が...

ホットケーキミックスと水でマグカップケーキが簡単に作れる

忙しい朝やすぐにおやつを食べたいと言われたときにはホットケーキミックスさえあれば簡単に朝食やおやつを...

休日の夜ご飯はホットプレートで決まり。人気メニューが集合

休日くらいはご飯支度は簡単に済ませたいものですね。 夜ご飯の献立に困ったら、ホットプレートを使って...

ミニトマトを冷凍して弁当に入れるのはアリ。メリットとは

毎日のお弁当作り大変ですね。 彩りや栄養のバランスを気遣ったり、夏場はいたむのも心配ですね。 ...

食パンがお菓子に変身。アレンジレシピや美味しいお菓子の登場

食パンが余ったらお菓子にアレンジしてみませんか?いつもの食パンが甘くて美味しいお菓子に早変わりします...

卵丼・親子丼はレンジで簡単時短!ふんわり卵が美味しいレシピ

卵丼や親子丼は、普通はフライパンを使って調理します。 しかし、ちょっと火を通しすぎると、卵のふ...

納豆を常温で発酵させると更に美味しい?納豆の効果的な食べ方

納豆を食べる時は、常温に戻して発酵させてから食べた方が美味しさなどがUPするという話を聞いた事がある...

ナスとトマトを使った野菜たっぷり美味しいカレーレシピ

冷蔵庫にナスとトマトがたくさんある時には、これを使って美味しいカレーを作りましょう。そこで、ナスとト...

レンジでできる簡単お菓子!少ない材料で作るクッキー

クッキーを自宅で手作りする時には、オーブンで焼くというのが一般的ですよね。 しかし、中には電子...

豚ひき肉を使ったレシピにはキャベツが最強です

豚ひき肉を使った料理のレシピを考える時に、最も良い相棒となる野菜はキャベツです。 キャベツは程よい...

夕飯の献立を和食にするなら、こんなメニューがおすすめ

夕飯の献立を毎日考えるのは大変ですよね。 和食が食べたいと思ってもどんな食材を使って、どんな味付け...

スポンサーリンク

青ネギ?それとも白ネギ?チャーハンに入れるネギの種類とは

チャーハンとは

ご飯と色々な具材を一緒に油で炒めて味付けした料理のことです。

家庭でも、あまったご飯と冷蔵庫にある具材でサッと作れるので、得意料理という人も多いのではないでしょうか。

お店で出てくるチャーハンを思い出す

青ネギよりも白ネギが入っていることの方が多い気がしませんか?

これは、ネギの特性に関係していると考えられます。

一般的な長ネギには、葉っぱの部分の青ネギと白い部分の白ネギが一緒になっています。
白ネギは、玉ねぎと同じように加熱することによって野菜の甘みが増し、料理に味わいが出ます。

一方、青ネギは加熱に弱いため、特にチャーハンのように高温で炒める料理では葉っぱがしおれてしまい、食べるころにはクタクタになってしまいます。

青ネギをチャーハンなどの炒めものに使う時には、炒め終わりにサッと混ぜたり、スープの出来上がりで加えるような使い方をすれば、ネギの旨味も感じられ、仕上がりも問題なく使うことが出来ます。

チャーハンには入れるネギの種類は長ネギだけではありません

チャーハンには玉ねぎも合う

みじん切りにした玉ねぎを加えることにより、甘みが出て旨味もアップします。

チャーハンを作る時に大事なことは、水気を飛ばすことです。

お店のようなパラパラチャーハンを作るためには、道具や火力も強くなくてはいけませんが、自宅でも工夫することでパラパラチャーハンを作ることが出来ます。

まず、チャーハンを作る時に残りご飯を使うことが多いと思いますが、その時に冷えたご飯を使うと火が通るまでに時間がかかり、その間に水分が出てしまうので、パラパラには仕上がりません。

パラパラチャーハンは極力短時間で炒め終わることがポイント

残りご飯を使う場合も、レンジでしっかりと温めてほぐしてから使うようにしましょう。
そして、チャーハンに欠かせない溶き卵ですが、卵の他に料理酒を少量加えておくことで、固まるまでに時間がかかるので、ご飯によく絡むようになります。

米粒が油と卵でコーティングされることによって、他のお米ともくっつきにくくなるため、パラパラに仕上がります。

チャーハンを美味しく作れば、入れるネギの種類に決まりはありません

美味しいチャーハンの作り方を抑えておけば、どんな具材であっても美味しいパラパラ炒飯を作ることが出来ます。

家で作ると、ベチャベチャなチャーハンになってしまう方は、作り方を見直してみることで、同じ環境でもパラパラチャーハンを作ることが出来ます。

チャーハンが美味しくなるポイント

  1. ご飯は温かいものを使う
  2. 強火で、短時間で作る
  3. 具材は少なめにする

ベチャベチャなチャーハンになるということは、余計な水分が出ているということです。それは、冷えたご飯に含まれる水分や具材から出る水分です。

具材をたくさん入れてしまうと、それだけ具材の水分が多くなってしまうので、ベチャベチャになりやすいのです。

お店のチャーハンは、卵、なると、チャーシューなどシンプルなものが多いですよね。

まずは、シンプルな具材で、パラパラチャーハンにチャレンジしてみましょう。

ネギとレタスと卵で美味しいチャーハンが作れます

チャーハンにレタスをたっぷり入れた、レタスチャーハンは野菜をたっぷり摂れることや、レタスのシャキシャキとした食感が人気の料理です。

でも、レタスには水分が多く含まれているので、チャーハンには向いていないのではないかと思いますよね。

でも、ちょっとした下ごしらえをすることで、驚くほどシャキシャキのパラパラレタスチャーハンが出来ます。

レタスチャーハンの「レタス」の扱い方

レタスを食べやすい大きさに手でちぎったら、氷水にしっかりと浸けて置きましょう。

こうすることで、レタスのシャキシャキ感がアップします。

そして、次に大切なことは、レタスを入れるタイミングです。

レタスチャーハンで失敗する理由

多くが、レタスを炒めはじめの段階で加えてしまうことです。

レタスは炒める時間が長ければ長いほど、レタスの水分が出て他の食材に影響してしまいます。

レタスは、すべての具材とご飯を炒め合わせて、火を止める直前に入れてサッと混ぜ合わせます。

生で食べられるレタスにわざわざ火を通す必要はないのです。

チャーハンに入れるネギは切り方によっても味が変わります

チャーハンは、自分で作る以外にも冷凍食品としても色々な種類が売っているので、手軽に食べられるようになりました。

冷凍食品のチャーハンは、すでに具材も含まれているので、温めるだけで美味しく食べることが出来ますが、ひとつ不思議なのは、なぜ解凍する時に水分が出てベチャベチャにならないのかということです。

冷凍チャーハンを食べたことがある人はご存知だと思いますが、温めて食べても普通のチャーハン、もっと言えばそれ以上にお米はパラパラしていて、それでいて風味もあり具材もジューシーというお店で食べるようなチャーハンです。

これに関して調べてみると、その理由は製造工程にあるようです。

冷凍チャーハンの中でも人気を誇るメーカーによると、製造工程ではプロが作るのと同じように高温で調理し、何工程もに分けて丁寧に作っているそうです。

約20年前も冷凍チャーハンはありましたが、その時はこの炒めるという工程はなく、味をチャーハンに似せた味付けご飯でしたが、炒める工程を加え、素材にこだわるようになる製造方法に変わってから、味も格段にアップしました。

ネギの切り方によってもチャーハンの味は変わります。

大きめにカットしたネギは食感やネギ本来の味を楽しむことが出来、小さめにカットされたネギは全体の味が統一されたり、調味料のように使うことが出来ます。

冷凍食品メーカーによっても色々な特色や味の違いがありますので、違いを楽しむのも良いのではないでしょうか。

チャーハンはネギが卵の美味しさを引き出す料理

チャーハンはシンプルが一番美味しい?

もっともシンプルなチャーハンは、ご飯と卵、ネギで作るものです。

あとは塩こしょうで味付ければ完成という簡単な工程ながら、その味わいは奥深く、シンプルゆえに、卵の味が引き立ち、いくらでも食べれるくらい美味しく感じられます。

卵の美味しさを引き立たせているのは、シンプルな味付けも理由のひとつですが、ネギの存在も忘れてはいけません。

チャーハンに入れるネギは、加熱することで甘みを際立たせ、油と炒めることにより、香りを引き出すという役割があります。

味を締めてくれるネギは、チャーハンには欠かせない食材と言えるでしょう。

ごま油とも相性が抜群なので、チャーハンにはごま油と白ネギを使うと、より本格的な仕上がりになります。