注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

料理を盛り付けるコツとは?すぐにでも真似できる盛り付けのコツ

「料理の盛り付けのコツが知りたい!」その気持よくわかります。
味に自信があっても盛り付け方が下手だと、なぜだか美味しそうに見えません。

料理は視覚も重要です。「わあ!美味しそう!」と思わせることも大切なのです。

料理の盛り付けは絵と一緒!
これからご説明する方法を実践すれば、きっといつもの料理も美味しそうに見えるでしょう。ぜひお試しを!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ナス嫌いにおすすめなレシピ。子供向けの味付けや見た目で一工夫

とろりと焼けたなすは、ジューシーで美味しいと思いませんか? ですが、子供たちには不人気なこともあり...

ニジマスの刺身のさばき方とは?コツをつかんで美味しく食べよう

釣ってきたニジマスは塩焼きにして食べる人が多いと言われていますが、刺身として食べる場合はどのようにさ...

コーンスープ(粉末)の濃厚で美味しい飲み方とアレンジレシピ

粉末のコーンスープはクリーミーで体も温まり、寒い日の朝食などにも便利な食材ですよね。 日持ちもする...

ピザをお弁当としてランチに!崩れない持って行き方のコツ

お弁当や持ち寄りパーティーにピザを持っていく場合には、どのように持ち運べばよいのでしょうか? ...

ご飯の美味しい炊き方とは?裏ワザや研ぎ方の基本を紹介

ご飯の美味しい炊き方にはどのような裏ワザがあるのでしょうか?どこの家庭にもあるあの調味料が、お米を美...

【時短レシピ】夕飯に食べたい美味しいボリュームおかず

仕事で帰りが遅くなった時には、夕飯の準備にも時間がかけられません。時間がないときにも夕飯にはボリュー...

カレーが翌日に水っぽい原因とシャバシャバカレーの救済方法

前日に作ったカレーを次の日に食べようとすると、カレーが水っぽくなっているということはありませんか? ...

主婦の昼ごはんの節約術を紹介。実際に食べている物はコレ

主婦の皆さん昼ごはんは何を食べていますか。 他の主婦の方はどんなお昼ごはんを食べているのか気になり...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

バターを手作り!牛乳で出来る簡単な作り方!フリフリするだけ

パン派の人や、お料理やお菓子作りには欠かせないバター。 値段も上がって品薄になっている時期もあ...

レンジでできる簡単お菓子!少ない材料で作るクッキー

クッキーを自宅で手作りする時には、オーブンで焼くというのが一般的ですよね。 しかし、中には電子...

なすが美味しいグラタンのレシピ。簡単レシピやなすと合う材料

好きな野菜がなすという方も多いでしょう。なすは和洋中、色々なメニューに使われますが、グラタンに入れて...

ナスとトマトで簡単美味しいレシピ!今日の晩ごはん

ナスとトマトがたっぷりとある時には、このナスとトマトを使って晩ごはんに美味しい料理を作りましょう。 ...

チーズソース好きにはたまらない絶品美味しいパスタレシピ

コクのあるチーズソースはチーズ好きにはたまらないソースです。チーズソースをたっぷり味わうならパスタが...

忙しい朝にピッタリ!時短で作るお弁当レシピをご紹介

朝は学校に行く子供、出勤前の夫などが、身支度や準備などに忙しい時間。さらに主婦は朝食の準備にお弁当の...

スポンサーリンク

料理が美味しそうに見える盛り付けのコツ

料理が美味しそうに見えるように盛り付けるときに重要なのが彩りです。
彩りにこだわって視覚的に「美味しそう」と訴えかけます。

そして彩りにこだわるなら、まずは「基本の5色」について知っていきましょう。

美味しそうに盛り付けるための基本の5色とは?

美味しそうに盛り付けるためには、基本の5色と言われる赤色・黄色。緑色・白色・黒色の5色を取り入れましょう。

そして特に重要な緑色は食欲増進してくれる色になります

緑色は料理にとって重要な色となります。緑色の食品は体の調子を整えてくれる色です。緑色はお野菜に多い色ですね。緑色のお野菜は加熱をしすぎてしまうと色味が悪くなってしまうので、加熱しすぎには注意をして、日々のお料理でたくさん使うように心がけましょう。

また赤色は地や肉や骨になる、体を作ってくれる食品になります。黄色は脳のエネルギーになるもとになります。

この基本の5色を料理に取り入れるようにすることで、視覚的にも「美味しそう!」と訴えかけることが出来るので、料理をするときには基本の5色がどれくらい入っているか?気にかけながら料理をするといいですよ。

料理を山の形に盛り付けるのも1つのコツ

料理を美味しそうに見せるために盛り付けるには、高さを出すようにして山形に盛り付けるように心がけましょう。
山形に盛り付けるという方法は、特に和食において基本となっている盛り付け方になります。盛り付けた料理の上のほうが細くなるようにして、下のほうは太く盛り付けるようにします。

高く盛り付けるポイントは下のほうの土台をしっかりと作ること

この土台がしっかり出来ていないと、料理が崩れてしまって美味しそうに見せることが出来なくなるので注意をしましょう。

また、地味な料理は形の良いものを手前に持ってきて食べるときにすぐ見えるような位置に盛り付けましょう。料理を見たときのファーストインプレッションをよくしてくれます。

料理を盛り付ける皿も美味しく見せるコツになる

料理は、その料理を盛り付ける皿にもこだわることで更に美味しく見せることができます。

白色のお皿への盛り付け

どんな料理にも合ってくれて、料理が美味しそうに見せてくれる一番使いやすい色になります。一枚は必ず持っているお皿ではないでしょうか?また、白いお皿はたくさんのお料理を盛り付けることをしなくても、ちゃんとそのお料理が主役として引き立たせてくれます。白色の空白を楽しむような盛り付けも楽しむことができますね。

黒色のお皿への盛り付け

一見盛り付けにくそうに思われるお皿ですが、実は黒色のお皿はお料理を美味しそうに見せてくれる色だといわれています。料理の彩りと黒色のお皿のコントラストが料理の印象をアップしてくれます。また、黒色のお皿は料理を高級に見せる効果もあります。普段の家庭料理も黒いお皿に盛ってみると、なんだかオシャレな料理に見せてくれます。黒色のお皿は一枚持っておくと重宝しそうですね。

赤やオレンジ色の皿への盛り付け

緑の食材をキレイに見せてくれる効果があります。なので、サラダなどの野菜料理には最適の色になります。

緑や青の皿への盛り付け

緑色の皿は、食材を問わずどんな料理でもなじんでくれるのでとても使用しやすい皿になります。
青色の皿は、盛りつけた料理をはっきりと見せてくれるので、メイン料理に使用するといいでしょう。

いつも同じお皿を使ってしまっている人は、ぜひ料理を盛り付けるお皿にも少しこだわってみてくださいね。

麺料理を美しく盛り付けるコツ

麺料理にも美味しく盛り付ける方法があります。
うどんやそばなどは、麺を持ち上げてから麺の方向をそろえてあげて、手首をひねるようにしてから皿に盛り付けるとキレイに盛り付けることが出来て、美味しそうに見せることができます。また、大葉やすだちなどを添えると彩りが加えられていいですね。

そうめんは、ゆでる前に端をタコ糸などでしばってから茹でることによって、麺がバラバラになってしまうのを防いでくれます。盛り付けるときには、縛った部分は固くなってしまっているので、切り落としてしまいます。麺の方向をそろえるようにして盛り付ければきれいに、そして美味しそうに盛り付けることができます。

パーティー料理など大皿を盛り付けるコツ

そして、特に料理の盛り付けで悩まれるのがパーティー料理などで使用する大皿への盛り付け方ではないでしょうか?
普段なかなか大皿を使う機会はそうそうないので、あの大きなお皿にどういう風に料理を盛り付ければ美味しく見せることができるのか?悩まれる方は多いはずです。
しかし、そんな大皿料理も盛り付けるコツがあるので、コツをおさえて料理を美味しそうに盛り付けましょう。

大皿料理では、料理を規則正しく並べてみましょう。
ランダムな状態で大皿に盛り付けるのは意外と計算が必要になるので難しい上級者向けな盛り付け方になります。
規則正しく料理を並べる盛り付け方は大皿初心者さんでも簡単にすることが出来ます。
また、きれいに料理を並べることで美味しそうに見えるのでおすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。