注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

アイシングクッキーの作り方!キャラも簡単に描く方法

アイシングクッキーはクッキー生地の上に、ぷっくりと可愛らしくアイシングが施されていて、プレゼントなどでもらうと、感動してしまいますよね。
もし、お子様からキャラクターの付いたアイシングクッキーをリクエストされたら、「私には絵心がないから無理無理」と思っている方も多いと思います。
しかし、キャラアイシングクッキーは、絵心のない人でも作ることができます。
お気に入りのキャラが付いたクッキーに、お子様は大喜び間違いなしです。
キャラアイシングクッキーの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

豆腐で作るチーズケーキ!ヨーグルトであっさりなめらか

チーズケーキを自宅で作る時には、たっぷりのクリームチーズにたっぷりの生クリームを使います。 コクが...

焼き魚の正しい食べ方!さんまのきれいな食べ方マナー

普段焼き魚を食べる時には、スーパーで買った切り身の状態の魚を食べることが多いと思います。 しかし、...

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

豚ひき肉を使った丼ものを作るなら?子供も食べやすいレシピ

子供も食べやすい豚ひき肉の丼ものと言えば?子供が食べてくれるものを作るといつも同じような味付けになっ...

カレーにチーズをトッピングするベストなタイミングを教えます

カレーのトッピングの中でもチーズは人気がありますが、専門店のような溶け具合にするためにはどうしたらい...

ホットケーキミックスを使ったワッフル!カリカリに作るコツ

カリカリでもちもちのワッフル美味しいですよね。お店で食べるワッフルをお家でつくるのは、発酵を必要とす...

簡単朝ごはんを作るコツ!和食の朝ごはんの基本メニュー

朝は朝ごはんの支度や、お弁当作り、仕事へ行く用意とバタバタと忙しいですよね。時間がかかる朝ごはんの支...

豚バラはお弁当に入れると脂が固まる、対処方法とレシピを紹介

豚バラをお弁当に入れたいけれど脂が固まる、白くなるからなかなか入れることができない、そんなときに役立...

豚ひき肉を使った美味しい丼レシピ。ボリュームのある簡単丼

豚ひき肉はスーパーの安売りで多めに購入するということもよくありますよね。使い勝手の良いひき肉は、いろ...

白菜とツナ缶で旨味たっぷり!カレー風味の美味しいレシピ

カレーはいろいろな料理にアレンジができて、大人も子供も大好きな味ですよね。 使い切れなかった白菜が...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

卵丼・親子丼はレンジで簡単時短!ふんわり卵が美味しいレシピ

卵丼や親子丼は、普通はフライパンを使って調理します。 しかし、ちょっと火を通しすぎると、卵のふ...

豚肉の人気おかず!家族が喜ぶ簡単美味しいボリュームおかず

ちょっとがっつりと食べたいという時には、豚肉を使ったおかずはいかがですか? 豚肉があれば、ボリュー...

食パン1斤を丸ごとグラタンに!器も食べられる絶品パングラタン

一般的なパングラタンは、切った食パンをグラタン皿に入れて具材の一つとしてパンを使いますよね。 最近...

豆腐アイスの簡単な作り方!ミキサーなしでもなめらかに作る方法

ヘルシーで美味しい豆腐アイスは、カロリーが気になる女子にも嬉しいスイーツです。 レシピを調べて...

スポンサーリンク

アイシングクッキーでキャラを乗せる作り方

可愛いキャラクターの描かれたアイシングクッキーは子供にも大人にも人気です。
意外と簡単にできるで自宅でチャレンジしてみませんか?

「絵心がなくて」という方でも心配はいりません。
ここでご紹介するのは下絵を使って、転写する方法です。

  1. お好きなキャラクターの絵を用意して、その上にオーブンシートなどを敷きます。
  2. アイシングでその絵をなぞり、キャラを完成させます。
  3. クッキーにベースのアイシングを施して、完成したキャラクターのアイシングをのせます。
  4. しっかりと乾燥させたら、完成です。

転写するので、どんなキャラクターでも簡単にアイシングで描けますよ。キャラの大きさはクッキーに合わせてくださいね。

キャラアイシングクッキーの作り方の手順

キャラクターの描かれたアイシングクッキーの作り方をご紹介しましょう。

この方法は丸や四角い形のクッキーにベースのアイシングを施して、キャラクターアイシングを乗せる方法です。

材料

  • クッキー(少し大きめの丸や四角い形)
  • キャラクターの絵(クッキーに収まるサイズ)
  • オーブンシートやセロファン(キャラクターの絵が透けて見えるもの)
  • アイシングクリーム
  • アイシングカラー
  • コルネ(オーブンシートやセロファンでつくります。)

手順

  1. アイシングクリームにアイシングカラーを混ぜて、キャラクターに使う色を作ります。乾燥すると色が濃くなるので薄めに作ります。
  2. コルネに色のついたアイシングクリーム入れて準備します。
  3. キャラクターの絵の上にオーブンシートやセロファンを敷きます。どちらもセロテープなどで固定しましょう。
  4. 絵をなぞりなぞって、キャラクターを完成させます。
  5. クッキーを用意して、ベースのアイシングを施しまます。
  6. ベースのアイシングが乾く前に、キャラクターのアイシングをオーブンシートから剥がしそっと乗せます。
  7. しっかりと乾燥させたら完成です。

キャラクターのアイシングの時は、隣り合う色は乾いていないと混ざってしまうので、描く順番には注意しましょう。
まずは濃い色を使って枠線を描き、表面が乾いてからカラーアイシングで塗りつぶす方法が塗り絵のような感じで簡単なのでおすすめです。

キャラアイシングクッキーの作り方!初心者にはキットもおすすめ

アイシングクッキーを一度も作ったことのない初心者なら、キットを購入してチャレンジしてみるのも良いでしょう。

キットにはアイシングクリームだけのものや、出来上がったクッキーとアイシングクリームの入ったものや、クッキーも自分で作るものなど様々なものがあります。

アイシングクッキーには基本的に2つの工程がある

クッキーを作る工程と、アイシングを施す工程です。

多少手抜きをしたいと思うなら、クッキーは市販ものを使うのも良いでしょう。
アイシングクリームはかなり甘いので、甘さ控えめなクッキーがおすすめです。

アイシングクリームに色を付ける場合には、アイシングカラーを使います。
アイシングカラーはジェル状のもので、少量混ぜるだけで色をつけることが出来ます。
キャラクターのアイシングクッキーではたくさんの色が必要になりますが、4色位のセットを1つ持っていると、組み合わせで様々な色を作ることが出来ます。

アイシングクッキー用のクッキー生地レシピ

アイシングクッキーはプレーン生地がおすすめ

様々なプレーンクッキーのレシピがありますが、シンプルなもので良いでしょう。
アイシングクリームはしっかりと乾燥させなくてはいけないので、クッキー生地もシンプルで固めなものがおすすめです。
柔らかなしっとりクッキー生地はあまり向きません。

アイシングクリームは粉砂糖と卵白で作るもの

アイシングクリーム自体が甘いので、甘すぎるのは苦手という方はクッキーは甘さが控えめなレシピを選ぶのがおすすめです。
お気に入りのレシピがあるなら、普段より砂糖を少なめにしても良いでしょう。

クッキーにはアイシンクリームを乗せるので、表面は平らな方が望ましいです。
クッキー生地を伸ばす時には、均等に広げてから型抜きするようにしましょう。

それでも焼いたらボコボコになってしまうこともありますよね?

クッキー生地を焼き上げたら、冷める前に平らなもので軽く重しをしましょう。
そうすることで、クッキーの表面を平らに仕上げることが出来ます。

お子様も書けるチョコペン風、簡単アイシングクッキー

子供と一緒にクッキーづくりを楽しむのもおすすめです。

クリスマスならツリー型のクッキー、ハロウィンならカボチャやおばけなどが良いでしょう。
バレンタインならハート、ひな祭りならお雛様とお内裏様、こどもの日なら鯉のぼりなど、イベントらしい形のクッキーを用意すると楽しめます。

小さなお子様なら、途中までアイシングしておくと良いでしょう。
例えば、クリスマスなら、みどりと茶色でクリスマスツリーのベースを作っておきます。

他にカラフルなアイシングクリームや可愛い形のチョコレートやアラザンなどを用意しましょう。

子供にアイシングクリームで木の端から端までジグザグに書いてもらい、そこにチョコやアラザンなどを散りばめましょう。
可愛いクリスマスツリーが完成します。

子供にアイシングクリームで絵を書いてもらう時にはコルネだと使いにくいかもしれません。
チョコレートをいれてチョコペンとして使えるアイテムが売られていますから、そういった商品を使うのもおすすめです。
100均ショップなどにもありますから、探してみてくださいね。