注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ピーマンの天ぷらの衣が剥がれない裏ワザとカラッと揚げるコツ

せっかく天ぷらが上手に出来たと思っても、なぜかピーマンの衣が剥がれてピーマンと衣だけになってしまいませんか。

ピーマン天ぷらの衣が剥がれないとても簡単な裏技を紹介します。

また衣が剥がれるのが嫌なら、かき揚げにする方法もありますよ。
苦味が苦手な子供でもこのピーマンなら甘くて食べやすいでしょう。

他にカラっと揚げるために衣に入れると良い意外な調味料を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

簡単美味しいピザソースの作り方とアレンジおやつレシピ

ピザソースは市販のものもあるので、手軽に市販のものを使っているという方も多いと思います。しかし、やは...

西京漬けの味噌は捨てない。使い回し出来る回数とアレンジレシピ

ご飯のおかずやお弁当に入れても美味しい西京漬け。 西京漬けの残った味噌はどうしていますか。味噌は捨...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

牛肉をお弁当のおかずに。柔らかい口当たりのおかずにするコツ

冷めても美味しいがお弁当のテーマだと思います。 牛肉は、繊維がしっかりしているので調理法を間違...

パンの作り方!炊飯器を使って手軽に美味しいパンを楽しむレシピ

朝はパン派という方は多いですよね。またはお子様のおやつにパンをあげることも多いと思います。 パンを...

冷凍ご飯を焼きおにぎりにアレンジ!フライパンで焼くコツ

冷凍ご飯が消費しきれずに、困ってしまう事ありませんか?冷凍してすぐに食べられれば、味も気になりません...

秋刀魚を美味しく食べるための冷蔵・冷凍保存の方法

秋刀魚は足が早い魚と言われます。そんな秋刀魚を保存するにはどのように保存すると良いのでしょうか? ...

【簡単オカズ】夕飯に食べたいお肉のボリュームたっぷりレシピ

仕事で帰宅が遅くなると、夕飯の準備も大変です。なるべく時短で調理できて、美味しくて、ボリュームのある...

ハンバーガーの順番とは?はさむモノの位置で味が変わる

ハンバーガーははさむ順番で味が変わるものなの?実はよく食べているハンバーガー、お店によってはさむ順番...

ミントの葉っぱが乗ったケーキやスイーツのミントは食べるのOK

ケーキなどのスイーツの上にミントの葉っぱが乗っていることがありますが、このミントは皆さんどうしていま...

料理を盛り付けるコツとは?すぐにでも真似できる盛り付けのコツ

「料理の盛り付けのコツが知りたい!」その気持よくわかります。 味に自信があっても盛り付け方が下手だ...

フライドポテトの作り方!冷凍すると美味しさアップ

フライドポテトはお子様も大人も大好きな1品です。 ちょっとしたおやつにも良いですし、お料理の付け合...

余っているたこ焼き粉を使って子供が大好きなおやつにアレンジ

使いきれなかったたこ焼き粉が、余ってしまっていることありませんか?封を切ってしまうと粉ものでも、なる...

【塩唐揚げの人気レシピ】むね肉を使ってもおいしく作れます

塩唐揚げを作る時はもも肉を使った方がおいしいことはわかっていても、値段を見るとむね肉でもおいしく作る...

焼き魚の正しい食べ方!さんまのきれいな食べ方マナー

普段焼き魚を食べる時には、スーパーで買った切り身の状態の魚を食べることが多いと思います。 しかし、...

スポンサーリンク

ピーマンの天ぷらが苦くない切り方と、衣がはがれない作り方

ピーマンの天ぷらの問題点は衣が剥がれてしまう点ではありませんか?

天ぷらは衣がさっくりと食材についているのが美味しいところなのに、剥がれてしまうと素揚げになってしまいます。

そこで衣が剥がれないポイントは、ピーマンに最初に小麦粉をまぶしておくことです。

時間がないからと言って、ピーマンをカットした後すぐに天ぷらの衣を付けてしまうと、油であげたときに衣が剥がれやすくなってしまいます。

これはピーマンだけではなく、どの食材にも共通していて小麦粉が接着剤の役割をしてくれるので、大切なポイントなのです。

注意点としては一番のポイントは小麦粉の付け方ですが、付けすぎてしまうと小麦粉もろとも衣が剥がれてしまうので、薄くしかししっかりと付けてください。ビニール袋に小麦粉を適量入れて材料と一緒にシャカシャカと振り付けると、適度に小麦粉をつけることが出来ますよ。

ちなみにピーマンの苦味は繊維に逆らって横にカットすると軽減されるので、お子さんの天ぷらはこのようにカットしてみてください。

ピーマンの天ぷらの衣が剥がれない揚げ方とは

ピーマンの天ぷらに衣をつけるとき、剥がれないようにするコツをご紹介しましたが、揚げるときにもコツがあります。

まずは温度!天ぷらには温度が重要。油の温度が高すぎると中に火が通る前に焦げてしまって、中身が半生に。そして温度が低すぎると衣が剥がれてしまう原因になってしまいます。天ぷらの適温は180度、衣を箸で垂らしてすぐにプチプチと浮き上がってくるくらいが丁度良い温度です。菜箸を入れたときに泡がすぐに沸き立つくらい、と表現される方もいます。

もし温度がわかりにくい場合は、クッキングヒーターを180度に設定する。また温度計を使うと良いですよ。

そして温度も大切ですが、天ぷらを入れるときには衣が固まるまで触らないこと!ここも重要なポイントです。

ピーマンの天ぷらの衣が剥がれるならかき揚げに

ピーマンの天ぷらの衣が剥がれやすいのは、ピーマンの表面が他の食材よりもツルツルしているから

衣の引っかかりがないぶん剥がれやすいというわけです。

そこでピーマンを天ぷらにするときは、かき揚げにしてみませんか。これなら衣が剥がれやすくてお悩みの方も大丈夫!

ピーマンは千切りより太めに、緑色のピーマンの他にも、黄色や赤のパプリカを一緒にかき揚げにすると見た目もキレイで食欲がわきます。

一緒に竹輪や豚肉の薄切りなどを混ぜ込んでかき揚げにしても美味しいので、ぜひ試してみてください。

この場合も通常の天ぷらを上げるときと同じように、材料には小麦粉をまぶしておくこと、油に滑り込ませるように入れて形を整えたら、衣が固まるまでは触らないことが大切です。

天ぷらをカラッと揚げるには衣にマヨネーズを入れるレシピ

天ぷらはカラッと揚がって、衣がサクサクなのが美味しいですよね。そこでカラッと上がる衣の裏技もご紹介いたします。

衣に入れるのは、なんとマヨネーズ!マヨネーズを入れるだけで、衣がさっくりと仕上がります。

でもなぜマヨネースが衣をサクサクにするのか、知りたいですよね。これはマヨネーズに乳化した油が含まれていて、それによって、熱を通したときに衣にもすばやく熱が伝わり、水分を蒸発させてくれるということなのです。

その他にも天ぷらの衣にお酢を少し入れるだけでも、カラッと揚げることが可能です。この場合はお酢がグルテンの生成を抑えるので、衣の粘り気が少なくなりカラットサクサクの衣になります。

マヨネーズを手作りした方ならわかると思いますが、お酢も油もマヨネーズには両方含まれていますので、どちらの効果もあり納得の裏技なのです。

ピーマンはフライにしても美味しい。相性抜群の豚肉と

ピーマンに衣を付けて揚げると、いつもは苦手で残してしまう子供もぺろりと平らげてしまうので驚きです。

それは天ぷらの衣だけではなく、フライの場合も同じです。

どうしても天ぷらを揚げるのが苦手という方は、フライにしてみてはいかがでしょうか。
ピーマンの肉詰めをフライにしたり、ピーマンと豚肉を串カツのようにして上げてみてください。

ピーマンと豚肉は相性抜群なので食が進むこと、間違いありません。

フライにする場合もピーマンの衣は剥がれやすいので、衣を付けるときの小麦粉はムラが出来ないように気をつけてくださいね。

ちなみに我が家はピーマンの他にも、玉ねぎやしいたけ、さつまいもなども一緒にフライにして、野菜フライを楽しみます。もちろん子供にも大人気のメニューです。

ピーマンの天ぷらをカラッと美味しくあげて、食卓に料亭のような天ぷらを並べてみてください!

天ぷらが苦手な方は結構いらっしゃいます。しかし揚げ方のコツが分かれば、サクサクの美味しい天ぷらを揚げることが出来ます。

特にピーマンは衣が剥がれやすく敬遠してしまいがちですが、衣の付け方や温度などに注意をすれば難しいものではありません。

ピーマンが苦手なお子さんも切り方次第で苦味を軽減できて、さらに衣が付くことでいつもとは違った感覚になるので、天ぷらやフライなら食べられるという場合もありますよ。

子供の苦手が大好きな食事に変わるなんて、ここはお母さんの腕の見せ所ですよね。ベタベタな天ぷらや、衣が剥がれてしまった天ぷらを卒業して、お店のような美味しい天ぷらを食卓に並べましょう。

上記の方法で、苦手だった天ぷらも得意に変わるはずです!ぜひ今夜は天ぷらにチャレンジしてみてください。