注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

着物のオークションで失敗しないためのポイントについて徹底解説

着物を楽しみたい女性にとって、一般の着物専門店よりも安く購入できるオークションはとても魅力的に映るでしょう。

しかし、安く買うことができるとはいえ、失敗してしまう人もたくさんいるといいます。
そのため、オークションで着物を購入する場合に注意すべきポイントについて理解しておく必要があります。

今回は着物のオークションで失敗しないためのポイントと実際に失敗した人の体験談をご紹介します。

オークションで良い着物を購入するために参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フリマの準備のおつりはどのくらい必要?用意しておきたいもの

フリマの準備で必要なものといえばおつりです。おつりはどのくらい用意したらいいのでしょうか? お...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

浄水器のフィルターの寿命や交換しないと起こる事とは

浄水器を付けているご家庭もあるでしょう。 浄水器を付けていて面倒だと感じるのが、定期的なフィルター...

プラ板キーホルダーの作り方のコツやポイントを紹介します

プラ板のキーホルダーの作り方とは?キーホルダーにするときには穴をあけなくてはいけません。 穴が...

口角を上げる意識を!でも、意識だけじゃ上がらない口角について

口角を上げる意識はしていても、それをキープするのって難しいんですよね。 また、単純に口角を上げ...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

布を染色する方法!色々な物を使ってキレイに布を染色してみよう

染料を使えば、自分で布を簡単に染色することができます。身近にあるものを使って染色する方法や、天然素材...

自転車の前ブレーキの調整方法とは?自分で行う場合は注意しよう

ママチャリなどの自転車の前ブレーキの効きが悪くなってくると、調整が必要になりますよね。 前ブレ...

引き戸の隙間が斜めにできるのはナゼ?対処方法を紹介します

引き戸に斜めの隙間ができてしまうときにはどうしたらいいのでしょうか?もう業者に頼んで修理をしてもらう...

No Image

クリスマスをハンドメイドで可愛く!簡単手作りオーナメント

クリスマスが近くなるとクリスマスツリーを飾るご家庭も多いと思います。特にお子様が小さいうちなどは、ツ...

冬が寒いのはどうして?理由とあったか術を紹介します

冬が寒いのはどんな理由からなのでしょうか?四季があるから…。と答えてしまいそうですが、なぜ冬は寒くな...

新車の匂いを消したい!芳香剤を使わずに消す方法と匂いの原因

新車の独特な匂いが苦手だという人もいますよね。芳香剤を使って匂いをごまかすという方法もありますが、芳...

ニットをリメイクしてカーディガンにする方法と暖か小物の作り方

あまり着なくなったニットや、外出先で脱ぎ着が出来ないニットなどを思い切ってカーディガンにリメイクして...

危険運転で通報した時のドラレコの効果とは?もし被害にあったら

最近よく目にする危険運転によるニュース。 被害者が警察に通報する際、ドラレコの映像が決めてとなるケ...

重曹洗顔で毛穴もスッキリ!正しいやり方と注意点やおすすめ頻度

重曹を洗顔に使うだけで気になる毛穴の汚れが落とせるのを知っていますか? いつも掃除に使っている重曹...

スポンサーリンク

着物をオークションで買う時に失敗しないためにはサイズの確認が大切

着物は市販されている洋服とは違い、着る人の体型に合わせて仕立てたものです。オークションで買う時に一番気をつけなければならないのがサイズになります。

着物の着丈と身丈

着丈 ・・・ 首の後ろから足首の所までの長さ。長襦袢や男性物の着物は着丈で測ります。
身丈 ・・・ 着丈+おはしょりの長さを言います。

着物のおはしょりとは

着物を着た時に帯の下に出して折り返している部分のことで、着物の長さを調節することができます。おはしょりの長さは指の長さ程度が良いと言われています。

着物の袖丈と裄丈

袖丈
は腕を広げた状態で下に延びる袖の長さのことです。身長の3分の1位の長さが丁度良いとされています。大振袖や留袖などによっても変わってきます。

首の後ろの付け根の中心から袖口までの長さのことです。手首を隠すか、又は手首を出すかなどによって長さも変わります。3~5センチ程度の誤差なら大丈夫です。

着物はお直しが可能なので、お直しを入れるつもりなら身幅と裄丈は気にしなくても問題ありません。そのまま着たいという人はサイズに注意してください。
また、着物を着る時は自分の年齢や出かけ先の格式などを考慮する必要があります。どのような場面で着るのかで、着物の種類や柄も違ってきます。よくわからないという人は詳しい人に相談したりアドバイスをもらうと良いでしょう。

着物のオークションは色で失敗することもあります

着物をオークションで買う時は「色」にも気をつけてください。ネットオークションですと、画面の明るさなどによって色が変わって見えてしまうことが良くあります。微妙な色の違いで印象も変わってしまいますし、帯と合わせる時にもちょっとした色の違いが気になってしまうかもしれません。

また、色の他にも柄の出方もあります。思っていたような感じではなかったという失敗をしないためにも、着物はいろいろな方面から見るようにし、着た時の柄の出方なども確認すると良いでしょう。柄によっては出かけ先の格式にふさわしくなかったり、それぞれの年齢層に合った柄というのもあります。

注意したい、着物の手触り

生地の感じは、オークションではわからない点です。
ネットオークションの良いところは着物を安く手に入れることができるという所です。普段から気軽に楽しみたいという方はどんどん利用してみると良いでしょう。

着物のオークションで失敗した人の体験談をご紹介

着物をよくオークションで買う方から聞いた失敗を紹介します。これから初めて買ってみるという方は参考にしてみてください。

  • 着物にサイズがあるとは知りませんでした
    色や柄だけを見て買ってしまいました。長い場合はお直しもできたでしょうが、短かったので着てみるとみっともなく、結局は着られませんでした。
  • 未使用という言葉につられました
    未使用なのに保管状態が良くなかったらしく、嫌な臭いがついていました。臭いはなかなか取れませんでした。
  • シミや汚れがひどかった
    着用可能とあったのに、実際には生地にはあちこちにシミがあり、襟にも汚れがあって気持ちが悪かったです。

オークションの場合、着物の状態の判断は人それぞれです。汚れ具合はもちろん、生地の痛み具合なども気にかけてください。しっかりと隅々まで確認して、気になる所は買う前に出品者に質問しておきましょう。

オークションで失敗することが怖い人はリサイクルショップという手段もあります

オークションに抵抗がある人はリサイクルショップにしてみると良いかもしれません。リサイクルショップはオークションと違って実物を見ることができます。可能であれば試着もしてみてください。
色味や柄の出方も確認できますし、生地の痛み具合やシミや汚れなど、オークションだとなかなか確認できない部分をしっかりと見ることができます。

リサイクルショップで買う場合もやはりサイズには注意してください。自分の身丈や裄はあらかじめ把握しておきます。身丈は多少誤差があっても着付けで調整可能です。どうしても短い場合はおはしょりを出さない着方もありますが、着崩れしやすくなります。

古い着物の場合は色焼けしてることがあります。裏だけ変色していることもあるようなので、裏も表もよく見ることです。
汚れやすいのは袖口、裾、衿周りですので、このあたりのシミや汚れもチェックしましょう。背中のあたりに汗じみがあることもあります。

ネットオークションで着物を買う場合に注意すべきポイント

ネットオークションで着物を買うのは良いものをお値打ちで買うことができる良い点があります。高価なものも手に入れることができるチャンスです。しかし、もちろん失敗してしまうこともあります。ネットオークションで買う時は気をつけなくてはならないことがあります。

出品者のこれまでの取引実績を調べてみてください。評価も確認しましょう。

オークションではネット上だけの取引で相手の顔が見えない

信頼できる出品者かどうかを調べておくのは大切です。

ネットオークションは実際に生地を手にとってみることができないため、生地の質感や痛み具合を確かめることができません。また、着物の画像を見てもシミや汚れなどの細かいものは見つけることは難しく、また、色味も若干違って見えてしまうことは多くあります。心配な点は出品者に質問をして、購入する前にしっかりと確認しておきましょう。