注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

布団を干すなら下にカバーを敷こう!布団を干すポイントです

布団をベランダに干す時は、下にカバーを敷いてから布団を干しましょう。
下にカバーを敷くだけで、布団の痛みや汚れ防止に繋がります。
つい面倒でそのまま布団を干してしまいますが、これからは下にカバーを敷くことをお忘れなく!
布団干しカバーには布団を干すための工夫がたくさんありますので、あなたが使いやすいタイプを選ぶのもおすすめです。
布団を干す時間帯や頻度も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

朝顔の支柱が足りないほどつるが伸びた場合の対処法を紹介

元気な朝顔。朝顔のつるがどんどん伸びていき、最初に立てた支柱が足りなくなる位大きくなることもあります...

足の臭いを消す対策について知りたい!子供の足臭いを無くすには

子供は大人よりも体臭が少なくて、臭いものだなんて思っていない人も多いと思いますが、子供は意外にも小さ...

フラメンコのカスタネット上達のための練習方法と注意点について

フラメンコ教室でいよいよ始まったカスタネットの練習。しかし、なかなか良い音が鳴らなくて悩んでいる人も...

コガネムシの駆除には自作ペットボトルトラップが効果的です

お庭の花の天敵であるコガネムシ。その駆除方法には薬剤を使う人も多いようですが、お花のことを考えるとな...

正月に神社にお供えする酒や、振る舞い酒について詳しく調査

お正月に神社へ初詣でに行ったら、振る舞い酒を頂ける所もありますね。 お神酒ともいいますが、お神...

お風呂掃除道具の置き場に困った時のアイディアと収納術

お風呂掃除の道具の置き場はどこにしていますか? 大きく分けると浴室の中に置く場合と、浴室の外に置く...

フレーム修理して車に乗ってもいいが破損が激しい場合は考えよう

フレームのちょっとした歪みくらいなら、わざわざ車を修理しなくても問題ないのでは?と思っていませんか?...

本棚の収納ルールと収納アイデア!すっきりとおしゃれに整理

本や雑誌はどんどんと増えて、本棚に収納しきれないという方も多いと思います。本棚の容量を超えた本は、本...

歯ブラシの後に歯磨き粉が残る方へ。歯磨き粉の適量について

歯ブラシをし終わった後に、口の中に歯磨き粉が残ると感じる方はいませんか? もしかして、歯磨き粉の量...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

バレエ(子供)の髪型のコツやポイントシニヨンヘアについて

子供がバレエに通うのだけれど、髪型をどのようにしたらいいのかわからない…というときにはまずシニヨンヘ...

レザークラフト初心者必見!最初に作りたい小物と作り方のコツ

レザークラフト初心者で作り方がよくわからない! 皮を使ったおしゃれな小物を作りたいけど、どんな素材...

押し花の作り方【クローバー編】押し花を綺麗に作る作り方を解説

四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるという話を聞いたことがある人もいますよね。もしも四つ葉のク...

紙粘土を乾燥する時に注意して、ひび割れができないようにしよう

紙粘土を使って何かものを作ろうと思っても、初心者だとどうしてもひび割れができてしまいますよね。 ...

油性ボールペンの落とし方。用意する物と手順と出先での対処法

ワイシャツの胸ポケットにボールペン入れていたらインクがついてしまった事や、書類を書いていたらうっかり...

スポンサーリンク

布団を外に干す時は、カバーをつけて干すのが正解

布団を外に干すときには、必ずカバーで布団を覆ったり、布団を掛ける位置に布団干しシートを敷いたりしてから干すようにすることが大切です。

理由は、ベランダや物干し竿などについた塵や埃、花粉、砂埃などが布団に付着してしまうのを防ぐため。

汚れが付着した布団をそのまま家内に取り込んでしまうと、アレルギーなどの原因にもなりかねませんし、なによりも安眠を得ることができませんね。
せっかく天日干しでフカフカの布団にしたのに、眠る時間になって咳き込んでしまったり、家の中が埃っぽくなってしまっては、何の意味もありません。

布団干しカバーは、外気の汚れから布団を守ってくれるだけでなく、羽毛布団や真綿布団などのデリケートな素材の布団の傷みを防いでくれる効果もあります。
いろいろなタイプの布団干しカバーがありますので、使っている布団や布団を干す場所に合ったものを選んで、使いこなしましょう。

布団を干す専用カバーにはたくさんの工夫が

布団を干すカバー・シートには、さまざまな工夫がされています。

布団全体を覆うのが特徴の布団干しカバーは、カバーの中に布団を入れれば、そのままベランダや外に出して布団を干すことが出来ます。

特殊なカバーの造りで、カバー内の湿気は外に逃し、花粉やホコリなどのゴミは中に入り込まないようにされる工夫がされています。
黒い色のカバーは、日光の光も集めやすく、短時間で布団を温めるので、ダニ除去にも効果が期待できます。
外気の汚れから布団を守る目的で使用するのであれば、布団干しシートよりもカバーの方が断然おすすめです。

一方布団干しシートは、干した布団の上部を外気の汚れから守ることは難しいものの、ベランダのバーや外壁についた汚れが布団に付着するのを防ぐことができる便利なシートです。布団干しシートが風で飛ばされないように、ボタンでベランダのバーに固定できるような機能や、長さを調整できるものもあります。
布団全体を外気の汚れから守るのには向きませんが、干す前にベランダの拭き掃除をする手間が省ける点では、便利なアイテムです。

布団を干すカバーの選び方

布団を干すカバーには、いろいろなタイプのものがあります。

布団干しカバーを選ぶ時のポイントを紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです。

たいていの布団干しカバーは、不織布でできています。
ビニール製のものは見かけることがあまりないと思いますが、中に湿気が溜まってしまい、布団が汗をかいてしまいますので、おすすめできません。

布団を干すカバーは、明るい色よりも暗い色の方がおすすめです。

特に黒は、光を吸収しやすいので、布団を早く乾燥させることができます。

花粉やホコリをシャットアウトしてくれるタイプの布団カバーは、おすすめです。
特に、小さなお子さんがいる家庭では、この機能がついた布団カバーを購入することをおすすめします。

また、洗濯機で丸洗いできるタイプの布団干しカバーは、布団を取り込んだあとですぐにカバーの洗濯ができるので、家の中に汚れを持ち込む心配もなく、安心して使うことができます。

布団の大きさによっては布団干しカバーが使えない場合もありますが、サイズも豊富なので、ネットなどで一度検索してみると良いでしょう。
布団干しカバーだけでなく、枕干しカバーなどの便利なものも見つかるはずです。

布団干しカバーだけじゃない、布団を干す時に使える便利アイテム

布団干しカバーではなく、布団干しシートの使用を検討している方は、「ブルーシート」で代用することも可能です。

しかし、ブルーシートには、シートのズレ防止や、滑りどめのボタンなどがないので、ブルーシートを使う際には、布団ばさみなどを使用し、布団が落ちてしまわないように固定することが大切です。

ブルーシートであれば、安く手に入れることが出来ますし、古くなった時の買い替えもラクですので、気軽に始めることができますね。

使用の際には、表裏がわかりやすいように、マジックで書き込むか、わかりやすい印を付けておくと、間違って汚れた面に布団を干してしまうことを防ぐことができます。

安く手に入るブルーシートですが、欠点として、

  • 重くて扱いづらい
  • 子供用布団など、汗を沢山吸収した布団は内側が蒸れる

ということがあげられます。

ベランダのバーや物干し竿をいちいち拭くのが面倒だという方は、布団干しシートやブルーシートを使用して、快適に布団を干しましょう。

布団を干す時間帯と頻度

布団は、干すのに適した時間帯と頻度が物によって異なります。

寝汗を吸収しやすい敷布団は、週に2~3回、最低でも週に1回は干すようにしましょう。特に、綿素材の敷布団は、吸水性はあるものの速乾性がないため、湿気を溜め込みやすいです。ポリエステルや羊毛の布団よりも頻繁に干すようにしましょう。

敷布団に比べて、湿気が溜まりにくい掛け布団ですが、週に1回は干したほうが良いです。素材に応じて、布団を傷めないようにカバーを付けたまま干すようにします。
日光に弱い素材の物は、陰干しをするように注意してくださいね。

布団を干すのに適している時間帯は、11時~16時の湿度が低い時間帯です。
17時を過ぎると、布団が湿気を吸収しはじめてしまうので、それよりも前に取り込むようにしましょう。

布団を干すのはもちろん晴れた日。
お陽さまの光で布団をフカフカに干して、気持ちの良い睡眠をとってくださいね。