注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

浄水器のフィルターの寿命や交換しないと起こる事とは

浄水器を付けているご家庭もあるでしょう。
浄水器を付けていて面倒だと感じるのが、定期的なフィルターの交換なのではないでしょうか。

中にはしばらく交換していないという人もいるようです。浄水器のフィルターを交換しないをどうなるのでしょうか。

交換しないことで起こる事例や、浄水器のフィルターの寿命について解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コウノトリが子供を運んでくるのはなぜ?言い伝えの由来を解説

「コウノトリが子供を運んでくる」という話を聞いた事がある人もいますよね。実際に「赤ちゃんはどこからく...

プラ板キーホルダーの作り方のコツやポイントを紹介します

プラ板のキーホルダーの作り方とは?キーホルダーにするときには穴をあけなくてはいけません。 穴が...

ピアノの演奏会におすすめのプレゼントや差し入れの選び方

ピアノの演奏会に招待された場合には、やはりプレゼントや差し入れを持っていくのがスマートな方法です。 ...

危険運転で通報した時のドラレコの効果とは?もし被害にあったら

最近よく目にする危険運転によるニュース。 被害者が警察に通報する際、ドラレコの映像が決めてとなるケ...

沖縄でタクシーを貸切るメリットとタクシー会社を選ぶポイント

沖縄旅行をする際に重要になるのが、移動手段です。 そこでおすすめしたいのが、タクシーを貸切っての移...

スライム作りでシェービングフォームがない場合の代用になるもの

シェービングフォームを使ったスライム作りが人気ですが、シェービングフォームが家にない場合もあると思い...

マイホームが完成してからの後悔。日当たりが悪い家について

マイホームが完成して、いざ住み始めて気づくことっていろいろとあります。 マイホームを建てた人が...

リュックのファスナーが壊れた時の修理方法を症状別に解説!

リュックのファスナーが壊れた時、自分で修理することができれば費用もかからず捨てずに済みます。 まず...

ひまわりの育て方とは?種とりのタイミングや準備するもの

ひまわりの育て方の最終段階となる種とりですが、この種とりはいつ行えばいいのでしょうか? また、...

色鮮やかな押し花の作り方!桜の花で可愛い押し花を作ろう

押し花の作り方覚えていますか?小さな頃に押し花を作った記憶はあるものの、どうやって作ったのか?キレイ...

かぼす・すだち・シークワーサーの特徴や違い!見分け方のコツ

「かぼす」と「すだち」と 「シークワーサー」はとても似ていますよね。 全部柑橘系であるというこ...

北側玄関だって花壇は楽しめる!北側玄関で花壇を作るポイント

花壇は光が降り注ぐ場所で楽しむイメージがあるので、家の玄関が北側だと、花壇は作れないのかと思ってしま...

バラの消毒をするときの方法とは?ポイントや注意点を紹介します

バラの消毒をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バラの消毒をするタイミング...

100均で購入ができるライト!自転車用ライトをご紹介

自転車のライトが知らないうちに外れてしまっていたり、購入時にライトがついていない場合もあります。 ...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

スポンサーリンク

浄水器のフィルターを交換しないと衛生面が心配

自宅の水道に浄水器をつけている家庭も多いですよね。きちんと浄水器のフィルターを交換していますか?

フィルターを交換しないとどのようなことが起きるのか

カートリッジの交換は面倒ですよね。はじめのうちはしっかり交換時期が来ると交換していますが、そのうち時期を伸ばしたり、忙しくて交換時期を忘れてしまう人もいます。中には交換しないで使い続ける人もいるのです。しかし交換しないで使い続けると大変なことになります。

カートリッジは交換しないといけないものです。カートリッジを交換する理由は、浄水器を衛生的に使うためです。
カートリッジの中には雑菌が繁殖するための条件に、水分、養分、湿度が整っています。カートリッジ内には塩素が除去された後の、雑菌が好む水分がたくさんあります。塩素が除去されているので雑菌も繁殖しやすくなっているのです。そして浄水器の浄水が出る所はかなり汚れています。理由はシンクからの水の跳ね返りや洗い物をした時のしぶきがつくので雑菌にとって養分となるのです。浄水器は室内に取り付けられるので、いつも常温なので雑菌が繁殖しやすい温度になっています。このような条件が揃うと雑菌が繁殖してしまうのでカートリッジを定期的に交換する必要があるのです。

浄水器のフィルターを交換しないとどうなるの

浄水器は、水から塩素やカルキ臭を取り除くのが目的です。浄水器のカートリッジにはフィルターと呼ばれる水をろ過する膜が内蔵されています。フィルターには中炭を粒状にした活性炭、不織布という繊維を折らずに絡み合わせたシートなど色々あります。浄水器によって使用しているフィルターが違います。このような素材で出来たフィルターの中を水が通ると塩素や臭いが、繊維や炭に絡まり水が綺麗になります。水から取り除いた不純物はこのフィルターに溜まります。水を使う度に不純物がどんどんフィルターに溜まるので、フィルターの中にどんどん汚れが溜まってしまうのです。

汚れをそのままにしておくとフィルターが目詰まりしてしまいます。目詰まりしているフィルターを交換しないで使い続けると最悪水が逆流することもあります。そのようにならないためにもカートリッジは定期的に交換しましょう。

浄水器のフィルターは交換しない?寿命について解説

浄水器のフィルターの交換時期や寿命を知っていますか?フィルターを交換しないと目詰まりを起こしてしまうこともあるので定期的に交換しましょう。

カートリッジの寿命は浄水の使用量や水道水の汚れによって異なります。水道水の量は家に住んでいる人数によって異なります。塩素を除去する量によって違いが出てきます。そして残留塩素の濃度は全国一律ではないのです。水道局からの位置によって差があることが知られています。1番の曲者は水道水の汚れです。水道水の配管の汚れは老朽化が進み一部取替工事をしている所もありますが、進んでいない地域もあるのです。老朽化した配管から鉄サビなどのよごれがたくさん出ます。この汚れがフィルターの目詰まりの原因になることもあります。

配管の汚れは地域差はあるので事前に判断することが難しく、実際に住んでみないとわかならいことが多いのです。浄水器のフィルターは定期的に交換、もしくは汚れが気になったらすぐに交換することをオススメします。

浄水器のフィルター交換が面倒ならウォーターサーバー

浄水器のフィルターを交換していないと、内部で発生しやすいのが黒カビです。黒カビは水分、養分、常温の3つの要素が揃うと発生します。特に目詰まりを起こし始めたフィルターにはたくさんの養分があるので、浄水器内部は黒カビが発生しやすい状態になっています。

なのでフィルターを定期的に交換しないと、浄水器内部は常に黒カビが発生しやすい状態になっていたり、カビが発生していることもあるのです。その水を飲むことで健康被害がおきてしまう可能性もあるのです。浄水器のカビの発生を防ぐためにも、定期的にフィルター交換をすることをオススメします。

浄水器のフィルター交換が面倒と思う人にオススメなのが、ウォーターサーバーです。ペットボトルのお水をお店で購入して自宅まで運ぶのは重たくて大変ですよね。しかしウォーターサーバーなら業者の人が玄関先まで運んで来てくれるので、とても便利です。なによりフィルターの交換をしなくていいので手間がかかりませんし、衛生面でもおすすめです。

浄水器のフィルター交換をしている人はどのくらいなのでしょう

浄水器のフィルターをきちんと交換している人はどのくらいいるのでしょうか。浄水器は一定の量をろ過すると寿命になります。そのため定期的にフィルターを交換する必要があるのです。きちんと交換している家庭は6割でした。

浄水器のフィルターをきちんと交換しているその理由を紹介します

  • 交換時期になると音がなるように設定されている。
  • 交換しないと音が鳴り続けるので、耳障りなので交換している。
  • 1年毎に交換するようになっているが、そこと敢えて11ヶ月で交換するようにしている。
    交換時期を記入しておくので忘れることなく交換することが出来ると言う人が多くいました。
    浄水器を使う場合は定期的にフィルターを交換するようにしましょう。交換しないで使い続けてると浄水器の意味がなくなります。