注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

簡単朝ごはんを作るコツ!和食の朝ごはんの基本メニュー

朝は朝ごはんの支度や、お弁当作り、仕事へ行く用意とバタバタと忙しいですよね。時間がかかる朝ごはんの支度は、なるべく簡単に済ませたいところです。

そこで簡単に作れる和食の朝ごはん、基本のメニューを簡単に作る方法をご紹介いたします。

まずは朝にとりたい栄養素が、食事に取り込めているかを考えて見てください。野菜が足りないと感じる場合などは、作り置きおかずを上手に利用してみるのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【韓国のソウルフード!キンパの作り方】本場のキンパをご紹介

韓国のキンパをご存知ですか?見た目は日本の海苔巻きにそっくり!しかし味付けや入っている具に違いがあり...

レタスを冷蔵庫で長期保存するための芯の処理方法について解説

買ったばかりのレタスはみずみずしくて美味しいけど、冷蔵庫に入れている間にしなしなになってしまいますよ...

豚ひき肉のそぼろは作り置きが便利!アレンジでさらに美味しく

豚ひき肉のそぼろは、簡単に作れる上に、作り置きに向いているメニューです。 ただご飯に乗せるだけでも...

電子レンジでクッキーが焼ける?オーブンを使わない焼き方を紹介

クッキーを手作りするとなると、オーブンがなくてはダメ。そう思ってしまいませんか?実は意外とオーブンが...

ハンバーガーの順番とは?はさむモノの位置で味が変わる

ハンバーガーははさむ順番で味が変わるものなの?実はよく食べているハンバーガー、お店によってはさむ順番...

ケーキのクリームの絞り方のポイント。デコレーションのコツ

自宅でケーキを焼いて、生クリームでデコレーションをしても、なかなかお店のような仕上がりにはなりません...

ホットケーキミックスを使ったワッフル!カリカリに作るコツ

カリカリでもちもちのワッフル美味しいですよね。お店で食べるワッフルをお家でつくるのは、発酵を必要とす...

ナスと大根おろしを使った美味しいパスタ!さっぱり&コクレシピ

さっぱりとしたパスタが食べたいという時には、大根おろしを使ったレシピがおすすめです。暑くて食欲があま...

夕飯のレシピは悩まない!豚肉を使ったメインの一皿をご紹介

夕飯のお助けメニューのレシピ、持っていますか? 冷蔵庫に必ず常備しておく野菜と豚肉を組み合わせ...

簡単美味しいクッキーレシピ!少ない材料でできる手作りクッキー

クッキーはお菓子作り初心者にもおすすめのお菓子です。 手作りのクッキーは市販のクッキーにはない美味...

牛肉の脂身の使い道とは?安いお肉が高級お肉風に大変身

牛肉の脂身にはどんな使い道があるのでしょうか?なんだか扱いが難しそうな牛脂ですが、実は料理に使うと簡...

【カレー鍋の具材】おすすめからマイナーなものまで大特集

子どもも大好きなカレー鍋。でも、普通の鍋と違ってどんな具材を入れればいいのか悩んでしまう人も多いとい...

【本格的なラーメンの作り方】 鶏ガラからスープを作ってみよう

お店で食べるラーメンって本当においしいですよね。そのスープを自分で作ることができたら、家でも食べれる...

豚ひき肉とキャベツを使った晩ごはんに食べたいボリュームレシピ

豚ひき肉とキャベツは王道の組み合わせ。冷蔵庫に豚ひき肉とキャベツがある時には、これを使って晩ごはんの...

卵と牛乳で作る簡単アイスクリーム!手間なし美味しいレシピ

アイスクリームは買ってくるもの、そう思っている方も多いと思います。家でアイスクリームを作る場合には、...

スポンサーリンク

和食朝ごはんの基本メニュー

和食の基本は”一汁三菜”

一日に食べる3食の食事の中でも、朝食に栄養バランスの重点を置くことは、その日のエネルギーを蓄えるという意味でも、非常に大切です。頭では分かっていながら、朝は結局ギリギリの時間まで寝てしまったり、他の準備に慌ただしく、なかなか充実した時間が取れないという人は多いのではないでしょうか。そのため、バランスのとれた朝食を作りたいと思いながらも、食パンを焼いただけの朝食になる…というのは私の毎朝の定番ですが、同じような人もきっといるでしょう。

特に、朝食で和食を作る場合、イメージ的に時間も手間もかかりそうで、躊躇してしまいがちです。

和食の基本は、”一汁三菜”と言われているように、ご飯と共に、味噌汁などの汁物と、主菜や副菜で3品程度付け合わせるスタイルが理想的です。

和食は寝起きでぼんやりしている体に、丁寧な出汁の味が脳や体に優しく刺激してくれるので、日本人が昔から食べている理想的な朝食です。

一汁三菜を意識することで、ご飯のみやおかずのみの食べすぎを防ぐだけではなく、栄養のバランスも自然に摂れ、健康的な体を保てます。

和食の朝ごはんを簡単に作るポイント

前日の夜に作り置きをして翌日の準備を簡単に

栄養バランスの取れた和食が、朝起きて用意されていたら、もちろん喜んで食べるという人は多いでしょう。

和食は作る手間がかかるというイメージから、バタバタする朝には敬遠しがちで、それでも時間があれば作りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

時間がない朝に和食を食べたい時、「和食の作り置き」はおすすめです。

食べる前日の夜に、副菜をいくつか作り置きしておけば、朝はご飯と味噌汁さえ作れば、あとは作り置きした副菜を器によそえば立派な和食御膳になります。

特に、副菜は煮物や煮浸しなどにすると、翌日は味が染み込んで作りたてよりも美味しくなることもあります。

作り置きを上手く活用し、理想的な朝食を簡単に作ってみましょう。

和食の朝ごはん!後片付けも簡単に済ます方法

ワンプレートでカフェ風の和朝食に

朝食に和食を食べるのは、栄養面から見ても理想的ですが、副菜ごとに器や小皿を使うと、細々した食器が出てしまいます。それでさえ時間が足りない朝の時間に、台所のシンクにたくさん食器が溜まってしまうのは食器を片付ける時間が必要になるため、余計、朝の時間に余裕がなくなってしまいますよね。これを防ぐために、和食をワンプレートに盛り付ける方法はおすすめです。

ご飯も茶碗によそうのではなく、おにぎりにすることで、食べやすくなり、ワンプレートにそのまま置くことができます。

卵焼きや魚などのおかずは他のおかずと干渉しないように盛り付け、汁気が出るおかずは小鉢などに入れ、ワンプレートに乗せましょう。

大きめのプレートを使い、彩りを意識しながらおかずを乗せてみると、まるでカフェで出るようなおしゃれなワンプレートの朝食になります。

ワンプレートにすることで、洗う食器もプレートだけで済むので、片付けがとても楽になります。

簡単に和食の朝ごはんを済ませたい方は栄養たっぷりの具だくさんみそ汁を

具たっぷりの味噌汁一杯でおかずの栄養を補う

和食の朝ごはんと言えば、味噌汁は外せませんよね。

出汁の豊かな風味と、味噌や具の違いによって味も変わるので、味わう楽しみがあります。

朝食を和食にしたいけれど、副菜を細々作るのはやっぱり大変という時は、具材たっぷりの味噌汁でおかずの栄養を補うこともできます。

豚汁のように、豚肉の他に、大根や人参、玉ねぎ、しめじなど、たくさんの具材を入れることで、栄養たっぷりの味噌汁になりますよ。

味噌汁なら、朝の目覚めきっていない体でも徐々に体を温めながら栄養を取り込むことができます。

朝からそんなにたくさん食べられないという人にも、具材たっぷりの味噌汁はおすすめです。

朝ごはんをしっかりと食べることが必要な理由

朝食は3食の中でも集中力の鍵を握る食事

私達は、一日のうち食事を朝食・昼食・夕食の3食に分けて栄養を取り入れることが基本です。動いたり、頭を使うためには、体の中のエネルギーを使いますが、栄養をしっかり摂っていないと、エネルギー不足に陥ってしまい、頭が働かなかったり、体が動かなくなってしまうからです。

人が一日に必要なエネルギーは、性別や体格、年齢などによって違いがありますが、ベストなエネルギー量を3回に分けて体に取り入れることで、エネルギーを持続しながら補給できます。

その中でも、朝食は、3食の中でも重要です。

人の集中力は、2時間程度と言われていますが、人の活動量が一日の中でももっとも活発になる午前中にエネルギーを使うことが効率的と言われています。

そのため、栄養バランスの摂れた朝食をしっかり取ることが、集中力アップの鍵になるのです。