注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

フライドポテトの作り方!冷凍すると美味しさアップ

フライドポテトはお子様も大人も大好きな1品です。
ちょっとしたおやつにも良いですし、お料理の付け合せとしても使えます。

普段はスーパーにある冷凍のフライドポテトを使っているという方がほとんどだと思いますが、家でじゃがいもから作ることもできますよ。

家庭で作るホクホクカリッとした美味しい作り方や、冷凍のフライドポテトを使った美味しいレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷凍御飯を使ったリゾットレシピ。簡単和風リゾットの作り方

ご飯がたくさんある時や、休日のランチなど、リゾットを作ることもあると思います。リゾットは和風の味付け...

じゃがいもは皮付きが美味しい。基本の洗い方や便利な方法とは

じゃがいもは皮付きが美味しいと思いませんか。 じゃがいもや野菜の皮には沢山の栄養分が含まれてい...

オリーブオイルの作り方、自家製オリーブオイルは揉んで濾すだけ

自家製オリーブオイルを作るにはどのような作業が必要なのでしょうか?自家製オリーブオイルの作り方を紹介...

オリーブオイルの作り方は簡単?さっそく作ってみませんか

自分の家の庭で育てたオリーブの木からオリーブオイルを作ったら、新鮮で美味しそうですよね。 でも...

夏にカレーがいいと言われるのはなぜ?カレーが夏に最適な理由

『夏にはカレーがいい』という話は聞いたことがありますよね。 暑い夏に、なぜ暑いカレーを食べなく...

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

お赤飯に甘納豆を入れる場合は炊飯器で簡単に作れます

お赤飯と言えば小豆を使うものだと思っていた人にとって、北海道のお赤飯には甘納豆が使われていると聞いて...

なす料理の中で人気のものについて知りたい

なすは夏から秋にかけて美味しく食べられる人気の食材です。 それを料理しようと思って迷った時に参考に...

夕飯におすすめなメニューとは?簡単に作れるおかずを紹介

今日は家族でお出かけをしたから夕飯を作るのが正直しんどい…しかし、お昼は外食したから夜は家でゆっくり...

アジを美味しく食べるための冷凍方法と保存期間

アジはよく食卓に上がる魚の一つですよね。 青魚は体にも嬉しい効果がたくさんあり、昔から食べられてい...

豚ひき肉のそぼろは作り置きが便利!アレンジでさらに美味しく

豚ひき肉のそぼろは、簡単に作れる上に、作り置きに向いているメニューです。 ただご飯に乗せるだけでも...

なすが美味しいグラタンのレシピ。簡単レシピやなすと合う材料

好きな野菜がなすという方も多いでしょう。なすは和洋中、色々なメニューに使われますが、グラタンに入れて...

カプチーノの美味しい作り方とラテアートのコツ【自宅カフェ】

美味しいカプチーノを飲む時間は、リラックスできて至福のひと時ですよね。 お店でよくカプチーノを飲む...

残った天ぷらをお弁当用にアレンジ!おすすめレシピをご紹介

夕食に天ぷらをたくさん作ってしまって、余ってしまう時もありますよね。 そんな場合は天ぷらをアレ...

シフォンケーキ作りに失敗してもリメイクでおいしく食べれます

シフォンケーキを作ったものの、膨らみすぎたり型から出す時にうまくだせなかったりすることもありますよね...

スポンサーリンク

家庭で作るフライドポテトの作り方~一晩冷凍するのがポイント

ファーストフードでも、フライドポテトを頼む光景はよく見るほど子供にも大人にも人気がありますね。

フライドポテトを美味しく揚げるポイントがあったら知りたいですよね。

ジャガイモで作るフライドポテトの作り方のポイントを紹介します

【作り方】

  1. ジャガイモを短冊切りにします。切ったじゃがいもは水で洗います。
    ジャガイモにはデンプン質が多く含まれているので、水洗いと下茹ですることで揚げた時に焦げるのを防ぐことが出来ます。
  2. 5分ほど下茹でして、一晩冷凍します。
    なぜ冷凍するのか不思議ですよね。
    冷凍することで水分が飛びます。水分が少なくなるとジャガイモがホクホクした仕上がりになり表面はカリっとした食感にるのです。
  3. 次に冷凍したジャガイモを揚げるのですが、ポイントは二度揚げです。
    まず一回目は低温(目安は150度くらい)の油で揚げます。この時じっくりと揚げるのがポイントです。大体の時間は5分くらいでいいでしょう。
    この時に何度がかき混ぜることで空気が入りカラっとした揚がり具合になります。一度油カラ引き上げます。
    二回目は、温度の高いラードを使って1分ごど揚げます。ラードを使うことで中はホクホク、外はかりかりのフライドポテトの完成です。

冷凍フライドポテトはじゃがいも代わりに使えて便利!簡単な作り方

冷凍フライドポテトは揚げてそのまま食べるだけじゃない、とても便利なものなのです。
市販されている冷凍フライドポテトは皮をむく手間や下ゆでがいりません。

またじゃがいもがそのまま大きめにカットされているタイプは、ジャガイモを使う料理にそのまま使うことが出来ます。

ジャガイモそのままの素材も活かされて便利で美味しいのです。

冷凍ポテトをアレンジした使い方を紹介します

まずは潰して使うレシピです。

じゃがいもを潰す料理といえば、ポテトサラダです。やや大き目に潰すことでイモの食感が楽しめますよ。

じゃがいも料理といえば、肉じゃがも定番ですね。肉じゃがに使う場合はそのまま入れることができるので大変便利です。

時間が経って味ご染み込んだ肉じゃがは、普通に作った物とそんなに違いは感じられませんよ。

フライドポテトを使った肉じゃがのレシピを紹介します

【材料】約2人分

  • 冷凍フライドポテト・・・200g
  • 冷凍さやいんげん・・・30g
  • 玉ねぎ半分(串切り)
  • 人参・・・1/4本(いちょう切り)
  • 豚肉・・・150g(豚こまでもOK)
  • めんつゆ・・・大さじ1 1/2
  • 水1カップ

【作り方】

  1.  鍋にめんつゆと水を入れて煮立てます。
  2. 人参、玉ねぎ、冷凍フライドポテトをそのまま入れます。
  3. 煮汁が約半分くらいになったら冷凍さやいんげんを入れて煮汁が無くなるまで煮たら完成です。

こんな作り方もおすすめ!冷凍フライドポテトでおかずの1品

冷めても美味しい肉巻きポテトのレシピの紹介です。お弁当おかずにもどうぞ。

子供が大好きなポークチャップ味が食欲をそそります。

【材料】2~3人分

  • 豚バラ肉・・・10枚くらい
  • 冷凍フライドポテト・・・約60本

【調味料】
☆ケチャップ・・・大さじ2と1/3
☆ウスターソース・・・大さじ2と1/3
☆みりん・・・大さじ2と1/3
☆しょうゆ・・・小さじ1/2
☆油・・・適量

では作り方を見ていきましょう。

  1. 冷凍フライドポテトを凍ったままの状態で肉に巻いていきます。ややきつめに巻くのがポイントです。豚バラ肉に冷凍フライドポテトが6本くらいがオススメです。
  2. フライパンに油をひいて巻終わりを下にして焼きます。

☆で味付けをして、しっかり焼いて完成です。

油を使わないフライドポテトの作り方

冷凍ポテトを使ったレシピはまだまだあります。

簡単ヘルシー!油で揚げないフライドポテトの作り方を紹介します。油ハネもありません。

まずは冷凍ポテトを好きなだけ用意します。今回は120gくらいです。
では作り方をみていきましょう。

  1. テフロン加工のフライパンを使用します。油は使わないで凍ったままのポテトを敷き詰めます。
  2. 火は中火にします。
  3. 1分ほど焼いたらひっくり返してください。
  4. フタをして30秒待って、またひっくり返します。
  5. 2、3回繰り返したら塩を振って完成です。

ここでの大きなポイントはテフロン加工のフライパンをつかうことです。

油を使わないヘルシーなフライドポテトができますよ!
あと片付けも楽ですね。

小さなじゃがいもはそのままフライに

子供のおやつにオススメ!コロコロじゃがいもフライのご紹介

【材料】大体2~3人分

  • じゃがいも(小さめ)・・・200gくらい
  • 塩コショウ・・・大さじ1くらい
  • 粉末パセリ・・・少々

【作り方】

  1. じゃがいもを良くあらいます。皮はむいてもむかなくてもいいです。お好みでどうぞ。
  2. じゃがいもの水分をすっかり切ってから揚げます。油の温度は160℃くらいです。
  3. じゃがいもの表面が色づいてきたら火が通ったか確認します。竹串を使うと便利ですよ。
  4. 油を切って塩コショウ・粉末パセリをかけて完成です。

※揚げたじゃがいもは、ジャーマンポテト風にもアレンジ出来ます。