注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。
そこで、レースの種類や名前、特徴についてご紹介します。

レースには伝統があり、長い歴史のあるものも多いようです。ハンドメイドに欠かせないレースについて学んでみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布を染色する方法!色々な物を使ってキレイに布を染色してみよう

染料を使えば、自分で布を簡単に染色することができます。身近にあるものを使って染色する方法や、天然素材...

カルキの落とし方とは?クエン酸を使った掃除方法を紹介

いつのまにかついてしまうカルキ汚れ、いったいどのようにして落としたらいいのでしょうか? ゴシゴ...

部屋干ししたら嫌な臭いが…。臭いを消す方法について知りたい

外が雨だったり、花粉が多く飛んでいる時などは、洗濯物を部屋干しする必要があります。 しかし、部屋干...

リボンの簡単かわいい手作りヘアゴムの作り方!不器用さんもOK

手作りのヘアゴムでリボンをモチーフにしたものは女の子らしくて可愛いですよね。 リボン一つで顔の印象...

ホウセンカの観察日記の書き方とは?こうしてまとめればOK

ホウセンカの観察日記はどのように書けばいいのでしょうか?観察日記の書き方のコツやポイントとは? ...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

可愛いオリジナル紐の作り方!布紐をキレイに作るアドバイス

布で紐を作ることありますよね。市販されている紐を使っても良いのですが、巾着などの紐を布で作るとオリジ...

スノードームに入れる液体にグリセリンを使う方法!基本の作り方

ガラスの中のゆったりとした水の流れに心が癒やされるスノードームですが、実は自分で作ることができます。...

1000円の花束はどれくらいのボリュームがあるのかの目安

花束を贈る場合には、どのくらいの予算で作りたいのかということによって、花束のボリュームが変わってきま...

韓国で大人気!話題のお土産。喜ばれるおすすめのアイテム

旅行に行くと、お土産を選ぶのも楽しみの一つです。どんなものを買っていけば喜ばれるのか、想像しながら選...

北側玄関だって花壇は楽しめる!北側玄関で花壇を作るポイント

花壇は光が降り注ぐ場所で楽しむイメージがあるので、家の玄関が北側だと、花壇は作れないのかと思ってしま...

東京で行きたいところ。女子旅に外せないパワースポットや観光

東京には楽しいところが一杯。今回は女子だけで行く遊びのスポットを紹介します。 女子の行きたいと...

重曹水の作り方と効果的な掃除方法。重曹の便利な使い道

テレビなどで重曹水という言葉を聞いたことがあると思います。重曹水とは、その名の通り、重曹を使って簡単...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

コガネムシの駆除には自作ペットボトルトラップが効果的です

お庭の花の天敵であるコガネムシ。その駆除方法には薬剤を使う人も多いようですが、お花のことを考えるとな...

スポンサーリンク

アイリッシュクロッシェレースはレースの中でも代表的な名前

レースは洋服のワンポイントとしても付いていると、いくつになっても可愛くて嬉しい物ですが、様々な柄があって、その名前に注目したことってあまりありませんね。

1800年代にアイルランドで生まれたアイリッシュクロッシェレース

レース糸をかぎ針で編んで作るというレースです。

かぎ針で作るので機械には作ることができませんが、豪華に見えるので人気を博しアイルランドから世界に広まっていったレースです。

レースの特徴

何と言っても立体感がある事で、植物のモチーフが多く、太い糸でモチーフを作り、その太い糸を芯にしてかぎ針で太い糸を細い糸で編みくるめていく技法が使われていますので、他のレースと比べて立体的なものが作れるというわけです。

花びらが立体的に編まれているだけでも可愛いですが、この技法でストールなどを作るとゴージャスで可愛いものが作れそうですね。

アンティークレースの種類で有名な名前、ボビンレース

ボビンレースというのは、多数の糸をボビンという糸巻きに巻いて、そのボビンに巻かれた糸を織ってつくるレースの事です。
ボビンの数は数本から、物によっては数十本も使うものもあるようです。

沢山の糸をボビンに巻いて作るレース

糸を巻き付けるためのボビンが特徴的で、そのボビンからこの名前が付いたとされています。

かぎ針ではなく、織り台を使って、三種類の織り方を巧みに組み合わせて模様を織っていきますので、高度な技術が必要になります。

また、時代や産地、その様式によって同じボビンレースでも色々な呼び方や種類もあるようです。

アイリッシュクロッシェレースはかぎ針を使って「編む」という技法なのに対して、ボビンレースは編むというより、「織る」という作り方をします。

糸から模様の付いた布を織るというようなイメージの方が適しているかもしれませんね。
16世紀のヨーロッパで発達した技法で、こちらは平面的な仕上がりですがとても繊細で、この技法で作られたものは専用の物で使われることが多いようです。

六角形やひし形のレースの種類、名前はチュールレース

チュールレースとは、チュールと呼ばれるネットのような布に柄を入れたレースの事。

ドレスやベールなどに使用される透け感のあるレース

日本語にすると、「亀甲紗」ともいい、基本的には六角形の網目で構成されている事が多いようです。

ベールをイメージするとわかりやすいのですが、透け感が強いので、何枚か重ねたり、他の生地と重ねて合わせることによって、質感を変えたりして使用されるレースです。

チュールスカートというスカート、子ども用のものですと、細かい網目の生地が何枚も重なってフワンと広がっていて可愛いですよね。

チュールというのは、フランスにある地名

もともとはボビンレースの一種で作るのがとても大変な物でしたが、産業革命によってレース作りの機械化が進んだことで、機械で作られたレースの事をチュールと呼ぶようになったようです。

今は機械での製法により、「ラッセルチュール」というものと「ボビネット」という二種類があります。

現在一般的に流通しているチュールはラッセルチュールで、ボビネットはその機械の数も少なくやはり手間がかかりますので、特定の地方で少量しか生産されていないようです。

ブラウスに使われることが多いバテンレース

1800年代、ドイツのバッテンベルグという所で生まれたバテンレースの最大の特徴は、それまで手作業で作られていたレースが工業的に機械で作れるようになり、気軽に作る事ができるようになったという点です。

機械でテープ状に作られたレースを手で縫い合わせて作られるこのバテンレース

別名をテープレースとも呼ばれ、アメリカに渡った後も人気が出ました。

工場で機械で作られたレースをつなぎ合わせるというのが一般的でしたが、自分で作ったレースをつなぎ合わせるという方法もあり、バテンレースの楽しみ方は色々とあります。

日本では1892年に新潟県の会社でもバテンレースの製作が試みられましたが、原材料の確保など立ちはだかる多くの困難を乗り越えながら、今では新潟県は日本有数のレースの産地になり、ヨーロッパにもレースを輸出するほどになりました。

私たちが良く見るのはブラウスの袖や襟などに付いていたりすることで目にしたことのあるレースかと思います。
特徴は軽くて薄いので、様々な種類を使って簡単にアレンジをする事ができます。

レースの種類はさまざま、レースの一覧

ひと口にレースと言っても、種類はたくさんあります!

テープレースと呼ばれるレースは先ほどご紹介したバテンレースの事で、今では様々な柄や模様の物が100円ショップでも売られています。
ハンドメイドをする時にこのテープレースを使ってアクセントをつけるだけでもとってもかわいくすることができますね。
縫いつけるばかりではなく、アイロンで接着できるものもあるようです。

プリンセスレース

名前だけでも十分可愛いレースは、1800年代の終わりにベルギーで作られた比較的新しいレースです。
こちらもテープレースを使って作ります。

プリンセスレースは、織ったり編んだりして作るのではなく、チュールネットにレースで作られたパーツやバテンレースを縫い付けていくという、手芸要素の強い製法で作られるレースです。
これだと、思い通りのレースを割と簡単に作ることができたので、当時急増していたレースの需要にも応えることができたそうです。

ヴェネツィアンレース

15世紀から16世紀にかけてイタリアのヴェネツィアで発祥したレースで、歴史の教科書に出てくる偉人や高貴な人の首のあたりが派手なレースで飾られているのを思い出していただけると想像しやすいかと思います。
このレースはボビンレースの発展を語る上でも欠かす事のできない存在で、このレースがあったのでボビンレースも発展したともいえるのではないでしょうか。

洋服にプラスするととってもかわいくなるレースですが、その種類はたくさんあり、図柄も作る人によって様々です。
レースを使う時や編む時にはレースの種類や柄もテイストに合わせて選んでみると楽しくなります。