注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいい?梅干しの干し方とは

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいいのでしょうか?また、雨が降ってきたときにはどうしたらいいのでしょう?雨にぬれてしまったときには?

美味しい梅干しを作るには天日干しが必要ですよね。正しい梅干しの干し方、干すタイミングやカビてしまったときの対処方法などを紹介します。

夜に干すものと干さないものの違いを比べてみるのも楽しそうですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

簡単おやつにもつまみにもなる美味しいチーズレシピ

チーズはお子様も大好きで、ちょっとしたおやつや簡単なつまみとしても美味しいですよね。そのまま食べるの...

簡単朝ごはんレシピ!子供が喜ぶ忙しい朝におすすめレシピ

毎日の朝ごはんはできるだけ簡単に済ませたいですよね。そこで、子供も食べやすい簡単朝ごはんのレシピをご...

豚肉の人気おかず!家族が喜ぶ簡単美味しいボリュームおかず

ちょっとがっつりと食べたいという時には、豚肉を使ったおかずはいかがですか? 豚肉があれば、ボリュー...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

ミニトマトは冷凍保存がおすすめ!お弁当やおかずに便利な使い方

お弁当に欠かせないミニトマトですが、スーパーで1パック買ってきてお弁当に1個ずつ入れていってもなかな...

チャーハンに入れるネギの種類は何が一番良いのか教えます

チャーハンに入れる具としてネギは欠かせませんが、いろいろある種類の中で何を使うとよりおいしくなるのか...

ホットケーキミックスを使ったワッフル!カリカリに作るコツ

カリカリでもちもちのワッフル美味しいですよね。お店で食べるワッフルをお家でつくるのは、発酵を必要とす...

重曹がない時にベーキングパウダー代用は可能?黒豆の作り方

ご家庭で黒豆を煮る時は、重曹を使って作るのが一般的な方法です。自宅に食用の重曹がない場合、ベーキング...

生クリームから手作りバターの作り方!簡単に美味しく作るコツ

バターは、市販の生クリームから作れるということをご存知ですか? 新鮮な生クリームと塩とペットボトル...

献立は簡単で子供が喜ぶものがいい!おすすめ献立を紹介

子供の夕食の献立はどんなものにしたらいいのか毎日、悩んでしまいますよね。できるだけ簡単にそれでいて栄...

お家で簡単アイスを作ろう!混ぜるだけで作れるアイスのレシピ

暑くなると冷たいものが恋しくなりますよね。お家の冷凍庫にアイスを常備している方も、多いのではないでし...

【簡単オカズ】夕飯に食べたいお肉のボリュームたっぷりレシピ

仕事で帰宅が遅くなると、夕飯の準備も大変です。なるべく時短で調理できて、美味しくて、ボリュームのある...

ホットケーキミックスとりんごを使った簡単おやつレシピ

子供のおやつを簡単に作りたいという時におすすめなのが、ホットケーキミックス。少ない材料で、美味しく簡...

オリーブオイルの作り方、自家製オリーブオイルは揉んで濾すだけ

自家製オリーブオイルを作るにはどのような作業が必要なのでしょうか?自家製オリーブオイルの作り方を紹介...

【塩唐揚げの人気レシピ】むね肉を使ってもおいしく作れます

塩唐揚げを作る時はもも肉を使った方がおいしいことはわかっていても、値段を見るとむね肉でもおいしく作る...

スポンサーリンク

梅干しの天日干し、夜はどうすべき

天日干しした梅干しを、夜は室内に入れたほうが良いのかどうかは、人それぞれの考え方がありますので、一概にどちらが正解とは言えませんが、夜も外に出しっぱなしにしておくということは、それだけ目の届かない時間帯が長くなるということです。

なぜ梅干しは天日干しをするのか

日中に太陽を浴びるのと夜露に当てることを繰り返すことで、梅干しがより柔らかくなるとされていますので、その考えからすれば、夜間もそのまま外に出しておいても大丈夫な気もしますよね。

ですが、夜間の寝ている間に突然雨が降ってこないとも限りませんので、それが心配であれば、夜は室内に入れておいた方が良いでしょう。

少々の雨であれば、とりあえず部屋の中で広げて乾かし、晴れたらまた天日に当てれば問題ありませんが、もしもかなり盛大に雨に濡れてしまった場合は、まずは1つずつキッチンペーパーなどでよく拭き取り、その後でホワイトリカーで洗います。1つずつ梅酢をまんべんなくつけたら、再び天日干しを行います。

梅干しの天日干しは三日三晩だから夜も干します

梅干しを付ける際に使う梅は、昔から「土用」に干すものとされています。そのため、梅を天日干しすることを「土用干し」と呼びます。よく、土用干しは梅雨が明けたら行っても良いと勘違いしている方もいますが、実際には7月20日前後の土用まで待ってから天日に干すことが正解です。
梅干しと同様に、本や着物を虫干しする作業も「天日干し」と呼ばれています。

梅干しを天日に干す土用干しの作業とは

わかりやすく言えば、三日三晩梅を干すことです。この時期の土用に梅を干すのは、適度に空気が乾燥していて晴天が続きやすいことが要因とされています。

土用干しをすることで、「太陽の光と熱による殺菌作用」や「余計な水分を蒸発させることで、より保存性を高める」とともに、「日中の太陽光と夜露を交互に浴びさせることによって、梅をより柔らかくする」というような、様々な効果があります。この考え方から言えば、よほどの雨予報ではない限りは、夜間も梅干しを外に出しっ放しにしておいたほうが、より柔らかく仕上げることが出来るとも言えますね。

夜はどこに置く?梅干しの天日干し

梅干しの天日干しは虫や動物の害も心配

虫に関して言えば、梅酢につけた状態の梅には、ほぼ虫が寄ってくる心配はないそうです。ですが、外にカバーもせずに干しているわけですから、やはりハエなどがたかる可能性はありますので、それを思うとあまり気持ちの良いものではありませんよね。

それを防ぐためには、干物などを干す時に使う乾物ネットがオススメです。ベランダの物干し竿などに引っ掛けておけば、野良猫などのイタズラも防ぐことが出来るのでさらに安心でしょう。

梅干しは、夜露に当てるとその分だけ柔らかくなると言われていますが、雨に当たったまま放置するとカビの原因にもなりますので、こまめに拭いたりする手間を考えたら、夜間は室内に入れて、晴れた日中だけ外に出すという方がラクかもしれませんね。

梅干しの天日干しは梅のサイズで決めましょう

梅干しを天日干しする日数は、梅のサイズによって変えてかまいません。小さめの梅でしたら、2~3日ほど干します。大きめの梅でしたら、だいたい3~4日ほど干してみて、様子をみて調節してみてください。

梅干しを天日干しするタイミング

梅を漬けてから1ヶ月ほど経ち、梅雨明けからさらに土用(7月20日前後)まで待ってから、晴天が4日ほど続きそうな期間に行います。まずはザルを用意して、ブロックなどを土台にし、その上にザルを載せることで、まんべんなく全体を乾燥させます。

1日目
ザルの上に梅を等間隔で並べます。梅と梅が重ならないように、干す量が多い場合は大きめのザルを準備しましょう。可能であれば、1日に1回は梅を裏返しにします。梅の皮が破れてしまわないように、丁寧に行ってください。この作業は暑い日中ではなく、夕方以降か翌朝に行いましょう。
夜間はザルを室内に入れる場合は、1日目のみ梅酢の容器に梅を戻すことで、よりふっくらと仕上がりますが、夜間も外に出している場合は省略しても結構です。

2日目・3日目
1日目と同様に日中は天日干しをして、出来れば夜まで外で干します。夜間は急な雨で濡れるのを防ぐために、なるべく屋根のある場所か、室内へ入れます。

4日目
自分好みの乾燥状態になったところで終了です。

梅干しがなかなか天日干しできないときには晴れるまで持ちましょう

梅雨明け以降もなかなか晴天の日が続かず、天日干しをするタイミングを逃したままでも、とりあえずは8月末頃まではそのまま待ちましょう。たとえ長時間梅酢に漬かっていたとしても、問題ありませんので安心してください。
ただし、梅酢の容器の中にカビが発生していた場合は要注意!すぐに取り除かないと、せっかく漬けた梅も全体がダメになってしまいます。

もしも、カビが生えてしまった場合の対処法をご紹介します。カビが生えてしまった梅酢を加熱処理する手順はこちらです。

まず、目で見て取れそうなカビは、スプーンやキッチンペーパーを使ってなるべく取り除きます。次に、容器の中から重石などを出し、梅と赤紫蘇はボウルなどの別の容器に、梅酢は鍋に移します。それぞれのカビを取り除いたら、赤紫蘇だけを手に取り、梅酢の鍋の上でギュッと絞り、またよけておきます。
梅酢の入った鍋を火にかけて沸騰し始めたら、火を止めてそのまま冷まします。

その間に、梅酢の入っていた容器と重石・押し蓋を熱湯で消毒しておきます。梅酢が冷めたら、最初に漬けた時と同じ手順で容器に戻したら、完了です。