注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

簡単美味しいピザソースの作り方とアレンジおやつレシピ

ピザソースは市販のものもあるので、手軽に市販のものを使っているという方も多いと思います。しかし、やはり手作りのピザソースは美味しさが違います。
そこで、手作りの美味しいピザソースの作り方や、ピザソースを使った簡単おやつレシピをご紹介します。手作りのピザソースは、多めに作って瓶に入れて冷凍したり、ジッパー付きポリ袋に入れて、小分けにして冷凍することも可能です。
今までと同じ作り方でも、ピザソースの味が違うだけで、ぐんと美味しいピザになるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

豆腐で作るチーズケーキ!ヨーグルトであっさりなめらか

チーズケーキを自宅で作る時には、たっぷりのクリームチーズにたっぷりの生クリームを使います。 コクが...

アジの刺身の美味しい食べ方を一挙に公開!オススメレシピとは

みなさんはアジの刺身を生姜醤油で食べることが多いと思います。 たまには違った味付けで食べてみた...

夕飯の献立を和食にするなら、こんなメニューがおすすめ

夕飯の献立を毎日考えるのは大変ですよね。 和食が食べたいと思ってもどんな食材を使って、どんな味付け...

ナスとズッキーニとトマト缶で作る夏野菜たっぷり簡単レシピ

夏野菜のナスやズッキーニはトマトとの相性が抜群。手軽に作りたいという時には、トマト缶を使うのが便利で...

牛肉の脂身の使い道とは?安いお肉が高級お肉風に大変身

牛肉の脂身にはどんな使い道があるのでしょうか?なんだか扱いが難しそうな牛脂ですが、実は料理に使うと簡...

夕飯のレシピにおすすめな子供が喜ぶメニューについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、大人中心で考えてしまうと、子供が食べない可能性があります。 ですので、見...

主婦の昼ごはんの節約術を紹介。実際に食べている物はコレ

主婦の皆さん昼ごはんは何を食べていますか。 他の主婦の方はどんなお昼ごはんを食べているのか気になり...

おもてなし料理(和食)を夏に振る舞うときは?おすすめ献立

夏の食材を使って和食のおもてなし料理を作るときにはどのような献立だと喜ばれるのでしょうか。 子...

ホットケーキミックスとヨーグルトでふわふわパウンドケーキ

そのまま焼いても美味しいホットケーキミックス。我が家の冷蔵庫にもストックされています。 そして...

ハンバーガーの順番とは?はさむモノの位置で味が変わる

ハンバーガーははさむ順番で味が変わるものなの?実はよく食べているハンバーガー、お店によってはさむ順番...

時短料理のコツ!忙しい主婦に食事の準備を楽にする方法

仕事で家に帰るのが遅くなり、そこから料理を始めると、いつも夕食の時間が遅くなってしまうという方も多い...

豚ひき肉を使った丼ものを作るなら?子供も食べやすいレシピ

子供も食べやすい豚ひき肉の丼ものと言えば?子供が食べてくれるものを作るといつも同じような味付けになっ...

お家で簡単アイスを作ろう!混ぜるだけで作れるアイスのレシピ

暑くなると冷たいものが恋しくなりますよね。お家の冷凍庫にアイスを常備している方も、多いのではないでし...

冷凍ポテトは揚げないでも食べられる!?ポテトの作り方

冷凍のポテトを揚げないでポテトを作るにはどうしたらいいのでしょうか?油を買い忘れたとき、足りないとき...

【簡単オカズ】夕飯に食べたいお肉のボリュームたっぷりレシピ

仕事で帰宅が遅くなると、夕飯の準備も大変です。なるべく時短で調理できて、美味しくて、ボリュームのある...

スポンサーリンク

ピザソースは手作りが断然おすすめ!簡単ピザソースレシピ

ピザはみんなが大好きなメニューですよね。
スーパーなどではピザ生地が手に入りますから、好きな具材をのせてピザを楽しむ方も多いと思います。

ピザを作る時に欠かせないものといえば、ピザソースです。
皆さん、ピザソースはどうしていますか?

市販品を使っているが多いと思いますが、本格的なピザソースでもトマト缶を使えば簡単に手作りできますよ。

にんにくのみじん切りと炒めて香りがたったら、玉ねぎのみじん切りを加えて炒め、トマト缶を汁ごと全部入れて煮詰めるだけです。
味付けはケチャップと塩、そしてオレガノです。

オレガノを入れるだけでグッと本格的になるのでぜひ加えてくださいね。

手作りピザソースを使った簡単おやつレシピ

ピザソースを手作りするとたくさん出来上がりますから、ピザに使っても余ってしまいますよね。
残った使いみちに困っているなら、ちょっとしたおやつピザを作ってみませんか?

餃子の皮をピザ生地の代わりに使うと、パリパリで香ばしいスナック感覚のピザになりますよ。

餃子の皮でピザ生地

ピザソースを塗ってからお好みの具材とピザ用チーズをのせてトースタ-で焼き上げます。
数分で焼き色がつきますよ。
加熱時間が短いので、ウィンナーやベーコンなどは炒めてからのせてくださいね。

ピザソースやピザ用チーズはのせすぎないのが、美味しく作るコツですよ。
トースターの代わりにフライパンでも作ることができるので、お好みの調理器でお試しください。

ピザソースでお餅をピザ風に。簡単餅ピザレシピ

ピザソースはトマトベースの美味しいソースですよね。
ですからいろいろなメニューに合わせることが出来ますよ。

意外な食材を挙げるなら、お餅です。
お正月にはおせちに飽きてピザなどを食べる話しをよく耳にしますが、その時期家にたくさんあるお餅を使って、ピザを作ってみてください。

おもちの食感を楽しみたい時には角切りに、クリスピーな食感を楽しみたいなら半分にスライスして使います。
  1. 油をひいたフライパンにカットしたお持ちを敷き詰めます。
  2. あとは普段ピザを作る時と同じ様に、ピザソースを塗って、お好みの具材を並べて、ピザ用チーズをまぶします。
  3. 蓋をして火にかけ、チーズがとろけたら完成です。

クリスピー感を求める時には、弱火でじっくりしっかり焼いてくださいね。

焼き加減でいろいろな食感を楽しめるのも、おもちピザの醍醐味です。

代表的なピザの種類と特徴

日本では、ピザには好きな具材をトッピングすることが多く、具材がそのまま名前になっていることが多いですよね。

本場イタリアでものせる具材によってピザに名前がついています。

日本でいちばん有名なピザはマルゲリータ

日本でも有名なピザといえば、トマトソースとモッツアレラチーズ、そしてバジルで作られる「マルゲリータ」ですね。

マルゲリータと似た名前の「マリナーラ」もイタリアではとても有名なピザの1つです。
このピザの特徴はチーズがトッピングされないこと。

トマトソースとオリーブオイル、オレガノ、にんにくやアンチョビだけをトッピングするピザです。
日本ではチーズのないピザはデザートピザくらいですから、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

チーズ好きにおすすめなのは、「クアットロファルマッジ」

こちらは日本でも提供しているお店をたまにみかけます。
4種類のチーズだけをのせたピザです。

日本ではパンのように扱われているピザもあります。

それは、「カルツォーネ」。
丸い生地にトマトソースやチーズをのせて半分に折って焼き上げたピザです。
手が汚れずに食べやすいので、我が家ではちびっこ用ピザとして作ることがあります。

辛いピザ「ディアボラ」

日本では辛いピザを食べたい時には、普通のピザにタバスコをかけるのが一般的です。
しかし、イタリアではタバスコはあまり一般的ではなく、辛いピザを食べたい時には「ディアボラ」を注文します。
マルゲリータのようなシンプルなピザに唐辛子やスパイシーなサラミなどがトッピングされています。

ピザとピッツァはどう違うのか

ここではずっとピザと言って来ましたが、ピザではなくピッツアという方も中にはいらっしゃいますよね。
ピザとピッツアの違い、ご存知ですか?

「日本ではピザだけど、本場の発音はピッツア?」
「ちょっと洒落た言い方してるだけじゃないの?」

というあたりが、一般的な認識ですよね。
私もそう思っていました。

ですが、少しだけ違っていました。
「本場イタリアではピッツア。」ここまでは正解です。

ですが、日本の発音がピザというわけでは無いようです。

ピザは日本に伝わる前にアメリカを経由している

本場イタリアのピッツアは、移民したイタリア人によってアメリカに渡ります。

そして、本場イタリアの柔らかい生地を高温で一気に焼き上げて、縁に弾力のあるピッツアから、生地全体に厚みを持たせてピザソースを塗ってトッピングするという日本人にお馴染みのピザへ変貌を遂げてたのです。

食べ方のスタイルもアメリカで変化している

1人1枚をナイフとフォークで頂くスタイルから、大きなピザを切り分けて食べるスタイルになりました。

日本でピザが一般的になったのは、宅配ピザの普及が一因でしょう。
宅配ピザはアメリカのピザスタイルがメジャーですから、日本人のピザスタイルもアメリカバージョンが主流となったのでしょう。

本場スタイルではピッツア、アメリカスタイルではピザと使い分けるのが正解なのです。