注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

花束のラッピングは簡単です!おすすめのラッピング方法とコツ

花束のラッピングは一見難しそうに見えますが、コツさえわかれば実は簡単にできます。そこで、誰でも簡単にできるラッピング方法から、簡単だけど可愛く豪華に見えるラッピング方法まで詳しくご紹介します。
花束をラッピングする時は、茎の処理や下準備も重要です。
後は素敵なリボンをつけて仕上げるだけ!心をこめて花束を作りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浄水器のフィルターの寿命や交換しないと起こる事とは

浄水器を付けているご家庭もあるでしょう。 浄水器を付けていて面倒だと感じるのが、定期的なフィルター...

流れ星に願い事をすると叶うと言われる由来は?強く願う心が大事

「流れ星が流れている間に3回願い事を唱えることができるとその願い事が叶う」という言い伝えを耳にした事...

フラメンコのカスタネット上達のための練習方法と注意点について

フラメンコ教室でいよいよ始まったカスタネットの練習。しかし、なかなか良い音が鳴らなくて悩んでいる人も...

紙粘土を乾燥する時に注意して、ひび割れができないようにしよう

紙粘土を使って何かものを作ろうと思っても、初心者だとどうしてもひび割れができてしまいますよね。 ...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

足の臭いを消す対策について知りたい!子供の足臭いを無くすには

子供は大人よりも体臭が少なくて、臭いものだなんて思っていない人も多いと思いますが、子供は意外にも小さ...

車のプラスチック、樹脂パーツが白くなる理由と対処方法

車のプラスチック部分だけが白くなる、色あせてしまったように見えることありますよね。 白くなるの...

洗車機は水洗いとシャンプーどっちを選ぶ?最後の拭き上げがコツ

セルフの洗車機はとても便利なものですが、水洗い洗車やシャンプー洗車などコースがいくつかあります。 ...

ポリエステルのアイロン失敗のテカリを目立たなくする方法

ご主人のスーツや子供たちの制服などにアイロンをかけた時に、テカってしまった事やテカリが気になったこと...

スライム作りでシェービングフォームがない場合の代用になるもの

シェービングフォームを使ったスライム作りが人気ですが、シェービングフォームが家にない場合もあると思い...

天井の壁紙が剥がれる原因は?自分で補修する方法とポイント

ふと天井を見上げると壁紙が剥がれている!剥がれるなんてなぜ?と思うのではないでしょうか。 天井は人...

ジッパーの修理方法!スライダーの問題を解決

ジッパーが上手く噛み合わなくてイライラすることありませんか?もうジッパーが壊れてしまったのかも!と、...

エアコンの室外機が動かない原因とは?点検方法や掃除方法も解説

エアコンの効きが悪いな…。と室外機を見ると動かなくなっていた!というケースはよくあります。 エ...

生地を裁断する時にまっすぐ切れない…。何か良い方法は

ハンドメイドでバッグや小物などを作るのは楽しいですよね。 しかし、最初にぶち当たる壁としてあるある...

お盆にお坊さんへ出すお菓子は何が良い?出し方のマナーと種類

お盆になるとお坊さんが参られて法要をしてもらうことがありますよね。この時、お坊さんにはどんなお菓子を...

スポンサーリンク

花束をラッピング!誰でもできる簡単な包み方

ガーデニングで咲いた花を花束にして誰かにプレゼントしたいと思った時にそのままでは渡すよりもきちんとラッピングして渡したいですよね。

花束のラッピングが初めての人でも、作ることが苦手な不器用な人でも簡単にラッピングする方法

【用意するもの】

  • 好みの花束
  • ラッピングペーパー(好みのもの、花束に合わせるといいです)
  • セロファン(色、柄自由です)
  • カラーリボン
  • セロハンテープ
  • ホチキス

【ラッピング方法】

  1. ラッピングペーパーとセロファンを必要な大きさに切り分けます。
    花束に巻いてみて一周できる長さは必ずあるようにそれを目安に切り分けましょう。
  2. 切り分けたラッピングペーパーを敷いて、その上に花束を置きます。
    この時にラッピングペーパーから少し花束がはみ出るように意識します。
  3. 茎のほうのラッピングペーパーを折り曲げます。
    茎部分がしっかりと隠れた状態になります。
  4. 左右のラッピングペーパーを真ん中に向かってくるむようにおります。
    花束が潰れないように優しくふわっと包みましょう。
  5. 包んだところが広がらないようにホチキスで数箇所止めます。
  6. 花束よりも少し長さを取ったセロファンを敷いて、その上に位置の確認をしながら5の花束を置きます。
  7. セロファンを真ん中で重ねるように巻いて、形を調節しながら茎の部分でしっかりとセロハンテープでとめましょう。
  8. 7でセロハンテープでとめた上を好みのリボンで巻いて結びます。

簡単なのに可愛さ抜群!ペーパー2枚をずらして花束をラッピングする方法

簡単な花束のラッピングに慣れたら、少しアレンジを加えてみましょう。

先程は、ラッピングペーパーは1枚紙か使いませんでしたが、2枚使ってラッピングする方法もあります。

2枚ラッピングペーパーを使うときにはそれぞれの色や柄にも気をつけましょう。
花束の色味を考えるのはもちろんですが、ペーパー同士の組み合わせも気をつけます。
ベージュやブラウン系にピンクや緑など鮮やかな色を組み合わせてもいいですね。
また、ラッピングペーパーの色によって、印象も変わるのでどんな雰囲気にしたいのか想像してからラッピングペーパーを選ぶようにするといいでしょう。

2枚にしてラッピングするには、2枚を重ねた後に少しずらすのがポイントです。

置き方も四角ではなく、ひし形になるようにずらして置いた後に真ん中に花束を置きましょう。
その後は、先程と同様に茎の部分のペーパーを上に折って、左右のペーパーで包みます。この時ただ包むのではなく、花束とのバランスを見ながら調整してください。

セロハンテープで止めてリボンで巻いて完成です。

花束がいっそう華やかに!セロファンを上手く利用したショーケースラッピングも簡単でおすすめ

セロファンがラッピングのメインとなるショーケースラッピングというものがあります。

セロファンは透明であるので、花束の前面にセロファンがくるように包むことで花束がしっかりと見えることができ、まるでケースに入っているかのような印象にできます。

茎の長い花束をラッピングするときや、花束をきちんと見せたいときなどにこのラッピングをしてみるといいでしょう。

これまでのくるむラッピングの仕方とは少しちがい、花束部分にセロファンがしっかりとあるので、囲うようなイメージとなり保護してくれます。
見た目のおしゃれさに加え、保護の効果もあるのでおすすめです。

また、ショーケースラッピングをするときには、厚手のしっかりとしたラッピングペーパーを選ぶとよいでしょう。
セロファンも透明なだけではなく、デザインの入ったものもあるのでお気に入りものを見つけて使ってみましょう。

花束をラッピングする時の下準備とポイント

花束のラッピングの前には下準備が必要なので、やり方をご紹介します。

下準備に必要なものは、輪ゴム、コットン、ティッシュ、アルミホイルです。
花束の広がっている茎の下部分を、輪ゴムでしっかりとまとめます。
コットンを水でしっかりと濡らし、茎を包んでその上からさらにティッシュで包みます。包んだらティッシュにも霧吹きなどを使い、水分をもたせます。

最後に、アルミホイルを適当な大きさに切ってティッシュを巻いた部分を包んで完成です。

しっかりと下準備をすることで、花束に水分を与えることができますね。
また、アルミホイルは無地のものでも構いませんし、柄やデザインの印刷されているものもあるので使ってみるのもいいでしょう。
こだわりたい人は見えない部分にも工夫をすると素敵ですね。

花束のラッピングで欠かせないリボンの作り方

花束のラッピングの仕上げとして、リボンは欠かせません。
そのリボンによっても、ゴージャスになったりかわいらしくなったりするのでどんなリボンにするのがいいのか悩みますよね。

リボンの生地もサテンなど光沢のあるものや、麻などのナチュラルな素材のものなどたくさんあります。
花束に合わせて選んでリボンを作ってみましょう。
はじめはそのまま結ぶよりも事前にリボンを作って取り付けるほうが失敗が少ないのでおすすめです。

リボンの作り方は慣れるまで大変ですが、覚えると大きさやボリュームを変えたりとアレンジできるので紹介します。

蝶々結びで作ったリボンは形はシンプルですがそのシンプルさが花束をより引き立ててくれることもあります。

作り方は簡単です。

  1. 左手にリボンを持ち、右側に輪っかを作り親指と人差し指でつまみます。
  2. 左側の下に垂れていたリボン(長い方です)を左手の親指の上を通って巻きつけます。
  3. そうしたら、下側にきたリボンを親指で巻いている輪っかの中に右から通します。
  4. 通ったら左右の輪っかを引っ張り、同じ大きさになるように調整して完成です。

この蝶々結びのリボンの太さを変えたり、太さや柄、色の組み合わせ変えてリボンを3本程度使って作るのもおしゃれでかわいくなり豪華さもでて楽しめます。

慣れてきたら、花束に使われることの多いループリボンやフラワーリボンなどもあるので興味があるものにチャレンジしてみるといいでしょう。