注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

トマトソースの保存は瓶詰めが楽ちん保存方法や保存期間

トマトをたくさんいただいたときには、トマトソースを作っておくといいですよね。そんなときに家庭でもしやすいのが瓶詰め保存です。

このトマトソースの瓶詰め保存はどのようにして作ればいいのでしょうか。カビを速さにようにするためにはこんなことに気をつけましょう。

ビンの選び方やトマトソースのレシピ、保存期間などを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

じゃがいもは皮付きが美味しい。基本の洗い方や便利な方法とは

じゃがいもは皮付きが美味しいと思いませんか。 じゃがいもや野菜の皮には沢山の栄養分が含まれてい...

【生クリームの作り方】牛乳から簡単に作る方法とおすすめレシピ

料理レシピに「生クリーム少量」と書かれている場合、そのために生クリーム1パックを買っても余ってしまい...

オクラ・納豆・めかぶのネバネバ三兄弟の美味しい簡単レシピ

ネバネバ食材が体に良い事は皆さん知っていますよね。 ネバネバ食材といえば、オクラ・納豆・めかぶです...

自宅焼肉でホットプレートの臭い対策とお店の味に近付ける方法

家族と自宅で焼肉をするという時には、ホットプレートを使って焼肉をする方が多いと思います。自宅焼肉をす...

生クリームから手作りバターの作り方!簡単に美味しく作るコツ

バターは、市販の生クリームから作れるということをご存知ですか? 新鮮な生クリームと塩とペットボトル...

いろいろな味が楽しめるシュウマイのたれのアレンジ方法

シュウマイのたれはシンプルにしょうゆ?それとも酢しょうゆ?好みが分かれるところですよね。しかしアレン...

ホットプレートで餃子を焼く、蓋なしでもおいしく焼ける

ホットプレートで餃子を焼くと、油も必要ないので簡単に美味しく焼けますよね。 でも気がつくと「蓋...

豆腐を使った手作りおやつ。離乳食期の赤ちゃんに簡単おやつ

離乳食が始まると、豆腐はおかゆに混ぜたり、野菜のペーストと混ぜ合わせたりとよく使う食材の一つですよね...

パンの作り方!炊飯器を使って手軽に美味しいパンを楽しむレシピ

朝はパン派という方は多いですよね。またはお子様のおやつにパンをあげることも多いと思います。 パンを...

豆腐アイスの簡単な作り方!ミキサーなしでもなめらかに作る方法

ヘルシーで美味しい豆腐アイスは、カロリーが気になる女子にも嬉しいスイーツです。 レシピを調べて...

食パンがお菓子に変身。アレンジレシピや美味しいお菓子の登場

食パンが余ったらお菓子にアレンジしてみませんか?いつもの食パンが甘くて美味しいお菓子に早変わりします...

野菜スティックで大根が辛い時の対処法!お店の味に近づける方法

お店で食べる野菜スティックやコンビニで売っている野菜スティックは美味しいですよね。 しかし、家で作...

豚ひき肉のそぼろは作り置きが便利!アレンジでさらに美味しく

豚ひき肉のそぼろは、簡単に作れる上に、作り置きに向いているメニューです。 ただご飯に乗せるだけでも...

オリーブオイルの作り方、自家製オリーブオイルは揉んで濾すだけ

自家製オリーブオイルを作るにはどのような作業が必要なのでしょうか?自家製オリーブオイルの作り方を紹介...

冷凍御飯を使ったリゾットレシピ。簡単和風リゾットの作り方

ご飯がたくさんある時や、休日のランチなど、リゾットを作ることもあると思います。リゾットは和風の味付け...

スポンサーリンク

トマトソースを瓶詰め保存するときのビンの選び方

保存に適した瓶はフタにパッキンが付いている密封性の高いものになります。買うときはフタにパッキンが付いているかどうかを確認してください。百円均一のお店やホームセンターでも買うことができます。 新品を用意しなくても食べ終わった瓶詰めの瓶などでパッキンがついているなら再利用できます。

瓶詰めに適したサイズ

煮沸消毒する際に鍋に浸すため、自宅にある鍋のサイズも考えておくといいです。詰める量も大事ですが、一度開封したら冷蔵で保存するということも考えて、大容量のものより数回で使い切れるサイズの方が便利です。

食器用洗剤で瓶とフタをキレイに洗います。瓶がすっぽり入るくらいの鍋を用意してください。
鍋に水を入れたら、瓶とフタを入れて火にかけます。沸騰したら5分ほどそのまま煮ます。トングなどを使って取り出し、清潔な布巾やキッチンペーパーなどの上に口を下にしてふせておき、自然乾燥させます。

トマトソースの瓶詰め保存方法 レシピを紹介

トマトソースの基本の作り方です。

  1. 使う瓶はキレイに洗ってから煮沸消毒をしておきます
    清潔な布巾などの上にふせて、自然乾燥させておいてください。
  2. トマトは湯剥きにします
    トマトの先に十字に切り込みをいれたら沸いた湯の中につけます。皮がめくれてきたら取り出します。残りの皮は簡単にツルンとむけます。
    トマトはある程度の大きさに切っておきます。裏ごしをしておくとなめらかなソースに仕上がります。
  3. にんにくのみじん切りと玉ねぎのみじん切りを使います
    オリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ炒めます。香りが出てきたら玉ねぎも加えて。玉ねぎが半透明になるまで炒めます。
  4. トマトを加えて煮込んでいきます
    20分ほど煮込むとトマトが溶けてドロっとしてきます。そうしたら完成です。
  5. トマトソースが熱いうちに消毒した瓶に詰めます
    熱いので気をつけてください。このとき、瓶の口のまわりにトマトがついてしまうとカビの原因になりますので、キレイにとっておいてください。
  6. ビンの中の空気を抜いて真空状態に近づけるための「脱気」をします
    沸騰したお湯にビンを並べ、フタを軽くします。そのまま30分程煮てください。取り出してからフタをしっかりと締めます。これで完成です。

トマトソースの瓶詰め保存の賞味期限とは

トマトソースを上手に瓶詰めをするときに「脱気」を行うことで常温で長期保存ができます。

瓶詰めの脱気のやり方

  1. トマトソースは熱いうちに消毒した瓶の中にレードルなどを使って詰めていきます。
  2. 鍋にお湯を沸騰させ、そこへビンを並べ、軽くフタをします。30分ほどそのまま煮ていきます。ビンの中まで十分熱くなったところでフタをしっかりと締めます。
    煮込んだ直後の熱々のトマトソースを使い、一気に脱気に持っていくのがポイントです。トマトソースを冷ますとビンの中が熱くなるまでに時間がかかってしまいます。
  3. 脱気をしたら、冷めてきたとき中の気圧が低くなって瓶詰めのフタが少しへこみます。 こうなれば成功です。瓶詰めを取り出したときにフタがふくらんでいたら、雑菌が繁殖して発酵している恐れがあるので注意してください。

こうすることで1年位は保存が可能です。トマトソースを瓶に注ぐときは瓶の口を汚さないように気をつけてください。カビの原因になってしまいます。

トマトソースの瓶詰め保存したものはなるべく使いきろう

瓶詰めにしたトマトソースを開封したら冷蔵庫で保存し、3日以内を目安に使い切りましょう。空気に触れている時間や味付けの濃さでも保存期間わ変わってきますが、なるべく早く使い切るようにしてください。途中で火を通すことで保存期間は少しは延びますが、そうすると風味が落ちてしまいます。

冷凍保存すると長持ちする

瓶のまま冷凍は出来ませんので、ジップ付きの袋などを使ってください。粗熱をとったら、ジップ付きの袋などに1回分に小分けして入れると便利です。

フリーザーバックに入れたものを薄く伸ばして、菜箸などで線を入れておくと、使いたい分だけ折って使えるので便利です。また、製氷皿で冷凍しても小分けに使うことができます。製氷皿を使った時は凍ったらフリーザーバッグに入れ、しっかりと空気を抜いて保存してください。

瓶詰めトマトソースは開けたら使い切ることアレンジ方法

瓶詰を開けたらなるべく早く使い切る必要があります。トマトソースはパスタに使うことが多いと思いますが、パスタ以外にもいろいろな料理に使うことができ、手軽に作ることができます。

普通のトマトソースパスタを作る以外にも、ひき肉と合わせてミートソースに作り変え、出来上がったミートソースはパスタの他にもにもタコライスにも使えます。

ピザのソースとしても使えますし、トーストにトマトソースを塗ってからお好みの具をのせ、その上に溶けるチーズをのせるとピザトーストになりますので、忙しい朝にも手軽に作れます。

チキンソテーやポークソテーのソースとして、またチキンの煮込みにもすぐに使えて便利ですし、ナスなどのトマトソースベースのグラタンにも使ってみてください。

残ったトマトソースと同じくらいの分量の水、コンソキューブを使ってトマトスープもできます。じゃがいもやナス、ベーコンなどのお好みの具を入れて栄養バランスも良くなります。ラタトゥイユやカポナータなどを作るときにも使えて便利です。