注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

重曹水の作り方と効果的な掃除方法。重曹の便利な使い道

テレビなどで重曹水という言葉を聞いたことがあると思います。重曹水とは、その名の通り、重曹を使って簡単に作ることができます。
そこで、掃除に便利な重曹水の作り方や、使い方をご紹介します。エコ掃除に欠かせない重曹は、いろいろな使い道があります。重曹の特徴を知って、重曹が得意な汚れに使ってみましょう。重曹があれば、キッチンの掃除にもリビングの掃除にも使えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のスタンドが上がらない原因と直し方について徹底解説

買い物に出かけようと思ったものの、乗ろうと思った自転車のスタンドが上がらないと焦りますよね。 ...

色鮮やかな押し花の作り方!桜の花で可愛い押し花を作ろう

押し花の作り方覚えていますか?小さな頃に押し花を作った記憶はあるものの、どうやって作ったのか?キレイ...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

朝顔の育て方、プランター1つにつき摘心は3回行うのが基本

朝顔をプランターで育てる場合、朝顔の育て方のポイントとなるのが「摘心(てきしん)」です。 新し...

花束のラッピングの基本と華やかでかわいいリボンの結び方

花束を自分でラッピングしたいという時には、花束の華やかさに負けないようなラッピングをしたいものです。...

【那須旅行】子連れも楽しめるおすすめ観光スポットとグルメ情報

子連れで那須旅行を計画している人に、家族みんなで楽しめる那須のおすすめ観光スポットをご紹介します。 ...

自転車の後輪ブレーキの音の原因を知って正しく対処しよう

自転車、特にママチャリに乗っていると、後輪ブレーキをかけた時にキーッと音が鳴ることがありますよね。そ...

風呂掃除のブラシやスポンジの置き場は?様々な置き場やアイデア

風呂掃除をしていると、ふと掃除グッズの置き場が気になることありませんか?なんだかスッキリとしない、掃...

レースの代表的な種類と名前。レースの特徴について

一言でレースと言っても、レースにはさまざまな名前のものがあり、とても種類が多いのが特徴です。 そこ...

洗濯物を短時間で乾燥させるサーキュレーターの使い方について

雨が降っていたり、湿気が多い日には、お家の中に洗濯物を干しますよね。また防犯上の理由から洗濯物は部屋...

洗濯物の生乾きから発生する嫌な臭いの原因と対処方法について

夏場になると湿気が多くなり、途端に洗濯物が乾きにくくなって困りますよね。洗濯物の乾きが悪くなると、一...

洗濯物を雨から守ってくれるカバーとは?カバーの種類と注意点

朝は良い天気だったのに、急に雨が降ってくると、外干ししていた洗濯物が濡れてしまい洗濯物をやり直すこと...

鎌倉時代の食事【武士の食生活】歴史・和食の誕生について解説

鎌倉時代の武士たちが一体どんな食事をしていたのか、興味がある人もいるでしょう。当時の武士たちがどんな...

油絵用パレットのお手入れ方法!カチカチになった時の対処法

油絵を描いた後には、毎回忘れずに掃除とお手入れをするというのが基本ですが、うっかり忘れて固まってしま...

花束のラッピングは簡単です!おすすめのラッピング方法とコツ

花束のラッピングは一見難しそうに見えますが、コツさえわかれば実は簡単にできます。そこで、誰でも簡単に...

スポンサーリンク

掃除に便利な重曹水の効果と作り方

料理にスキンケアに掃除にと、重曹の使いみちはさまざまです。
中でも掃除に活用している方は多いと思います。

場合によっては洗剤で落とすことの出来なかった汚れも、重曹で掃除をしてみると綺麗になるということもあるほど、掃除で効果を発揮してくれます。

しかし、いくら万能な重曹でも全ての汚れを落とせるわけではありません。

重曹は水と混ぜ合わせて重曹水になると、アルカリ性になる

汚れは中和・分解されて綺麗になるので、同じアルカリ性の汚れだと重曹で中和することは出来ません。

重曹が効果を発揮出来る汚れは、酸性の性質を持った汚れ

油汚れは酸性なので、キッチンの油汚れには非常に効果的です。

油汚れだけではなく脂汚れも酸性なので、皮脂汚れの気になる場所も綺麗に仕上げてくれます。

では実際の重曹水の作り方を見てみましょう。
準備するものも非常にシンプルで、作る工程も難しい作業は何一つないので、重曹を使った掃除が初めての方でも簡単に実践出来ます。

重曹水

  1. 重曹の粉末と水を混ぜていきます。
    基本的な分量は、水1カップに対して重曹は小さじ2です。
    必要に応じて作る重曹水の量を調整して下さい。
  2. 重曹と水が完全に混ざり合ったら、あとは使いやすいようにスプレーボトルなどに移し替えたら完成です。

掃除で重曹水が得意な汚れ

重曹と水を混ぜ合わせて完成した重曹水ですが、その活用法は一つではありません。

キッチン掃除に活用

基本的には洗剤のようにして、汚れの気になる部分に吹きかけて使用することが多いかと思います。
先ほども触れたように、キッチンの油汚れなどに吹きかけて汚れを拭き取ることが出来ます。

キッチンの油汚れは主婦の方が頭を抱える汚れの一つでもあるので、スルスル汚れが綺麗になるとやはり気持ちのいいものです。

重曹水は浴室の皮脂汚れを落とすときも効果的

特に浴槽は掃除をしていても、水面のラインにくっきり跡が残りがちです。
これは皮脂汚れがしっかり落とせていないために発生する汚れです。

気になる方は、ぜひ重曹を使って水面のラインを掃除してみて下さい。

掃除で重曹水が使えない場所もある

非常に万能な重曹ですが、使えない場所や使用する上で注意しなければならないこともあります。
正しく重曹を使用するためにも、こちらも一緒に覚えておきましょう。

変色の可能性がある場所

  • 大理石などの天然石
  • アルミ製品
いずれに使用しても変色を引き起こす可能性が高く、一度変色してしまった製品は元通りにすることは難しいでしょう。

重曹による傷に注意

掃除をする場所に関係なく、重曹には研磨剤効果もあります。

力を入れてゴシゴシ擦ると細かな傷が付いてしまい、逆に菌や汚れが溜まりやすくなってしまいます。

重曹を使って掃除をするときは、傷をつけないということも注意しなければなりませんね。

重曹をしっかり取り除くこと

最後に、重曹を使って掃除をした後は必ず水拭きをして重曹の成分を拭き取って下さい。

重曹は乾くと白い跡が残り、こうなってしまうと水で拭いてもお湯で拭いても跡を消すことが出来なくなってしまいます。

頑固な汚れには重曹ペーストが効果的、重曹ペーストの作り方

重曹を使用出来ない素材や場所もありますが、洗剤で落とすことの出来ない汚れを落とすことが出来るのに、低刺激で使えるというのは非常に助かります。

そんな万能な重曹ですが、濃度の濃くない重曹水では落とせない汚れもあります。
頑固な汚れになってしまうと、重曹水では限界があるようです。

重曹水で落ちない汚れには、重曹の濃度を高くして使ってみましょう。

単純に重曹の量を増やした重曹水だと、重曹が溶け切らない可能性が考えられます。

重曹をペースト状にする

重曹水より密着度も高いので、汚れが落ちる期待も高まります。

準備するものは同じく重曹と水ですが、ペースト状になるように混ぜ合わせる分量を変更します。

重曹と水を2:1程度で混ぜ合わせると、ペースト状になりますよ。

重曹水では綺麗に出来なかったようなガスコンロの焦げ付きなら、ペーストの方が効果を実感出来るはずです。

重曹ペーストの使いみちは掃除だけではなく、衣類の汚れに対しても効果的です。

衣類の汚れの気になる部分に、重曹ペーストを塗り込むだけです。
あとはいつも通り洗濯をしてみると、洗剤では落ちなかった汚れもスッキリ落ちています。

効果的なのに衣類を傷めずに使用出来るのも、嬉しいポイントですね。

消臭効果の高い重曹をオリジナル消臭剤にする作り方

重曹は消臭剤としての効果も高く、冷蔵庫や靴箱のように香りでごまかしたくないところでも使えるので、場所を選ばず消臭することが出来ます。

準備も簡単なので、見てみましょう。

  1. 空いてる瓶などに重曹を粉末のまま入れます。
    重曹がこぼれないように、皿などではなく深さのある容器に入れて下さい。
  2. あとは通気性のある蓋を被せたら完成です。

蓋をしなくても使えますが、やはり粉末なので誤って倒してしまったときが不安です。

飛び散り防止のために、通気性のある蓋をして下さい。
蓋にいくつか穴を開けて通気性のある状態にしてもOKです。

消臭だけではなく香りも楽しみたいという方は、重曹にアロマオイルなどを垂らすだけで香りを空間に広げてくれます。

重曹は粉末のままでも、水と混ぜ合わせても効果を発揮してくれます。

使用用途に応じて姿を変えてくれることも、人気の高い理由なのかもしれません。