注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ナスとズッキーニとトマト缶で作る夏野菜たっぷり簡単レシピ

夏野菜のナスやズッキーニはトマトとの相性が抜群。手軽に作りたいという時には、トマト缶を使うのが便利です。
そこで、ナスとズッキーニ、トマト缶を使った美味しいレシピをご紹介します。
ナスやズッキーニは家庭菜園でも人気の野菜なので、ご近所からたくさんいただくということもありますよね。夏野菜をたっぷりと使った、簡単で美味しいレシピをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハンバーガーの順番とは?はさむモノの位置で味が変わる

ハンバーガーははさむ順番で味が変わるものなの?実はよく食べているハンバーガー、お店によってはさむ順番...

なす料理の中で人気のものについて知りたい

なすは夏から秋にかけて美味しく食べられる人気の食材です。 それを料理しようと思って迷った時に参考に...

ナスとトマト缶で作るトマトソースが美味しい簡単レシピ

ナスとトマト缶は愛称の良い食材です。ナスがたくさんあるときには、常備してあるトマト缶と合わせて、今日...

焼き魚の正しい食べ方!さんまのきれいな食べ方マナー

普段焼き魚を食べる時には、スーパーで買った切り身の状態の魚を食べることが多いと思います。 しかし、...

豚ひき肉とキャベツを使った晩ごはんに食べたいボリュームレシピ

豚ひき肉とキャベツは王道の組み合わせ。冷蔵庫に豚ひき肉とキャベツがある時には、これを使って晩ごはんの...

献立は簡単で子供が喜ぶものがいい!おすすめ献立を紹介

子供の夕食の献立はどんなものにしたらいいのか毎日、悩んでしまいますよね。できるだけ簡単にそれでいて栄...

ミニトマトは冷凍保存がおすすめ!お弁当やおかずに便利な使い方

お弁当に欠かせないミニトマトですが、スーパーで1パック買ってきてお弁当に1個ずつ入れていってもなかな...

シフォンケーキの失敗で多い「生焼け」の原因と対策

ふっくらとフワフワしたシフォンケーキを自宅でも焼いてみたいですよね。 しかし、シフォンケーキは焼き...

ガラス耐熱容器は100均商品でも十分使える。おすすすめな点

食器や食品保存容器などのキッチン用品はどこで購入していますか? 100均には本当に沢山の種類の...

豚バラはお弁当に入れると脂が固まる、対処方法とレシピを紹介

豚バラをお弁当に入れたいけれど脂が固まる、白くなるからなかなか入れることができない、そんなときに役立...

お赤飯に甘納豆を入れる場合は炊飯器で簡単に作れます

お赤飯と言えば小豆を使うものだと思っていた人にとって、北海道のお赤飯には甘納豆が使われていると聞いて...

簡単パスタで子供も大満足!手軽にできて美味しいおすすめを紹介

簡単に作れて美味しいパスタを子供に食べさせたいというあなた。 パスタは麺を茹でるだけではなく、味付...

シフォンケーキ作りに失敗してもリメイクでおいしく食べれます

シフォンケーキを作ったものの、膨らみすぎたり型から出す時にうまくだせなかったりすることもありますよね...

アイスクリームの作り方 !簡単だけ料理上級者に見えるレシピ

子供の頃に手作りのアイスクリームを食べたという方も多いと思います。 市販のアイスクリームとは違う、...

簡単朝ごはんを作るコツ!和食の朝ごはんの基本メニュー

朝は朝ごはんの支度や、お弁当作り、仕事へ行く用意とバタバタと忙しいですよね。時間がかかる朝ごはんの支...

スポンサーリンク

トマト缶で作るナスやズッキーニなどの野菜たっぷりのラタトゥイユ

夏になるとお店に出回るズッキーニ。
西洋野菜のズッキーニはかぼちゃの仲間で、淡白な味わいが特徴の野菜です。

洋風はもちろん和風の味付けでも美味しいので、いろいろな料理に使いやすい野菜です。

ズッキーニと一緒に使いたいのが、同じく夏野菜のナスやトマトです。

トマトはトマト缶の方がおすすめです。

夏はトマトも美味しい季節ですが、トマト缶を使うとフレッシュな美味しさとは違う、濃厚なトマト風味を味わうことが出来ますよ。

ナス、ズッキーニ、トマト缶で作るなら、ラタトゥイユがおすすめです。

カットした野菜をトマトで煮込んで作るラタトゥイユ

トマト缶を使うと、短時間の煮込みでも美味しう仕上げることが出来ますよ。

野菜は乱切りにして使うのがおすすめです。
一口大で食べごたえがあり、料理を盛った時に皮が見えるようにすると美しいからです。トマトもホール缶を使って、大きめにカットするのがおすすめですよ。

作り方

  1. 鍋にカットした野菜とトマト缶を汁ごと加えて、煮るだけです。
  2. 汁が少なくなるぐらいまで煮て、塩と胡椒で味付けしましょう。

これが最もシンプルな味付け方法ですが、コンソメを加えたり、クレイジーソルトを加えたりするのもおすすめです。

また、ポン酢や醤油を使って和風に仕上げるのも美味しいのでおすすめですよ。

トマト缶で簡単に!ナスとズッキーニのトマトパスタ

ナス、ズッキーニ、トマト缶の組み合わせなら、パスタは相性抜群です。

この3品でパスタソースを作る時には、先ほどのラタトゥイユとほとんど手順は同じです。
違うのは味付けです。

みじん切りのにんにくで香りを出してから、野菜を炒めていきましょう。パスタに合わせるので、塩と胡椒だけは少々物足りないかもしれません。

コンソメなどを使って少し濃い目に味付けるのがおすすめですよ。

また、手早く作りたい時には、トマト缶の汁は使わずにトマトだけを使うのもおすすめです。
バジルなどのハーブを加えて風味付けするのもおすすめです。

出来上がったソースに、茹でたパスタを絡めて盛り付ければ完成です。
粉チーズと一緒に召し上がってくださいね。

ナスとズッキーニとトマト缶で夏野菜グラタン

ナス、ズッキーニ、トマト缶を使った次にご紹介するレシピは、グラタンです。

こちらも、実は作り方はほとんど変わりません。
ナスとズッキーニは輪切りや半月切りにすると、火が通りやすくなっておすすめです。

  1. オリーブオイルをひいたフライパンでカットしたナスとズッキーニを炒めていきます。
  2. トマト缶も加えて野菜類に火が通ったら、コンソメ、塩、胡椒で味付けして耐熱皿移します。
  3. ピザ用チーズをたっぷりかけて、パン粉を散らしたらトースターで焼き上げましょう。
  4. 美味しそうな焦げ目ができれば完成です。

野菜だけで物足り無い方は、鶏もも肉を加えるのがおすすめ。鶏もも肉を加えると一気にメイン料理に変身します。

しめじやエリンギなどのきのこ類を加えるのもおすすめですよ。

また、ベーコンやウィンナーも相性が良いのでおすすめですよ。

ナスは冷凍保存もOK

ナスがまとめて安く売られていると、ついつい買ってしまうものですよね。
また、家庭菜園などで頂いたりすることも多い野菜です。

食べ切れる量であれば良いのですが、すぐに食べきれない時もありますね。

そういう時には、冷凍保存してしまうと良いでしょう。

ナスは生のままでも冷凍できる野菜

ただし、冷凍すると皮の食感が目立ってしまうので、サッと炒めるような料理よりも煮る料理の方が向いています。
ラタトゥイユであれば、冷凍ナスでも十分に美味しく作ることが出来ますよ。

ナスは揚げてから冷凍する

こちらの方が食感の変化が少ないため、炒めもの向きです。

ナスは乾燥に弱く、上手に保存しないとすぐにしなびて味が損なわれる野菜なので、冷凍保存は手軽に長く美味しく保存できるおすすめの方法です。

ズッキーニの正しい保存方法

ナスもズッキーニもトマトも夏野菜の代表格ですが、ナスやトマトと違ってズッキーニは西洋野菜で日本での歴史はまだまだ浅い野菜です。

淡白で料理に使いやすくとても美味しいズッキーニですが、その美味しさは鮮度によって変わってきます。

ズッキーニは水分の多い野菜

しなびてしまっては美味しさは半減です。
せっかくみずみずしいズッキーニを手に入れたのなら、食べるまで美味しく保存したいですよね。

ズッキーニの保存で注意するのは、水分

水分がたくさん含まれる野菜ですから、乾燥は苦手です。
ですが、湿気も苦手なのです。
そのため、キッチンぺーパーなどに包み保存して保存しましょう。

ズッキーニの保存適温は10~20度

風通しの良い冷暗所で常温保存がおすすめです。
冷蔵庫の野菜室では少し寒すぎるので注意してくださいね。
真夏で適温以上になってしまう時には冷蔵庫を使うと思いますが、1本ずつ新聞紙などで包んでからビニール袋に入れるなどして、寒さと湿度対策をしましょう。

使い残したズッキーニは、ピッタリとラップをして冷蔵庫で保存するか、冷凍しましょう。
冷凍保存方法はナスを参考にしてくださいね。