注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

車のシャンプーの泡立て方!ポイントはバケツに入れる水の力加減

車のシャンプーの泡立て方がわからず、泡がない状態で車を洗っていませんか?
車のシャンプーは洗顔と一緒!
たっぷりの泡を作り、泡の力で汚れを浮き上がらせ落とすことが大切です。
そこで、車のシャンプーの泡立て方について詳しくご説明します。
よりきめ細かい泡にするポイントは「水の力加減」です。
カーシャンプーによっては泡立ちにくいタイプもありますので、まずはボトル裏の説明書をよく読むようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

紙粘土を乾燥する時に注意して、ひび割れができないようにしよう

紙粘土を使って何かものを作ろうと思っても、初心者だとどうしてもひび割れができてしまいますよね。 ...

水垢の効率的な落とし方を知りたい。プラスチック製品の場合は

水垢はお風呂場や台所、洗面所など水を使う場所で発生します。 そのままにしていると、見た目も良くない...

冬が寒いのはどうして?理由とあったか術を紹介します

冬が寒いのはどんな理由からなのでしょうか?四季があるから…。と答えてしまいそうですが、なぜ冬は寒くな...

歯ブラシの後に歯磨き粉が残る方へ。歯磨き粉の適量について

歯ブラシをし終わった後に、口の中に歯磨き粉が残ると感じる方はいませんか? もしかして、歯磨き粉の量...

東京で行きたいところ。女子旅に外せないパワースポットや観光

東京には楽しいところが一杯。今回は女子だけで行く遊びのスポットを紹介します。 女子の行きたいと...

韓国で絶対に食べたい話題のグルメ!日本人に人気の韓国グルメ

海外旅行の楽しみは観光だけでなく、美味しいものを食べるというのも重要ですよね。話題になっているグルメ...

ウォシュレットの水漏れが水抜き栓から!対処法とトラブル予防法

ウォシュレットの水漏れは水抜き栓から発生することが多いのです。水抜き栓とは、ウォシュレットの側面につ...

ラジエーター液の補充方法と古い液かどうかを見分ける方法を解説

ラジエーター液を補充しようと思っても、エンジンルームを開けてとなるとなんとなく難しいと感じてしまいま...

【服のハンドメイド】初心者向け生地の選び方のポイント

ハンドメイドブームで小物や服を手作りする方が増えていますよね。 服を作ろうと思った時には手芸屋さん...

本棚の収納ルールと収納アイデア!すっきりとおしゃれに整理

本や雑誌はどんどんと増えて、本棚に収納しきれないという方も多いと思います。本棚の容量を超えた本は、本...

洗濯物を雨から守ってくれるカバーとは?カバーの種類と注意点

朝は良い天気だったのに、急に雨が降ってくると、外干ししていた洗濯物が濡れてしまい洗濯物をやり直すこと...

ボルトやナットの締め方のコツ!締めすぎないことも必要です

ボルトやナットの正しい締め方を知っていますか? 締め方が悪いと、ボルトが切れてしまったりなめてしま...

ベッドとベット、どちらが正しいのかその答えを教えます

ベッドのことをベットという人もいますが、英語表記は「BED」なのでベットは間違いではないかと考えてい...

北側玄関だって花壇は楽しめる!北側玄関で花壇を作るポイント

花壇は光が降り注ぐ場所で楽しむイメージがあるので、家の玄関が北側だと、花壇は作れないのかと思ってしま...

スチール缶とアルミ缶の違いとは?スチール缶が小さい理由

スチール缶とアルミ缶にはどのような違いがあるのでしょうか?同じ飲み物なのにコーヒーはスチール缶、ジュ...

スポンサーリンク

車のシャンプーの泡立て方!モコモコ泡にする方法

車のシャンプーはほんの少しのコツで、驚くほど泡立てることができる

時間もあまりかかりませんし、きめ細かなモコモコ泡で車を優しく洗ってあげましょう。

・用意するもの

  • カーシャンプー
  • 少し大き目のバケツ
  • ホース
  • 散水ノズル

道具が準備できたら、さっそく泡立て方を紹介していきましょう。

  1. バケツにカーシャンプーを「適量」入れます。
  2. 散水ノズルを「シャワー」などの優しく水が出る設定にし、少し水をいれます。
    目安は2センチです。
  3. 次に散水ノズルを「ストレート」や「ジェット」などの強く水が出る設定に変え、勢いよく水を入れていきます。
    シャンプーと水がよく混ざるように、円を描くように水を入れていきましょう。

これでモコモコ泡の完成です。

シャンプーの「適量」が大切なので、説明していきます。

カーシャンプーの裏面の説明をよく読んで使用量を見ますが、例えば15リットルのバケツだから…とたくさん入れてはいけませんよ。
カーシャンプーでモコモコ泡を作るので、あふれてしまいます。
モコモコ泡の場合、ほとんどが泡なので水は入っても1/3くらいでしょう。
なので、15リットルのバケツの場合に使うカーシャンプーの量は、5リットル分を入れるようにしましょう。

車のシャンプーの泡立て方のコツは水の力加減

カーシャンプーの量も大切ですが、一番大切なのは水の入れ方です。

勢いよく水を入れるからと初めから強くしてしまうと、バケツに入れたカーシャンプーが水の勢いで吹き飛んでしまいます。
そうならないように、初めは「シャワー」などの設定でゆっくり水を注ぎましょう。

シャンプーが飛ばない程度になる水の量の目安が2センチです。
2センチ溜まったら、泡立てるために水を勢いよく入れていきましょう。
「ストレート」や「ジェット」などの設定に変えて、どんどん泡立てていきます。
シャンプーと水がよく混ざるように円を描くように水を入れると、きめ細やかな泡が立ってきます。

泡が多くなってくるとバケツの底まで水が届かなくなってくるので、水面に強く当てるようにノズルを近づけて水を入れていきましょう。

車のシャンプーをよりきめの細かい泡にする泡立て方

モコモコ泡を作っていくと、上に大きな泡が残ることがあります。

大きな泡が多くなってしまったら、きめ細やかな泡に変えていくために「シャワー」の設定に変えて水をかけてみましょう。
大きな泡がなくなってきめ細やかな泡になりますよ。

モコモコ泡で車を洗うことで、汚れを浮かせて優しく洗うことができます。

汚れの粒子で小傷が付いてしまうのを防ぎ、隅々まできれいに洗うことができますよ。

ただし、モコモコなのが故に、しっかりと洗い流すことが必要になってきます。
隙間に泡が入り込んでいるので、時間をかけて隅々まで流しましょう。
カーシャンプーが残っていると水垢汚れなどの原因になってしまいます。

泡立て方はカーシャンプーによっても違う!ボトル裏の説明書を確認することも大切

カーシャンプーを買いにカー用品店やホームセンターなどへ行くと、たくさんの種類のカーシャンプーが販売されているのでどれを選んだらいいのか悩んでしまいますが、用途別になっているものが多く、商品ラベルや説明書きをよく読むと自分の車に合ったカーシャンプーが選びやすくなりますよ。
泡立ちの良さや泡切れの良さをうたったものや、車の色に合わせたものもあります。

黒などの色の濃い車は表面のクリア層で艶を出し、色味の深さを増しています。
研磨剤の成分が入っていなかったり、粒子の細かいものが配合され、小傷が付きにくいようにできています。

反対に白や色の薄い車用のシャンプーは、目立ちやすい汚れの除去をするために、研磨剤の成分が配合されています。

また、コーティング施工車専用のものや、ワックス成分を配合したものがあります。

コーティング車用の物はすごく泡立ちの良いのが特徴ですが、ワックス成分を配合したものは泡立ちがあまりよくありません。

ワックスの成分には油分が含まれているので、泡立ちを妨げてしまいます。
モコモコ泡で洗車することに重点を置く場合は、ワックス成分配合のものは避けたほうがいいでしょう。

車をシャンプーで洗う時は、ボディ用とタイヤ用でスポンジを分けるのも大事なこと

車のボディーとタイヤ・ホイールには、成分の異なる汚れが付いています。

車のボディーには砂やほこりなどの泥汚れ、それらの汚れによる水垢などが多くついています。
タイヤとホイールには、砂やほこりなどの泥汚れのほかに、ブレーキパッドから出るブレーキダストや、部品に塗られたグリスなどの油汚れが多くついて、真っ黒に汚れています。

ボディーとタイヤ周りを同じスポンジで洗ってしまうと、タイヤ周りの頑固な汚れをボディーに移しつけてしまう可能性があります。
避けるためにも、ボディー用とタイヤ・ホイール用にスポンジを分けましょう。

ボディー用の使い古しをタイヤ用に回したり、間違えないように色違いで用意するなどしましょう。

また、タイヤ・ホイールを洗いやすい形になった専用スポンジが販売されているので、使用してみるのもいいでしょう。

こだわる方はスポンジを分けたら、タオルも分けたほうが安心です。
ドアのふちなどとタイヤ・ホイールなど汚れの多い部分専用のものを用意しましょう。