注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ナスのさっぱりレシピ。レンジで作る簡単美味しいおかず

夏野菜の代表のひとつにナスがあります。ナスは夏の食卓にはよく登場する野菜です。
また、暑い日には食事の準備も大変ですよね。料理をしているとキッチンの温度もさらに上がり、料理をするだけで汗だくになってしまいます。そんな暑い日には電子レンジを使った調理がおすすめです。
そこで、レンジで作れる、なすをたっぷりと使ったさっぱりレシピをご紹介します。
暑い日が続くとさっぱりとしたものが食べたくなるものです。暑い日には無理をせずに、電子レンジにおまかせです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【時短レシピ】作り置きも冷凍保存もOKお弁当に入れたいおかず

毎日のお弁当作りのために早起きする方も多いですよね。お弁当作りを少しでも楽にするために、おかずを小分...

チーズソース好きにはたまらない絶品美味しいパスタレシピ

コクのあるチーズソースはチーズ好きにはたまらないソースです。チーズソースをたっぷり味わうならパスタが...

豚ひき肉のそぼろは作り置きが便利!アレンジでさらに美味しく

豚ひき肉のそぼろは、簡単に作れる上に、作り置きに向いているメニューです。 ただご飯に乗せるだけでも...

バーベキューでご飯を炊くとき失敗しない美味しく炊けるコツ

バーベキューでご飯を炊くなら失敗せずに美味しく炊きたいものです。 アウトドアでご飯を飯ごうや鍋...

白菜・ツナ・カレー粉を使った簡単美味しいレシピ

家にある食材が少なくて、今ある材料で料理を作りたいということはよくありますよね。そんな時でも家に白菜...

主婦の昼ごはんの節約術を紹介。実際に食べている物はコレ

主婦の皆さん昼ごはんは何を食べていますか。 他の主婦の方はどんなお昼ごはんを食べているのか気になり...

料理を盛り付けるコツとは?すぐにでも真似できる盛り付けのコツ

「料理の盛り付けのコツが知りたい!」その気持よくわかります。 味に自信があっても盛り付け方が下手だ...

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいい?梅干しの干し方とは

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいいのでしょうか?また、雨が降ってきたときにはどうしたらいいのでしょ...

重曹がない時にベーキングパウダー代用は可能?黒豆の作り方

ご家庭で黒豆を煮る時は、重曹を使って作るのが一般的な方法です。自宅に食用の重曹がない場合、ベーキング...

レンジでできる簡単お菓子!少ない材料で作るクッキー

クッキーを自宅で手作りする時には、オーブンで焼くというのが一般的ですよね。 しかし、中には電子...

ご飯の美味しい炊き方とは?裏ワザや研ぎ方の基本を紹介

ご飯の美味しい炊き方にはどのような裏ワザがあるのでしょうか?どこの家庭にもあるあの調味料が、お米を美...

【シュウマイレシピ】レンジで簡単美味しいシュウマイの作り方

シュウマイを自宅で手作りする時には、タネを包んで、蒸し器で蒸す、という方法が一般的ですが、蒸し器が自...

冷凍エビフライをレンジで美味しく調理!揚げない簡単調理法

エビフライは、夕食のおかずにもお弁当のおかずにも人気の一品ですよね。 特に冷凍のエビフライは、後は...

夏にカレーがいいと言われるのはなぜ?カレーが夏に最適な理由

『夏にはカレーがいい』という話は聞いたことがありますよね。 暑い夏に、なぜ暑いカレーを食べなく...

シュウマイをお弁当に!シュウマイをアレンジして脱マンネリ弁当

シュウマイはお弁当の定番!チルドや冷凍のシュウマイもスーパーで、よく目にします。しかし定番なだけに、...

スポンサーリンク

ナスのさっぱりレシピ、レンジで作るナスの煮浸し

火を使わずに電子レンジで作るナスの料理をご紹介します。電子レンジを使うと手間がかからず簡単にできますよ。

ナスの煮浸し

焼きなすやナスの煮浸しは、ナスを魚焼きグリルで焼くことから始めますよね。

魚焼きグリルを使うと後片付けも面倒になってしまいます。ナスの煮浸しも電子レンジを使うと簡単に作ることができますよ。

ナスは皮を向いてレンジで加熱します

ピーラーで皮をむいたナスを1本ずつラップで包み、電子レンジで3分ほど加熱します。ひっくり返して更に3分加熱してください。
加熱時間は電子レンジによって違いがでますので、ナスがやわらかくなるまで加熱するようにしてください。

つけ汁を作ります

平らな容器にだし汁を入れます。水に白だしを加えてよく混ぜると簡単です。

ナスを浸して冷やします

電子レンジでやわらかくしたナスを食べやすい大きさに切ってから、ナスが熱いうちにだしの中に漬けてください。冷蔵庫で冷やしたら完成です。
食べるときに鰹節をかけてくださいね。

暑い日のさっぱりレシピにおすすめレンジで作るナスのごまポン酢あえ

ポン酢などの調味料を使うと簡単に一品が出来上がります。さっぱり食べられるごまポン酢あえをご紹介します。

ナスは薄めにスライスする

  1. ナスのへたを取り、縦半分に切ったら、斜めにスライスしていきます。厚さは5ミリ程度にしてください。
  2. 電子レンジで使える皿に切ったナスを並べ、ラップをかけてから、電子レンジで3分半~4分ほど加熱します。
  3. ナスの上にたっぷりの大根おろしを乗せてください。
  4. ポン酢にごま油を加えて混ぜ、大根おろしの上からかけていただきます。青ネギを散らしたり、唐辛子をふりかけても美味しいですよ。

他の野菜をプラスしてボリュームアップ

トマトと大葉を乗せたり、たっぷりの水菜をプラスしても良いでしょう。
豚しゃぶを乗せるとメインの一品にもなります。ナスの上にツナ缶を乗せてお子さん向けにもできます。

レンジで作る簡単さっぱりレシピ、ナスと鶏肉のおかずサラダ

ナスと一緒にお肉も使うと食べごたえのある一品が出来上がります。鶏肉を使ってさっぱりとしたおかずサラダを作ってみましょう。

  1. ナスはきれいに洗ってからヘタをとり、薄めの半月きりにしてください。
  2. アク抜きをして水気を拭き取っておきます。
  3. 耐熱容器にナスを入れてラップをかけたら、電子レンジで3分ほど加熱してナスを柔らかくしてください。
  4. 次に鶏ムネ肉は小さめに削ぎ切りにしてください。
  5. 鶏肉も電子レンジで加熱して火を通します。
  6. 耐熱容器に鶏肉を入れ、上からラップをかけて5分ほと電子レンジで加熱します。中が生の状態でないかどうか確認してくださいね。
  7. ナスと鶏ムネ肉をボウルに入れ、醤油と砂糖、酢、ごま油で味を整えます。

ポン酢にごま油を足して使っても良いでしょう。上から白ごまをかけていただきます。

お肉を使っていてもさっぱりとして食べやすい味なので、サラダにもぴったりです。

レタスやトマトと一緒に盛り付けて、ボリュームのあるサラダに仕上げても良いでしょう。ナスの他にパプリカやきのこ類もプラスしても美味しいですよ。

ナスを長持ちさせる保存のコツ

いろいろなお料理に使うことができるナス。旬のナスはたくさん買って、毎日でも食べたいですよね。

ナスを上手に保存することも大切

旬の時期は価格も安めなので、ついつい大量に買ってしまうこともありますよね。

ナスは水分が多い野菜

時間がたつとともに中の水分が抜けてシワシワになってしまいます。

みずみずしい状態のまま保存することがコツです。

ナスは一本まま、カットしないでそのままの状態で保存

ひとつずつ新聞紙で包んで風通しの良いところに置いてください。紙袋の中に入れても良いです。

気温が高い季節は冷蔵庫の中で保存

ナスはひとつずつラップでくるみ、ポリ袋に入れてから冷蔵庫に入れてください。

冷蔵庫に入れたナスは1週間ほど保存できますが、新鮮なうちにできるだけ早めに食べるようにしましょう。

ナスは冷凍保存もできる野菜

ナスは冷凍保存をすることもできます。

冷凍は長持ちできて便利ですよね。

ナスの冷凍保存は一本ままではなく、カットしてから

料理に使いやすい形にカットしておくと、そのまますぐに使うことができます。

ナスを冷凍するときは、キレイに水洗いしてからヘタを取り除き、適当な形にカットします。

料理で使うことをイメージしてカットしておくと良いでしょう。

カットしたナスは水につけてアクを抜き、キッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取ってください。ラップで包み、冷凍用の保存袋に入れて冷凍します。

冷凍保存したナスを使うときは、凍った状態で使う

そのまま料理をします。ナスは水分が多いので、解凍してしまうとナスの水分でベチャベチャした状態になってしまいます。

ナスを煮たり炒めたりするのなら、冷凍したままで使ってください。

ナスは火を通してから冷凍することも可能

焼きナスを作るときに多めに作っておき、冷凍すると良いでしょう。加熱してから冷凍すると、解凍したときにベチャとした状態にならずに使うことができます。

ナスを冷凍しておくと、いろいろな料理に手軽にナスを加えることができます。ぜひ、旬の美味しいナスを長く楽しんでくださいね。