注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

豚ひき肉を使った美味しい丼レシピ。ボリュームのある簡単丼

豚ひき肉はスーパーの安売りで多めに購入するということもよくありますよね。使い勝手の良いひき肉は、いろいろなレシピに活躍します。
そこで、豚ひき肉を使ったボリュームのある丼もののレシピをご紹介します。
コクのある豚ひき肉は、丼ものにもぴったり。また、丼ものは忙しい主婦にとっても嬉しいメニューです。こってり味が好きな旦那さんや、食べ盛りのお子様にも喜ばれるレシピです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オリーブオイルの作り方は簡単?さっそく作ってみませんか

自分の家の庭で育てたオリーブの木からオリーブオイルを作ったら、新鮮で美味しそうですよね。 でも...

生クリームから手作りバターの作り方!簡単に美味しく作るコツ

バターは、市販の生クリームから作れるということをご存知ですか? 新鮮な生クリームと塩とペットボトル...

煮込みハンバーグの余ったソースのリメイクアイデアをご紹介

子供たちのリクエストで煮込みハンバーグを作っても、ソースだけ余ってしまうことがありますよね。 ...

カレーが翌日に水っぽい原因とシャバシャバカレーの救済方法

前日に作ったカレーを次の日に食べようとすると、カレーが水っぽくなっているということはありませんか? ...

豚ひき肉を使った丼ものを作るなら?子供も食べやすいレシピ

子供も食べやすい豚ひき肉の丼ものと言えば?子供が食べてくれるものを作るといつも同じような味付けになっ...

茄子とひき肉レシピ。茄子が苦手な子供でも食べやすい茄子レシピ

お子様の中には、茄子がちょっと苦手というお子様もいます。親としては、何でも好き嫌いなく食べて欲しいと...

冷凍ご飯を焼きおにぎりにアレンジ!フライパンで焼くコツ

冷凍ご飯が消費しきれずに、困ってしまう事ありませんか?冷凍してすぐに食べられれば、味も気になりません...

とろけるチーズソース!簡単に作れるレシピや人気のチーズソース

とろけるチーズソースが料理にたっぷり!見るだけで美味しさが伝わってきますよね。お店で食べるチーズソー...

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいい?梅干しの干し方とは

梅干しの天日干しは夜もしたほうがいいのでしょうか?また、雨が降ってきたときにはどうしたらいいのでしょ...

焼き魚の正しい食べ方!さんまのきれいな食べ方マナー

普段焼き魚を食べる時には、スーパーで買った切り身の状態の魚を食べることが多いと思います。 しかし、...

ガラス耐熱容器は100均商品でも十分使える。おすすすめな点

食器や食品保存容器などのキッチン用品はどこで購入していますか? 100均には本当に沢山の種類の...

白菜・ツナ・カレー粉を使った簡単美味しいレシピ

家にある食材が少なくて、今ある材料で料理を作りたいということはよくありますよね。そんな時でも家に白菜...

豆腐で作るチーズケーキ!ヨーグルトであっさりなめらか

チーズケーキを自宅で作る時には、たっぷりのクリームチーズにたっぷりの生クリームを使います。 コクが...

【シュウマイレシピ】レンジで簡単美味しいシュウマイの作り方

シュウマイを自宅で手作りする時には、タネを包んで、蒸し器で蒸す、という方法が一般的ですが、蒸し器が自...

ナスとトマトを使った野菜たっぷり美味しいカレーレシピ

冷蔵庫にナスとトマトがたくさんある時には、これを使って美味しいカレーを作りましょう。そこで、ナスとト...

スポンサーリンク

豚ひき肉を使った甘辛丼に半熟卵を乗せたレシピ

ひき肉は食材としてとっても調理しやすい食材ですよね!そのまま炒めるなら火も通りやすいですし、主婦の強い味方です。

そんなひき肉を使っておいしい丼ぶりを作ってみましょう。

ひき肉は卵との相性が抜群に良い

更に、見た目にもおいしく、ボリュームもでますね。
それでは作っていきましょう。

材料

ひき肉 ひき肉はお好みで牛、豚、合いびきどれでも良いです
人参 お肉の量に合わせて調節しましょう
玉ねぎ たくさん入れると甘みが出ますよ
ピーマン 色どりを出すのにあった方がよいでしょう。嫌いな方は少しでもいいですよ
ニンニク チューブでも良いです。匂いが気になる方は入れなくてもおいしくできますよ
ご飯 どんぶりにはご飯が欠かせません
目玉焼きにします

作り方

  1. 野菜をみじん切りにしていきましょう。
    ※野菜のあまり好きでない方は細かく切ると良いでしょう。また、細かくすることで火の通りも早く、味も付きやすいでしょう。
  2. 油を入れた後にニンニクを入れますが、匂いが気になる方はニンニク抜きでも十分おいしいので抜いて作りましょう。また、ニンニクを入れない場合は、豚ひき肉の油で十分お野菜も炒めることができるので油を使わないで調理しちゃいましょう。
  3. ひき肉を入れて炒めたら野菜を入れて火を通します。火が通ったら肉から出た油をキッチンペーパーでふき取って脂分をできるだけカットしましょうね。
  4. 砂糖、酒、醤油、ウスターソース、鶏がらスープを加えます。
  5. 味が行きわたったら完成です。
    ご飯の上に盛りつけ、目玉焼きを真ん中に乗せて出来上がりです。

お弁当にもおすすめ豚ひき肉のそぼろ丼レシピ

牛、豚の合いびき肉のそぼろと卵のそぼろの二種類の丼になります。

牛、豚の合いびき肉を用意しましょう。ひき肉にはショウガも一緒に炒めますので、チューブのショウガなどがあると良いです。
次に、調味料ですが、醤油ベースで作りますので、醤油と砂糖、酒、みりんで味付けします。醤油と砂糖は同量くらいで、酒とみりんは半分くらいで良いでしょう。

卵のそぼろは塩やだしの素を少量入れます。甘めの卵の方が良い方は、砂糖を少し多めに入れると良いです。
  1. ひき肉から炒めていきますが、一緒にショウガも入れて炒めます。この時、ショウガはチューブの物を使うと時間短縮になりますし、手を汚さなくても済みます。
  2. ひき肉に火が通ったら調味料を全部入れましょう。入れたらそのまま調味料が全部染み込みなくなるまで炒めましょう。
    ※味を見ながら調味料の量を調整してください。醤油や砂糖で味を調整すると良いですよ。
  3. 卵を割りほぐして調味料と混ぜた後、フライパンで炒ってきます。
  4. ご飯に半分ずつ、ひき肉と卵を乗せたら出来上がりです。

卵はフライパンにくっつきやすいので、油は必ず入れましょうね。

又、卵はフライパンを温めた後は中火にして炒めましょう。火が入ってきて固まってきたらすぐに火を消しましょう。
カサカサの炒り卵になってしまいます。

ナスと豚ひき肉のみそ炒め丼はご飯の進むレシピ

味噌だれが重要です。調味料の量に気を付けながら作っていきましょう。

味噌だれは、味噌(おおさじ2杯)、醤油(おおさじ1杯)、豆板醤(お好みで)。
この調味料に必要なナスの量は4本。ひき肉は200グラムです。ひき肉は豚ひき肉が良いです。

では作っていきましょう。

  1. ナスはヘタを取り、アクを取るために水にさらしましょう。
    アクが出て水に色が付いていたらアクが出ている証拠です。
  2. アクを取ったらナスを食べやすい大きさに切ります。
    大きさは2㎝くらいがちょうど食べやすい大きさです。
  3. 油をひきナスに油が行きわたるまで炒めます。
  4. ひき肉を入れて一緒に炒めてください。
  5. ひき肉に火が行きわたったら調味料を入れましょう。
  6. 調味料を入れて炒めていくと水分が出てきますので、そのまま煮ていきます。
    ※最後に片栗粉でとろみを出すので水分は少し取っておきましょう。
  7. 片栗粉(適量)を水で溶いたもの煮詰めていたナスに入れていきましょう。
  8. フライパン全体に回しかけるように入れて、木べらなどで混ぜていきましょう。
  9. とろみがついたらごま油(適量)ろ入れて出来上がりです。
片栗粉を入れた直後は火を強火にするとすぐ固まってしまいます。できれば弱火で混ぜていきましょう。

ごはんに乗せて上に小ねぎを散らせば見た目もおいしく出来上がりますよ。

ひき肉の便利な保存方法

ひき肉は色々な料理に使えるので冷凍保存しておくと、ちょっとしたときに使えて便利です。

ひき肉は下味を付けてから冷凍保存性が高まる

先に味付けしちゃいましょう!また、先に炒めるなどして加熱してから保存する方法も保存性を高めることができます。

加熱してからすぐは冷凍できません、必ず一度冷ましてから冷凍してくださいね。

ひき肉をそのまま冷凍する場合

できれば小分けして冷凍するようにしたほうが空気に触れる面積も少なくなり傷むのを防ぎやすくなります。
また、冷凍するときはなるべく平たくした方が保存には向いています。小分けにしないで保冷パックに入れるときは、平たく入れて、上から割りばしなどで小分け線を付けておくと出す時に、小分け線から折って少しずつ使うことができるのでお勧めですよ。

ひき肉の種類と使い分け

ひき肉にも種類が数種類ありますね。ひき肉の種類で向いている料理なども変わってきますのでご紹介します。

牛ひき肉  西洋料理によく使われ、代表的な料理はハンバーグなどがあります。

調味料によくナツメグなどが合います。

豚ひき肉 中国料理などによく使われ、代表的な料理は餃子やシュウマイなどです。

混ぜると粘り気が出るのも特徴です。

合いびき肉 牛肉と豚肉が合わさったものです。

牛肉が多めに入っているものが多いので調味料は牛ひき肉と同じでナツメグなどが合います。

鶏ひき肉 あっさりしているので、つくねやそぼろに向いていますね。

調味料は醤油などが合います。