注目キーワード
  1. ペット
  2. 子育て
  3. 恋愛
  4. 料理
  5. マナー

ナスとトマトを使った野菜たっぷり美味しいカレーレシピ

冷蔵庫にナスとトマトがたくさんある時には、これを使って美味しいカレーを作りましょう。そこで、ナスとトマトを使った美味しいカレーレシピをご紹介します。
家庭菜園でも人気のトマトやナスは、ご近所の方からいただくということも多いと思います。トマトならばサラダにしたり、ナスは炒め物や煮浸しとして食べることが多いですよね。いつもとちょっと違うレシピで食べたいという時にはカレーがおすすめ。夏野菜たっぷりのカレーを食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

焼き魚の正しい食べ方!さんまのきれいな食べ方マナー

普段焼き魚を食べる時には、スーパーで買った切り身の状態の魚を食べることが多いと思います。 しかし、...

【塩唐揚げの人気レシピ】むね肉を使ってもおいしく作れます

塩唐揚げを作る時はもも肉を使った方がおいしいことはわかっていても、値段を見るとむね肉でもおいしく作る...

魚のアラを使った味噌汁を作って豪華な夕食にしてみませんか

魚のアラを味噌汁に使うと、ダシが出てとても美味しく食べることができると言われていますよね。 で...

余っているたこ焼き粉を使って子供が大好きなおやつにアレンジ

使いきれなかったたこ焼き粉が、余ってしまっていることありませんか?封を切ってしまうと粉ものでも、なる...

ミニトマトを冷凍して弁当に入れるのはアリ。メリットとは

毎日のお弁当作り大変ですね。 彩りや栄養のバランスを気遣ったり、夏場はいたむのも心配ですね。 ...

豚バラはお弁当に入れると脂が固まる、対処方法とレシピを紹介

豚バラをお弁当に入れたいけれど脂が固まる、白くなるからなかなか入れることができない、そんなときに役立...

簡単に作れるナスを使ったジャガイモレシピについて知りたい

ナスとジャガイモには共通点があるってご存知でしたでしょうか? 実は、どちらもナス科の野菜なのです。...

カステラを牛乳に浸す。牛乳をたっぷり含んだカステラ最強!

カステラと牛乳。相性抜群ですよね。 それには、きちんとした秘密があるんですよ。 カステラを牛...

【カレー鍋の具材】おすすめからマイナーなものまで大特集

子どもも大好きなカレー鍋。でも、普通の鍋と違ってどんな具材を入れればいいのか悩んでしまう人も多いとい...

白菜とツナ缶で旨味たっぷり!カレー風味の美味しいレシピ

カレーはいろいろな料理にアレンジができて、大人も子供も大好きな味ですよね。 使い切れなかった白菜が...

豚ひき肉と白菜で作る美味しいレシピ【夕飯に食べたいおかず】

冷蔵庫の中の食材が少なくなってきて、今ある食材で何とか夕食を作りたいというときもありますよね。豚ひき...

ナスとトマトで簡単美味しいレシピ!今日の晩ごはん

ナスとトマトがたっぷりとある時には、このナスとトマトを使って晩ごはんに美味しい料理を作りましょう。 ...

残った天ぷらをお弁当用にアレンジ!おすすめレシピをご紹介

夕食に天ぷらをたくさん作ってしまって、余ってしまう時もありますよね。 そんな場合は天ぷらをアレ...

豆乳は冷凍後に解凍して飲むことはNG?凍ったまま食べよう

豆乳を買ったものの、余ってしまうこともありますよね。 そこで冷凍保存を考えますが、豆乳は冷凍保...

簡単なおつまみをヘルシーに作りたい。そのレシピは

ちょっと小腹が空いた夜中に食べたくなるのがおつまみです。 時間があれば、ちょっとしたご馳走にしても...

スポンサーリンク

夏に食べたいナスとトマトを使った夏野菜カレー

夏野菜の代表でもあるナスとトマト。旬の時期はたっぷりいただきたいですよね。
カレーならお子さんにも人気で、暑さでバテ気味でもたべやすいのではないでしょうか。

ナスとトマトを使ったシンプルなカレーも美味しいですが、他の具材を変えるだけでまた違ったカレーが出来上がります。食べ飽きしないカレーを作って、ナスとトマトをたくさんいただきましょう。

シンプルな夏野菜カレー

夏に旬を迎える野菜はたくさんあります。これらの夏野菜を使って、体にやさしい食べやすいカレーを作ってみましょう。

ナスとトマトがあったら、後は好みの夏野菜を用意してください。

おくらやズッキーニ、アスパラ、ゴーヤも良いですよね。黄色のパプリカを入れるとカラフルになり、見た目もかわいくなります。

玉ねぎやにんじんなど、定番のカレーの具材に夏野菜をプラスして作るとより具が豊富になり、栄養もアップします。

作り方はいつものカレーと同じです。

野菜によって火の通り具合が違ってきますので、火が通りにくい野菜から煮込み、すぐに火が通る野菜は最後に加えるようにしてください。

トマトは形を残したいときは最後に加えると良いですが、野菜を煮込むタイミングで加えてトマトソースとして使うのも良いです。トマトベースの酸味のあるカレーが出来上がります。

夏野菜は水分を多く含んでさっぱりとしたものが多いので、物足りないときは油で素揚げしてから使うのもおすすめです。

特にナスは油との相性も抜群です。油で揚げてから加えることでコクのあるカレーに仕上がります。

生姜が味のアクセント!ナスとトマトのジンジャーカレー

夏のカレーなら生姜を効かせて、スパイシーにするのも良いですよね。

カレーに生姜の風味を加える

いつもとはまた違ったカレーに仕上がります。

生姜は冷えを予防する働きもあります。エアコンで体が冷えてしまいがちな夏にもぴったりです。

ナスとトマトのジンジャーカレーを作るときも、他の具材はお好みので用意してください。玉ねぎの他に好みの夏野菜をたっぷりと入れて作りましょう。ここではにんにくと合挽き肉を使って、キーマカレー風に仕上げます。

  1. 生姜とにんにくはみじん切りにしておきます。
  2. ナスやトマトなどの野菜は小さめにカットしてください。時間があるときはトマトは皮を湯剥きしてからカットしてください。
  3. 生姜とにんにくから炒めていきます。
  4. 香りが立つまで炒めたら、合挽き肉を加えて炒め、火が通りにくい野菜から加えて炒めてください。
  5. トマトから水分が出ますので、後はこの中にケチャップとカレー粉を加え、水分がなくなるまで煮詰めたら完成です。

塩、こしょうで味を整えてくださいね。

ナスをたっぷりトッピング、サバ缶とトマトのカレー

体に良いことで人気のサバ缶を使って、夏にも食べやすいサバ缶とトマトにカレーもおすすめです。サバ缶を使うのであっという間に出来上がります。

トマトや他の野菜は食べやすい一口大にカットしてください。サイコロ状がおすすめです。

夏野菜の他にしめじなどのきのこ類もよく合いますよ。

ナスは食べやすい大きさで薄めにスライスして、フライパンで焼いておいてください。

  1. フライパンに油を熱し野菜を炒めます。
  2. ここにトマトとサバ缶を汁ごと加え、カレー粉も加えてください。
  3. しばらく煮込んで野菜に火が通ったら、塩こしょうで味を整えます。
  4. 皿にご飯を盛り付け、カレーをかけます。カレーの上に焼いたナスをトッピングして出来上がりです。

サバ缶を使うとあっという間に出来上がります。

具材の野菜も火が通りやすいように、小さめにカットすることがポイントです。

暑い夏は火を使った料理もうんざりすることが多いので、できるだけ手早くサッと作れる料理が良いですよね。

新鮮で美味しいナスの選び方

旬を迎えた美味しいナスは、より新鮮なものを選びたいですよね。

新鮮なナスを見分けるポイントは、色とハリ

ヘタの部分をよく見てください。

収穫したてのナスはヘタの切り口がみずみずしく、ヘタには小さな鋭いトゲがあります。

トゲは時間がたつとどんどん萎れてなくなっていく

トゲがあるものを選ぶようにしましょう。

このトゲ、指にささると痛く、小さいため取り除くのも大変です。むやみにへたに触らないようにしてくださいね。

新鮮なナスの皮は黒っぽい色をいてツヤがあります。

時間がたったナスは水分が抜けて皮が萎んできたり茶色く変色

ナスを買うときは黒っぽくハリのある皮をしていて、手に持ったときにずっしりと重みのあるナスを選んでください。

トマトは冷凍しておくとすぐに使えて便利

トマトがたくさんあるときは冷凍しておくことをオススメします。食べきれないときや、すぐに食べる予定がない場合なら新鮮なうちに冷凍しておくようにしましょう。

トマトはまるごとそのまま冷凍する

調理しやすいようにカットしてから冷凍する方法もあります。

まるごと冷凍するとき

  1. トマトをよく洗って水分を拭き取っておきます。
  2. ヘタを取り除き、1つずつラップで丁寧にくるんでください。
  3. 冷凍庫の中に入れるときはトマトに傷をつけないようにヘタの方を下にして置きます。

カットしてから冷凍

煮込み料理などには解凍せずにそのまま使うことができます。

  1. キレイに洗ってから水分を拭き取り、ヘタを取り除いて適当な大きさにカットします。
  2. 一回の料理で使う分ずつ小分けしておくと便利です。
  3. 冷凍用の保存袋に入れたら、できるだけ平らな状態にしてください。
  4. 薄く平らにしておくとすぐに冷凍され、美味しい状態が長持ちします。

冷凍したトマトを料理に使うとき

解凍せずに凍った状態で使うことができます。皮をむきたいときは凍った状態のまま水につけることで簡単にむくことができます。

トマトを冷凍しておくとすぐに料理に使うことができるので、とても便利です。

カレーを作るときも冷凍のまま鍋に入れることができますので、すぐにカレーが出来上がりますよ。美味しい旬のトマトは多めに買って、冷凍しておくことをおすすめします。